文字サイズ
拡大
標準
背景色

教育理念

北里大学建学の精神に基づき、広く社会に貢献できる看護師を育成する。


教育目的

叡智をもって実学の人として、学んで得た知識と技術を実践の場に活かせる自律した看護師を育成する。


教育目標

  • 看護の専門的知識・技術・態度を習得し、臨床実践能力を向上させる。
  • 問題解決能力・判断力を身につけ、主体的に看護が実践できる。
  • 医療チームの一員として看護の専門性を発揮できる。

クリニカルラダー

北里大学病院において開発された「クリニカルラダーVer.2」を導入しています。

クリニカルラダーVer.2

  • 自分の強みを活かし、看護の成果に責任を持つ看護師の育成を目指します。
  • 「実践」・「管理」・「教育」・「倫理」・「研究」の5つのカテゴリーの成果責任(到達目標)を決定し、臨床看護実践能力を習熟させていくシステムです。
クリニカルラダーVer.2.png

看護部の成果責任

  1. 個人の尊厳と多様性を尊重したケアを提供する
  2. 患者の生きる力を支えるケアを提供する
  3. 最新のエビデンスに基づき、看護の専門職として判断したケアを提供する
  4. 安全で安楽、安心なケアを提供する
  5. 地域と連携した継続性のあるケアを提供する
  6. 患者を含めた医療チームが協働してケアを提供する

コンピテンシー

クリニカルラダーVer.2は、コンピテンシー理論をベースにして、様々な段階にある看護職員、多様な役割を持つ看護職員を明確にしたクリニカルラダー・キャリアパスです。
個人が持つ能力(強み・弱み)や成果に基づく行動の特性であるコンピテンシーを活用し、患者に対して看護の成果を出すことを目指します。

各レベルの到達目標

レベル0

実践
安全・安楽に看護ケアを実践するための準備状態が整っている
管理
専門職業人としての準備状態が整っている
教育
自己評価と他者評価を踏まえ、成長に向かって歩むことができる
倫理
看護活動が「看護者の倫理綱領」の下で実施されていることを理解できる
研究
ケアの根拠を理解するために、基準・手順・参考書などを活用できる

レベルⅠ

実践
日常生活援助を安全・安楽に行うことができる
管理
チームメンバーの役割と責任を果たすことができる
教育
学習目標を設定し、自立して取り組むことができる
倫理
「看護者の倫理綱領」を遵守できる
研究
文献や資料を活用し、ケアの根拠を確認できる

レベルⅡ

実践
看護過程をふまえた個別的ケアが実践できる
管理
看護ケアにおいてリーダーシップが発揮できる
教育
教育的役割を意識した行動がとれる
倫理
倫理的問題に気づき、表現できる
研究
疑問を解決するために看護研究を活用できる

レベルⅢ

実践
①自律・権限・責任をもって患者中心の看護が実践できる
②専門領域における看護実践の役割モデルとなれる
管理
部署の目標に沿ってリーダーシップが発揮できる
教育
部署における教育的役割を担うことができる
倫理
倫理的問題を明確化し、対処できる
研究
看護研究を活用して専門看護を深めることができる

レベルⅣ

実践
①高度実践者としてモデルとなり、看護の専門性を発揮できる
②創造的な看護実践を展開できる
管理
①部署における課題を明確にし、目標を示しながら変革を推進できる
②リーダーシップを発揮し、安全なチーム医療を推進できる
教育
部署における専門職としての成長を支援できる
倫理
倫理的意思決定プロセスを支援することができる
研究
研究に取り組み、臨床実践に応用できる

新人看護師 教育体制

新人教育体制

  • 基礎研修プログラム
  • 2年間のローテーションシステム

内科系・外科系の2病棟をローテーションします。
2年間で基礎的な看護技術を修得し、看護実践能力を養い、安全・安心な質の高い医療・看護が提供できる看護師を育成することを目標にしています。

目標:「新人看護師技術チェックリスト」100%達成


ローテーションシステム

内科系・外科系の2病棟をローテーション

内科系・外科系の2病棟をローテーション

基礎研修プログラム(ローテーションシステム)
先輩看護師の声:良かったこと

  • 様々な疾患、患者、職員と出会えることができて、ひとつの病棟にいるよりも多くの体験ができた。
  • 知り合いが増えた。たくさんの患者さま、先輩をはじめスタッフに出会えた。
  • 一緒にローテーションした人との関係が深くなった。
  • 色々な先輩に教えてもらい、たくさんの看護に触れることができた。
  • 色々な疾患・看護技術を見ることができた。
  • 内科、外科を回れたことで、自分がどちらに合うかわかった。
  • 院内のことが幅広く知れた。

基礎研修プログラム(ローテーションシステム)
先輩看護師の声:不安だったこと、大変だったこと

  • 環境に慣れることが大変だった。
  • 異動先での人間関係。
  • 物品の置き場所。
  • 病棟が変わるたび、慣れるまでが大変。
  • ローテーションごとに人に慣れるのが大変。
  • 新しい環境に順応していくこと。
  • 人間関係を築きなおすことが辛かった。
  • ローテーションをする側だけではなく、受け入れる先輩の負担が大きいと感じた。

新人看護師支援体制

PNSにおける新人看護師支援

  • ペアによる日々の看護実践のなかで、チーム全体で新人教育に取り組み、新人看護師の看護実践能力向上を目指します。
  • 「新人教育担当者」を中心に病棟全体で新人を育成していきます。

集合教育

1・2年目 研修プログラム内容

フォローアップ1年目研修(年7回)
レベル0、レベルⅠ研修

DSC_0093_1.jpg
DSC_0140_1.jpg
DSC_0154_f.jpg
研修名
研修内容
4月 新入職者オリエンテーション(5日間)
看護部新人オリエンテーション(4日間)
フォローアップ①(1日間)
看護部新人オリエンテーション(4日間)
  • 看護部の理念・目標
  • 教育体制について
  • 看護者の倫理綱領
  • 看護記録 フォーカスチャーティング
  • 接遇 身だしなみ
  • 感染管理
  • 医療安全
  • 高齢者に関する基礎知識
  • インスリンの基礎知識
  • トランスファー
  • 薬剤の基礎知識
  • 褥瘡の基礎知識
  • 電子カルテ操作
  • 採血
  • 点滴ルート作成 薬剤混注
  • 輸液ポンプ・シリンジポンプ操作
フォローアップ①(1日間)
  • 栄養サポートチームについて
  • 輸液管理
  • 筋肉内注射 皮下注射
  • ヘパリンロック
  • グループワーク(1ヶ月後の不安・悩み)
5月 フォローアップ②(1日間)
  • 麻薬・向精神薬の知識
  • 心電図①(基礎編)
  • BLS講習(1回目)
7月 フォローアップ③(1日間)
  • 医療現場におけるヒヤリ・ハット
  • 褥瘡予防と評価方法
  • フィジカルアセスメント(初級)
  • IVナース研修
  • グループワーク(3ヶ月の振り返り)
10月 フォローアップ④(1日間)
  • プライマリーナースの役割
  • 看護過程の展開
  • 輸血
  • 多重課題(演習)
  • グループワーク(メンバーシップ)
11月 フォローアップ⑤(1日間)
  • 十二誘導心電図の装着管理
  • ナイチンゲール看護論
  • PNS看護方式マインド研修(メンバー)
  • 心電図②(致死的不整脈)
12月 フォローアップ⑥(半日間)
  • 心電図③(不整脈)
2月 フォローアップ⑦(1日間)
  • 看護倫理・個人情報保護
  • 終末期患者家族ケア
  • BLS講習(2回目)
  • グループワーク
    (臨床看護実践の振り返り、2年目に向けての自己課題)

フォローアップ2年目研修(年4回)
レベルⅠ、レベルⅡ研修

研修名
研修内容
6月 フォローアップ①(1日間)
  • ナイチンゲール看護論
  • 看護課程の展開
  • 認知症高齢者の看護(疾患の理解)
  • 看護倫理(事例検討)
  • PNS看護方式(マインド研修・事例検討)
  • グループワーク
    (看護実践能力の振り返り、ローテーションⅡ期の自己課題)
10月 フォローアップ②(1日間)
  • フィジカルアセスメント(初級)
  • BLS講習(3回目)
  • ALS講義(メディカルプラネックス研修事前講義)
11月 フォローアップ③(1日間)
メディカルプラネックス研修
  • シミュレーターを使った基本技術演習
    (DC操作・介助、マスク換気、気管内挿管介助)
  • ALSシミュレーショントレーニング
    (医師と合同トレーニング)
2月 フォローアップ④(1日間)
  • 認知症高齢者の看護
  • 人工呼吸器の基本的知識
  • エンゼルケア
  • 看護課程展開レポート事例発表
  • グループワーク
    (ローテーションⅡ期を終えて振り返り・今後の課題)

レベルⅡ研修

研修名回数
看護展開研修
2回
看護研究入門編
4回
プリセプター研修
4回
リーダーシップ初級研修
4回
リーダーシップ中級研修
4回

レベルⅢ研修

研修名回数
看護理論研修
3回
看護研究実践編
5回

レベルⅣ研修

研修名回数
リーダーシップ上級研修
3回
教育担当者研修
6回

共通研修

研修名回数
静脈注射看護師 レベルⅢ
1回
静脈注射看護師 レベルⅣ
2回
アサーティブ研修
-

合同研修

研修名回数
医療・看護必要度研修
3回
「コンピテンシー理論」を用いたクリニカルラダー
1回