• 安定した国家試験合格率と質の高い就職率
  • 最先端の教育設備で学ぶ価値
  • 充実したキャンパスライフ
  • 隣接する大学病院での実践的学習
  • 少人数制教育で学ぶ価値

専攻の特色

本専攻が誇る、3つの教育方針についてお知らせします。
実際のカリキュラムや研究活動など、特色ある教育内容をご覧いただけます。
本専攻は第一線で活躍中の眼科医や視能訓練士、視覚研究者など、視覚に関わるさまざまな専門家が教員として学生の教育に力を注いでいます。

詳しくはこちら

就職と進学

主な就職先や取得できる資格について知ることが出来ます。
本専攻を卒業することで視能訓練士の国家資格を受験できます。視能訓練士(Orthoptist)とは斜視や弱視の訓練をはじめとする視能矯正訓練と、視力や視野に代表される視機能検査を主な業務とする視覚のスペシャリストです。

詳しくはこちら

VOICE(在校生、卒業生から)

一覧を見る

碇 菜々恵さん 4年生
私はスポーツサークルに入っています。
1、2年生の頃は時間に余裕があるので積極的に活動に行くことができ、学祭や球技大会などのイベントにも参加する機会があるのでとても充実していました。

続きを読む

篠原 沙織さん 4年生
学内の実習は8~9人の少人数で行われ、機器の扱いや患者との接し方、臨床での経験談など、先生が一人ひとり丁寧に指導して下さります。生徒同士もペアを組んで実習を行うため仲良くなりやすい環境です。

続きを読む

原 大樹さん 卒業生
北里大学を卒業後、東海大学医学部付属病院にて5年間勤務し、現在はオーストラリアのGladesville Eye Specialistsにて視能訓練士として勤務しています。

続きを読む

加藤 紗矢香さん 卒業生
北里大学を卒業し、北里大学病院に入職しました。卒業し、6年が経ちますが、大学時に習った教科書や授業のプリントは今でも活用しています。

続きを読む