獣医学部,大学案内,オープンキャンパス,AO入試,過去問,大学ランク,学園祭

学校法人北里研究所

学校法人 北里研究所

  • ホーム
  • 入学したい
  • 大学を知りたい
  • 学部を知りたい
  • 学生生活を楽しむ
  • 卒業したら
  • 地域・一般の皆様
  • 研究・産官学連携はこちら

獣医学科/動物資源科学科/生物環境科学科 案内

トップ 大学案内 学部案内 獣医学部獣医学科/動物資源科学科/生物環境科学科 案内


動物生命の誕生から、人と動物の関係、
食と健康の関係までを実践的に学ぶ

人々のくらしを豊かにするために「家畜」として利用され始めた動物たち。動物資源科学科では、このような資源としての動物(動物資源)の機能や能力を最大限に引き出す技術の開発をはじめ、動物が快適に生活できる飼育方法の開発、人と動物の関係やそれを取り巻く社会を維持するための技術、機能性食品の開発のための細胞・分子レベルへのアプローチなど、最新・最高の動物資源科学の学びを展開します。


4年間の学びのフロー

動物資源科学科1年次

自然科学の素養を身につけ、生命現象を理解する基礎を築く

相模原キャンパスで基礎力を養うとともに、幅広い視野を持つ人間性豊かな科学人になるための素地を築きます。専門基礎科目として「動物資源科学概論 1・2」を開講します。

[動物資源科学概論]

動物資源の実態と生産・利用・保全管理のための「動物資源科学」を理解するため、動物の生理機構の解明や動物性食品など応用分野の事例を交えながら、オムニバス形式で授業を行います。





動物資源科学科2年次

動物資源科学の幅広い学問領域を概観する

2年次からは十和田キャンパスに移り、動物資源科学科の幅広い講義・実習がスタート。必修の牧場実習は附属牧場で草地・施設実習・肉牛実習・酪農家見学を体験します。

[動物飼育管理学]

人の生活と密接に関わる動物は、産業動物・実験動物・伴侶動物など多様化しています。人と動物の新しい関係をふまえ、動物福祉や地球環境にかなった動物飼育のあり方を学びます。





動物資源科学科3年次

後期からは研究室で各自のテーマを追究

幅広い学問領域を包含する動物資源科学の各専門分野を学びながら、後期からは9つの研究室から選択し、指導教授のもとで各自がテーマに沿って研究を開始します。

[細胞工学]

細胞に人為操作を加えることを可能にし、動物細胞生理学の基礎を築いた動物細胞培養法を学びます。ハイブリドーマや胚性幹細胞の革新性・有用性から再生医学や組織工学の可能性を理解します。





動物資源科学科4年次

研究室で、4年間の集大成卒業論文に取り組む

4年間の集大成として卒業論文に取り組みます。研究テーマは動物の繁殖・生産管理、細胞、畜産食品加工・利用など多岐にわたり、得られた結果は論文にまとめ、発表します。

[食品機能安全学研究室]

食肉やミルクなど動物性食品を対象とするバイオサイエンス系の研究室。健康維持や疾病予防に役立つ食品成分の研究とともに、民間企業との共同研究による食品開発プロジェクトを行います。





取得できる資格(卒業時に受験資格を得られる資格・就職後に取得可能な資格を含む。)

教職課程を履修すると取得可能
・ 高等学校教諭一種免許状(理科)
・ 中学校教諭一種免許状(理科)


・ 家畜人工授精師(牛・豚)
(牛体内・体外受精卵移植を含む)
・ 食品衛生管理者(任用資格)
・ 食品衛生監視員(任用資格)
・ 飼料製造管理者(任用資格) など


進路データ

・ 2014年3月卒業生数 132名
・ 就職希望者数 93名/就職者数 89名(就職率 95.7%)
・ 進学(大学院・編入等) 24名(進学率 18.2%)
・ その他 19名

進路データ

〈おもな就職先〉
厚生労働省/仙台市八木山動物公園/須坂市動物園/伊藤ハムデイリー株式会社/ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社/伊藤忠飼料株式会社/日清丸紅飼料株式会社/スターゼン株式会社/日本クレア株式会社/株式会社ジェー・エー・シー/株式会社新日本科学/日本全薬工業株式会社/株式会社ドトールコーヒー/株式会社明治屋/アース環境サービス株式会社/ながみね農業協同組合/宮城県立視覚支援学校/有限会社市原ぞうの国 など

〈おもな進学先〉
北里大学大学院/北海道大学大学院/東北大学大学院/宇都宮大学大学院/国際医療福祉大学大学院/麻布大学大学院


伴侶動物・産業動物の
病気と闘う獣医師を育成

伴侶動物として、産業動物として、展示動物として、使役動物(盲導犬・聴導犬など)として、動物と人間の関係がこれまで以上に深く、長くなってきた今日、各種動物の疾病の診断や治療・予防などの獣医療が進化。食の安全確保や人と動物の共通感染症の発生予防などの公衆衛生分野においても獣医師が関わる場面が増えています。
獣医学科では実習を中心とした実践重視の効率的、専門的な学びを展開します。


6年間の学びのフロー

獣医学科1年次

一般教養を深め、獣医学への興味・感心を拓く

1年次は相模原キャンパスで基礎力を養い、幅広い視野を持つ人間性豊かな科学人になるための素地をつくります。専門基礎科目は8科目を開講しています。

[獣医学入門]

獣医学全般を学ぶオムニバス形式の講義です。獣医学の概念と理念、実験動物と獣医学、獣医師の活躍分野と社会的使命、人と動物との関わりなどをテーマに各教員が解説します





獣医学科2年次

十和田キャンパスに移り、獣医学の専門科目が本格化

2年次からは十和田キャンパスへ移り、専門科目がスタート。大自然の中で獣医師としての心構えを身につけ、動物遺伝学、獣医生理学などの基礎的専門科目を学びます。

[獣医生理学]

生理学は生体の機能を理解する学問です。動物がえさを食べエネルギーを得る仕組みから生体機能を理解します。獣医生理学からの生命体の機能の修得は、上級で学ぶ専門科目の理解に必須です。





獣医学科3・4年次

実習中心の臨床系科目で専門的研究領域へ

生命現象の本質を究明する「基礎獣医学系科目」に加え、畜産振興と公衆衛生の向上に関連の深い「予防獣医学系科目」や「臨床系科目」など、実践的教育が本格化します。

[獣医放射線学]

獣医師は放射線や放射能を扱う機会が多く、それらを安全かつ効果的に扱うための知識が必要。放射線の物理・化学的性質を把握し、放射線・放射能の測定と被ばく評価を行えるよう指導します。





獣医学科5・6年次

3つのコースから研究室を選択し卒業論文に取り組む

附属動物病院での臨床実習が始まり、家畜保健衛生所、動物園、動物病院での学外実習を通して現場を体験。「生体機構」「予防衛生」「臨床」の研究室で卒業研究に取り組みます。

[小動物総合臨床学]

コンパニオンアニマルとしての小動物臨床の現状を理解し、適切に診断・治療ができるよう、講義では代表的疾患や重症例を取り上げ、症例一つ一つに対応できる基本的な管理・治療法を習得します。





取得できる資格(卒業時に受験資格を得られる資格・就職後に取得可能な資格を含む。)

・ 獣医師(国家試験受験資格)
・ 家畜防疫官(任用資格)
・ 家畜防疫員(任用資格)
・ と畜検査員(任用資格)
・ 食鳥検査員(任用資格)
・ 狂犬病予防員(任用資格)
・ 食品衛生監視員(任用資格)
・ 薬事監視員(任用資格) など


進路データ

・ 2014年3月卒業生数 139名
・ 就職希望者数 115名/就職者数 114名(就職率 99.1%)
・ 進学(大学院・編入等) 3名(進学率 2.2%)
・ その他 22名

進路データ

〈おもな就職先〉
動物病院/地方公務員/農業共済組合/全農家畜衛生研究所/テルモ株式会社/グラクソ・スミスクライン株式会社/ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社/武田薬品工業株式会社/公益財団法人動物臨床医学研究所/独立行政法人国立国際医療研究センター/パレクセル・インターナショナル株式会社/プライフーズ株式会社/日本中央競馬会 など

〈おもな進学先〉
北里大学大学院


野生動物から土・水、植物の環境まで、
実践的なフィールド科学を総合的に学ぶ

人と自然の調和の視点から、野生動物の保護、生物共生空間の創出を探求する生物環境科学科。地域固有の生物環境の機能を解明し、自然環境と調和した持続可能な生物環境を管理・保全し、生物多様性を維持することを目的に、さらに生物の生存環境を豊かに創造し、環境を管理・保全・修復する方法を実践的、総合的に学習。環境保全と食料生産に寄与するエコロジカルエンジニアの養成をめざして学びを展開します。


4年間の学びのフロー

生物環境科学科1年次

人と自然の調和の視点から生命現象を理解する基礎を築く

相模原キャンパスで基礎力を養うとともに、幅広い視野を持つ人間性豊かな科学人になるための素地を築きます。専門基礎科目として「生物環境科学概論」などを開講します。

[生物環境科学概論]

生物環境科学における人と自然との関わりについて大学全体で取り組んでいる「農医連携」など、具体的な課題を挙げて学びます。教員それぞれの専門分野を活かしたオムニバス形式で行います。





生物環境科学科2年次

生態学・環境科学的な視点と環境保全に必要な知識・技術を学ぶ

十和田キャンパスに移り、専門的な講義・実習がスタート。生態学・環境科学的な視点と環境保全に必要な技術を学ぶ科目のほか、附属牧場を見学する実習も開講しています。

[緑地保全学]

緑地の種類、果たす役割とともに、維持管理するための原理原則について学習。緑地に生息する野生動物を食性の違いごとに理解し、保護するために必要な関わり方を学びます。





生物環境科学科3年次

進路に適したコースを選択、より専門的な知識と技術を習得

将来の進路や目的にあわせ、専門科目を選択して独自の教育プログラムで学習。後期からは8つの研究室に分かれて各自の研究テーマを追究します。

[生態リモートセンシング]

最新技術として知られるリモートセンシングは、今後の応用が期待されています。さまざまなスケールのリモートセンシングを駆使して生態系保全や野生動物の行動への応用の可能性を探ります。





生物環境科学科4年次

研究室で、4年間の集大成卒業論文に取り組む

3年次後期に専攻した研究室で、4年間の集大成である卒業論文の作成に取り組みます。

[水環境学]

農業・食料生産、環境保全のための水環境の実態を水の運動、循環、利用、水質環境の面から研究。流域生態系の中で動植物との共生を考えた資源循環型の水利用などの課題について学びます。





取得できる資格(卒業時に受験資格を得られる資格・就職後に取得可能な資格を含む。)

教職課程を履修すると取得可能
・ 高等学校教諭一種免許状(農業)
卒業後、自動的に取得可能
・ 測量士補
・ 自然再生士補
卒業後、1年以上の実務経験があれば取得可能
・ 測量士
卒業後、3年で一級受験資格を得られる
・ 土木施工管理技士


進路データ

・ 2014年3月卒業生数 89名
・ 就職希望者数 73名/就職者数 64名(就職率 87.7%)
・ 進学(大学院・編入等) 7名(進学率 7.9%)
・ その他 18名

進路データ

〈おもな就職先〉
東京都/福島県/千葉県/静岡県/埼玉県警察/群馬県土地改良事業団体連合会/岸本建設株式会社/三国屋建設株式会社/前田道路株式会社/カネコ種苗株式会社/株式会社グラフィック/株式会社葵エンジニアリング/東北緑化環境保全株式会社/アース環境サービス株式会社/株式会社アコーディア・ゴルフ/北海道土質試験協同組合/日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社/株式会社セブン-イレブン・ジャパン など

〈おもな進学先〉
北里大学大学院/筑波大学大学院/東京農工大学大学院/奈良先端科学技術大学院大学