獣医学部,大学案内,オープンキャンパス,AO入試,過去問,大学ランク,学園祭

学校法人北里研究所

学校法人 北里研究所

  • ホーム
  • 入学したい
  • 大学を知りたい
  • 学部を知りたい
  • 学生生活を楽しむ
  • 卒業したら
  • 地域・一般の皆様
  • 研究・産官学連携はこちら

獣医学科/動物資源科学科/生物環境科学科 案内

トップ 大学案内 学部案内 獣医学部獣医学科/動物資源科学科/生物環境科学科 案内

・「人と動物の関係」「動物福祉」「食と健康の関係」から「最先端の生命工学」まで
・「アニマルサイエンス」と「バイオサイエンス」の2履修コースに加え,農医連携教育プログラムを実施
・卒業論文研究では8つの研究室に分かれて最先端の研究プロジェクトに参加

4年間の流れ

動物資源科学科1年次

自然科学の素養を身につけ,生命現象を理解する基礎を築く。

1年次は相模原キャンパスで,専門教育を受けるための基礎力を養うとともに,幅広い視野を持つ人間性豊かな科学人になるための素地をつくります。専門基礎科目として「動物資源科学概論1・2」が開講されています。

[動物資源科学概論]

動物性資源について,その実態と生産・利用・保全管理するための「動物資源科学」を理解するために,動物の生理機構の解明,動物性食品など応用分野の事例を交えながら行われるオムニバス形式の講義。動物資源科学の役割と機能,そして現状と将来像を総括します。





[カリキュラム]

文化の領域
社会の領域
健康の領域
英語A・B
化学/同実験
生物学/同実験
数理・情報系
教養演習科目
動物資源科学概論1(農医連携論を含む)
動物資源科学概論2(農医連携論を含む)

動物資源科学科2年次

動物資源科学の幅広い学問領域を概観する。

2年次からは十和田キャンパスへ移り,動物資源科学科ならではの幅広い講義・実習科目が本格的にスタート。必修の牧場実習は,附属牧場で草地・施設実習・肉牛実習・酪農家見学をローテーションを組んで実体験します。

[動物飼育管理学]

人の生活と密接に関わる動物たちは産業動物,実験動物,そして伴侶動物などと非常に多様化しています。そこで人と動物の新しい関係をふまえ,動物福祉や地球環境にかなった動物飼育の在り方を学び,動物にとって肉体的・心理的にストレスを感じない飼育方法を考えていきます。





[カリキュラム]

英語C・D
生物有機化学
家畜品種論
牧場実習
免疫学
動物生理学/同実習
動物解剖学/同実習
動物飼育管理学/同実習
食品科学/同実習
食品機能安全学/同実習
動物栄養学/同実習
分析化学/同実験
動物生殖学
野生動物学
動物微生物学
応用動物行動学
発生工学
農医連携特定講義1
農医連携特定講義2

動物資源科学科3年次

3年次後期から研究室で各自のテーマを追究する。

幅広い学問領域を包含する動物資源科学の各専門分野を学びながら,3年次後期に8つの研究室から選択した研究室に所属し,指導教授のもとで各自がテーマを見つけ,研究を開始します。

[細胞工学]

細胞に人為操作を加えることを可能にし,動物細胞生物学の基礎を築いた動物細胞培養法について学びます。通常の動物体内では存在しないモノクローナル抗体を産生するハイブリドーマや胚性幹細胞が持つ革新性・有用性について学び,幹細胞を利用した再生医学や組織工学の可能性を理解します。






[カリキュラム]

分子生物学/同実習
生物統計学
動物生化学/同実習
動物感染予防学/
同実習
応用動物行動学実習
動物育種学
食と健康関係学
動物生殖学実習
人と動物関係学
細胞工学/同実習
動物福祉論
草地学
飼料学
家畜飼育管理学各論
代謝機能学
生体情報学
機器分析学
食品衛生学
応用微生物学
生体分子機能学
畜産食品化学
食品製造保蔵学
農業経済学
実験動物学
生命倫理学
農医連携特定実習1
農医連携特定実習2
農医連携特定実習3
生命情報科学演習

動物資源科学科4年次

研究室で4年間の集大成「卒業論文」に取り組む。

4年間の集大成として「卒業論文」作成に取り組みます。研究テーマは多岐にわたり,動物の繁殖・生産管理,細胞、畜産食品加工・利用などを対象に,フィールドや実験室で得られた結果を論文として纏め,発表します。

[食品機能安全学研究室]

食肉やミルクなど動物性食品を対象とするバイオサイエンス系の研究室。健康維持や疾病予防に役立つ食品成分の研究を進めると共に,民間企業との共同研究による食品開発プロジェクトを進行。ペットの存在意義が高まる状況を踏まえ,犬や猫の健康を考えた新しいペットフードの開発にも挑戦しています。






[カリキュラム]

伴侶動物行動学
人工授精・胚移植論
家畜審査論・実習
動物検査学
卒業論文
家畜病理学
インターンシップ
動物資源科学特定講義1
動物資源科学特定講義2
〈アニマルサイエンス系〉
動物生殖学研究室
動物栄養代謝学研究室
動物飼育管理学研究室
動物行動学研究室

〈バイオサイエンス系〉
細胞工学研究室
細胞分子機能学研究室
食品科学研究室
食品機能安全学研究

VOICE

動物と人とが良い関係であり続ける、それを手助けしたいと思っています。

動物資源科学科4年生 橋立さん



自然環境が豊かな場所で育ち,動物は子供の頃から好きでしたが,次第に動物と人との関係に興味を持つようになり,動物資源科学科を志望しました。動物と人との良い関係,その答えはまだ見つかりませんが,応用動物行動学の実習を経験し,自分の進みたい方向性がようやく定まりました。十和田には常に動物が身近にいます。それらの動物が私達の生活を支えてくれていることを実感できる素晴らしい環境があります。将来は,動物介在活動や動物介在療法の分野に携わりたいと考えています。そのためには作業療法の専門知識が必要となるため,資格を取るための準備を今は考えています。

橋立さんの4年次前期時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri
1 卒業論文 卒業論文 人工授精・胚移植論 卒業論文
2 動物検査学 家畜審査論 食品保蔵学
3 卒業論文 家畜審査論・実習 家畜病理学
4 伴侶動物行動学
5

※講義・実習名等は平成23年度カリキュラムのものです。

取得資格

教員免許
・ 高等学校教諭1種免許状(理科)
・ 中学校教諭1種免許状(理科)
*所定の教職課程を履修すると,上記教員免許を取得することができます。

資格
・ 家畜人工授精師(受精卵移植資格含む)
・ 食品衛生管理者(任用資格)
・ 食品衛生監視員(任用資格)
・ 飼料製造管理者(任用資格)
・ 技術士補(農業)(受験資格)
・ 実験動物技術者
・ 生殖補助医療胚培養士
・ ペット栄養管理士(受験資格)

卒業後の進路

・ 2011年3月卒業生数 126名
・ 就職者数 76名(就職率91.6%)
・ 大学院等進学者数 22名(進学率22.2%)
・ その他 22名

進路データ

〈主な就職先〉
丸美屋食品工業,ヤマザキナビスコ,森永乳業,明治乳業,アステラス製薬,日本全薬工業,アニマルメディカルセンター,動物病院22 時,中北薬品,ワタミフードサービス,王将フードサービス,全国酪農業協同組合連合会,セントマザー産婦人科医院,ボゾリサーチセンター,福津市立津屋崎中学校,静岡市立日本平動物園,埼玉県警察,日本クレア,ノーザンファーム,武蔵野,大安,赤城乳業,AHB インターナショナル,中田動物病院,アキタ,生活協同組合連合会コープネット事業連合,おち夢クリニック,新橋夢クリニック,プライフーズ,東北ニュークリア

〈主な進学先〉
北里大学大学院(12),東北大学大学院(3),東京大学大学院,東京医科歯科大学大学院,信州大学大学院,京都大学大学院,奈良先端科学技術大学院大学,宮城大学大学院,日本獣医生命科学大学大学院

・動物生命科学をコアに伴侶動物・産業動物・野生動物の病気と闘う獣医師を育成
・緑豊かな環境と落ち着いた雰囲気のキャンパスの中で実習重視の実践教育を展開
・4年後期から3つの学系21研究室に分かれて専門研究を開始

6年間の流れ

獣医学科1年次

一般教養を深めると同時に,獣医学への興味・関心を拓く。

1年次は相模原キャンパスで,専門教育を受けるための基礎力を養うとともに,幅広い視野を持つ人間性豊かな科学人になるための素地をつくります。専門基礎科目として「獣医学入門」「野生動物学」「獣医解剖学」など8科目が開講されています。

[獣医学入門]

獣医学全般にわたる学問領域を学ぶ,獣医学科教員によるオムニバス形式の講義です。獣医学の概念と理念,6年間の教育内容,実験動物と獣医学,獣医師の活躍分野と社会的使命,獣医学領域の最新トピックス,人と動物の係わりなどをテーマに各教員が解説します。





[カリキュラム]

文化の領域
社会の領域
健康の領域
英語A・B
化学/同実験
生物学/同実験
数理・情報系
教養演習科目
動物分類学
野生動物学
生命科学入門
獣医学入門I
(農医連携論を含む)
獣医解剖学I
獣医生理学I
獣医生化学I
獣医微生物学総論I

獣医学科2年次

十和田キャンパスに移り,獣医学の専門科目が本格化。

2年次からは十和田キャンパスへ移り,獣医学科ならではの講義が本格的にスタート。大自然の中で,獣医師となるための心構えを身につけるために,動物遺伝学,獣医生理学,獣医微生物学などの基礎的専門科目を学びます。

[獣医生理学]

生理学は,生体の機能を理解する学問です。例えば,動物がえさを食べエネルギーを得るにはどのような仕組みによるのか生体機能の仕組みを理解します。獣医学は動物を対象とする応用科学であり,生命科学の一分野です。獣医生理学を通して生命体の機能を学習,修得することは上級で学習する多様な専門科目の理解に必要です。





[カリキュラム]

英語C・D
獣医学入門II/同実習
動物遺伝学
生物統計学
畜産学概論
動物品種論
獣医解剖学II・III/同実習
獣医生理学II・III/同実習
獣医生化学II/同実習
分子生物学
獣医基礎免疫学
獣医微生物学総論II
獣医細菌学/同実習
獣医ウイルス学/同実習

獣医学科3・4年次

実習中心の充実した臨床系科目でさまざまな専門的研究領域へ。

生命現象の本質を究明する「基礎獣医学系科目」に加え,畜産振興と公衆衛生の向上に関連の深い「予防獣医学系科目」や「臨床系科目」など,より専門的領域を学ぶ,理論に裏付けられた実践的教育が本格化します。

[獣医放射線学]

獣医師は,放射線や放射能を扱う機会が多く,それらを効果的に,安全に扱うための知識が求められます。獣医放射線学では,放射線の物理・化学的性質を把握し,X線診断や放射線治療について学び,放射線・放射能の測定,被ばく評価を行えるように指導しています。





[カリキュラム]

動物栄養学
動物行動学
獣医基礎放射線学
獣医薬理学I・II/同実習
獣医病理学I・II/同実習
実験動物学/同実習
獣医比較免疫学
獣医寄生虫病学I・II/同実習
獣医感染症学総論
獣医感染症学I・II/同実習
鳥類疾病学/同実習
生命工学
海棲哺乳動物学
人と動物の関係論
動物育種学
家畜飼育学
畜産物利用学
獣医専門英語I
毒性学/同実習
獣医公衆衛生学総論
食品衛生学
環境衛生学
獣医公衆衛生学実習I・II
獣医衛生学I・II/同実習
人獣共通感染症学
獣医疫学
魚病学
獣医内科学/同実習
獣医外科学/同実習
麻酔学・救急医療学/同実習
獣医臨床繁殖学/同実習
獣医臨床病理学/同実習
獣医臨床放射線学/同実習
画像診断学/同実習

獣医学科5・6年次

3つのコースから選択。研究室で卒業論文に取り組む。

附属動物病院での臨床実習が始まり,さらに国や企業の研究機関,家畜保健衛生所,動物園,動物病院などでの学外実習を通して獣医師の仕事の現場を体験します。「生体機構」「予防衛生」「臨床」の3系の研究室に所属し,卒論研究に取り組みます。

[小動物総合臨床学]

コンパニオンアニマルとしての小動物臨床の現状を認識した上で,各科目で習得した知識と技術を総合して適切に診断,治療することができるように,講義では代表的疾患や重症例を取り上げ,その症例一つ一つに対応する基本的な管理・治療法を習得していきます。





[カリキュラム]

獣医専門英語II
小動物総合臨床学I・II・III/同実習
小動物病院実習
大動物総合臨床学I・II・III/同実習
大動物病院実習
獣医倫理・動物福祉学
獣医畜産関係法規
小動物臨床栄養学
産業動物臨床栄養学
病院経営学
先端診断治療学
野生動物・エキゾチックアニマル
プロダクションメディスン
小動物臨床実習・演習
大動物臨床実習・演習
特定講義I〜VI
学外実習I〜IV
総合獣医学
卒業論文

VOICE

病理学を使って小動物医療を支えて行ける獣医師になりたい。

獣医学科6年生 小宮さん



獣医学科を選んだのは,子供の頃から動物が好きだったのと,医療系の職に就きたいと考えていたからです。印象に残っている実習は「小動物外科実習」です。実際に手術を経験し,勉強のためとはいえ,動物の命を犠牲にして学ぶことに胸が痛くなりました。その犠牲を無駄にしないで勉学に励もうと決意した瞬間でもありました。現在は,病理学研究室に所属しています。将来は,研究室での経験を生かして病理診断医になりたいと考えています。病理を使って小動物医療を支えて行きたいと思っています。いまは,卒業研究活動に励みながらも,自然に囲まれた十和田キャンパスでの充実した学生生活を楽しもうと考えています。

小宮さんの5年次前期時間割

Mon Tue Wed Thu Fri
1 卒業論文 卒業論文 卒業論文 卒業論文 大動物総合臨
床学II
2 小動物総合
臨床学I
大動物総合
臨床学I
小動物総合
臨床学III
小動物総合
臨床学II
大動物総合臨
床学II(〜5/29)
大動物総合臨
床学III(6/5〜)
大動物総合臨床学III
3
4 小動物総合
臨床学実習I
大動物総合
臨床学実習I
小動物総合
臨床学実習III
小動物総合
臨床学実習II
大動物総合臨
床学実習III(〜5/29)
大動物総合臨
床学実習II(6/5〜)
5
6

※講義・実習名等は平成20年度カリキュラムのものです。

取得資格

受験資格
・ 獣医師(国家試験受験資格)
  受験者数 148名
  合格者数 135名
  合格率 91.2%
  (2011年3月卒業生)

資格
・ と畜検査員(任用資格)
・ 食鳥検査員(任用資格)
・ 狂犬病予防員(任用資格)
・ 食品衛生監視員(任用資格)
・ 環境衛生監視員(任用資格) など

卒業後の進路

・ 2011年3月卒業生数 148名
・ 就職者数 127名(就職率96.2%)
・ 大学院進学者数 5名(進学率3.4%)
・ その他 16名

進路データ

〈主な就職先〉
全国の動物病院,北海道,青森県,宮城県,福島県,群馬県,千葉県,新潟県,富山県,愛知県,三重県,兵庫県,奈良県,岡山県,愛媛県,高知県,高崎市,横浜市,川崎市,相模原市,墨田区,十勝農業共済組合,青森県農業共済組合連合会,広島県農業共済組合連合会,農業共済組合連合会,みやざき農業共済組合,北薩農業共済組合,日本エスエルシー,グラクソ・スミスクライン,ジョンソン・エンド・ジョンソン,吉澤ステーブル浦河

〈主な進学先〉
北里大学大学院,北海道大学大学院,東京大学大学院(2),京都大学大学院

・人と自然の調和の視点から野生動物の保護,生物共生空間の創出を探求する
・環境保全と食料生産に寄与するエコロジカルエンジニアを養成
・3年次から2つのコース,7つの研究室に分かれて専門的な研究を開始

4年間の流れ

生物環境科学科1年次

人と自然の調和の視点から生命現象を理解する基礎を築く。

1年次は相模原キャンパスで,専門教育を受けるための基礎力とともに,幅広い視野を持つ人間性豊かな科学人になるための素地をつくります。専門科目として「生物環境科学概論」「環境倫理学」が開講されます。

[生物環境科学概論]

生物環境科学における人と自然との関わりについて,具体的な課題を挙げて勉強します。特に,大学全体で取り組んでいる「農医連携」について,生物環境科学としての可能性について学びます。この科目は,教員それぞれの専門分野を活かしたオムニバス形式で行います。





[カリキュラム]

文化の領域
社会の領域
健康の領域
英語A・B
物理学/同実験
化学/同実験
生物学/同実験
数理・情報系
教養演習科目
生物環境科学概論I(農医連携論を含む)
生物環境科学概論II(農医連携論を含む)
環境倫理学

生物環境科学科2年次

生態学・環境科学的な視点と環境保全に必要な基礎的な知識・技術を学ぶ。

十和田キャンパスへ移り生物環境科学科ならではの講義・実習科目がスタート。生態学・環境科学的な視点と環境保全に必要な具体的な技術を学ぶ科目がバランスよく配置されるほか,附属牧場などを見学する実習も開講されています。

[緑地保全学]

緑地保全学では,緑地の種類やそれが果たしている役割について説明するとともに,それを維持管理するための原理原則について勉強します。特に,緑地に生息している野生動物を植生の違いごとに説明して,さらに,それを保護するために必要な人の関わり方について,具体的な例にそって学びます。






[カリキュラム]

英語C・D
生物環境科学実習
基礎生態学
植物生産学
応用力学/同演習
応用統計学
情報科学/同実習
動物科学概論
水環境学/同実験
緑地保全学/同実験
測量学I/同実習
水理学
人と動物関係学
農地環境学
野生動物学/同実習
生態管理学
環境情報学
環境計画学
土壌物理学/同演習

生物環境科学科3年次

将来の進路に適するコースを選択してより専門的な知識と技術を習得する。

各自の将来の進路や目的に合わせて生態環境コースと環境修復コースに分かれて,独自の教育プログラムを学びます。後期からは7つの研究室に分かれて,各自の研究テーマの追求が始まります。

[生態リモートセンシング]

現在,最新技術として知られているように,リモートセンシングは今後の応用が期待されています。この科目では,さまざまなスケールのリモートセンシングを駆使して,生態系保全や野生動物の行動などへの応用についての可能性や具体的な最新の研究事例を紹介します。





[カリキュラム]

〈共通科目〉
陸域生態学
植物生態環境学
環境分析学/同実験
生態計測学
ビオトープ論
技術コミュニケーション
水文学
土質工学
土木法規及び技術倫理
応用数学演習
測量学II/同実習
CAD演習
土地利用計画学
インターンシップ
植生管理学
気象環境学
動物総合科学実習
〈生態環境コース〉
動物生態機構学
動物栄養学
個体群生態学
動物社会学
動物感染症学
応用動物行動学
動物環境衛生学
水域生態学
生態リモートセンシング
環境経済学

〈環境修復コース〉
地域資源利用学
環境土壌学
環境マテリアル工学
施行システム学
灌漑排水学
応用水理学
地域整備学

生物環境科学科4年次

研究室で4年間の集大成「卒業論文」に取り組む。

3年次後期に専攻した研究室で,4年間の集大成である「卒業論文」の作成に取り組みます。

[水環境学研究室]

農業・食料生産,環境保全のための水環境の実体を水の運動,水の循環,水の利用,水質環境の面から教育と研究を行っています。特に,流域生態系の中で,動植物との共生を考えた資源循環型の水利用と水質環境の評価手法および保全対策に関する基礎的な課題に取り組んでいます。





[カリキュラム]

卒業論文
農地環境学研究室
水環境学研究室
緑地保全学研究室
野生動物学研究室
生態管理学研究室
環境情報学研究室
環境計画学研究室

VOICE

人と動物が共生できる社会作りに貢献したい,そのための知識と技術を学びます。

生物環境科学科3年生 菅野さん



小さい頃から熊が大好きで,漠然と動物を扱う学部を考えていました。高校生になって保全活動に興味を持ち,野生動物も学べる生物環境科学科を志望しました。十和田キャンパスでは,「野生動物学実習」が印象に残っています。学内の野鳥を観察し,その生態を調査する実習はとても楽しかった。また「しっぽの会」という動物愛護のサークルでは誰もが動物のことを第一に考えていて,とても刺激になりました。野生動物が好きなので,人と動物が共生できる社会作りにどんな形でもいいので貢献したいと思っています。そのための研究にも興味を持っています。

菅野さんの3年次前期時間割

Mon Tue Wed Thu Fri
1 水文学

視聴覚教育
メディア論

動物生体機構学 植物生態環境学 土木法規及び
技術倫理
2 応用数学演習 個体群生態学 動物社会学 気象環境学 農業科教育法I
3 生態管理学実験 環境情報学実験 動物栄養学 環境計画学実習 地域資源
利用学
4 土質工学 環境応用
微生物学
5

※講義・実習名等は平成20年度カリキュラムのものです。

取得資格

教員免許
・ 高等学校教諭1種免許状(農業)
*所定の教職課程を履修すると,上記教員免許を取得することができます。

資格
・ 測量士(卒業後実務1年で取得)
・ 測量士補(卒業時)
・ 土木施工管理技師(卒業後3年で1級受験資格)

卒業後の進路

・ 2011年3月卒業生数 94名
・ 就職者数 48名(就職率76.2%)
・ 大学院等進学者数 13名(進学率13.8%)
・ その他 31名

進路データ

〈主な就職先〉
神奈川県警察,神奈川県,五所川原市,田原市,南アルプス市消防本部,みのる養豚,エム・テック,前田道路,中部綜合コンサルタント,ミロク情報サービス,アジア航測,茨城みずほ農業協同組合,赤城乳業,岩手畜産流通センター,興和創薬,東京鐵鋼,サイゼリヤ,森久保薬品,小川畜産食品,日本ステリ,東洋熱工業,東武産業,奥入瀬川南岸土地改良区,ラクス,日本郵政グループ,平山ファインテクノ,アグリコ静岡,ヤマダ電機,コーナン商事,サニクリーン

〈主な進学先〉
北里大学大学院(6),弘前大学大学院,筑波大学大学院,東京大学大学院,東京農工大学大学院,横浜国立大学大学院,兵庫県立大学大学院,明治大学大学院