• モバイルサイト
  • サイトマップ

お電話でのお問い合わせはこちらから【03-3444-6161(代表)】窓口(夜間休日受付)【03-3444-6171、03-3444-6172】

文字サイズ

診療科・センター・部門

  1. ホーム
  2. 診療科・センター・部門
  3. 診療科のご案内
  4. 形成・美容外科(美容医学)

形成・美容外科(美容医学)

診療科のご案内ページに戻る

主に眼瞼手術、顔面の老化変形、体幹の老化変形(乳房下垂、乳頭変形、腹部や下肢のたるみ)、鼻の変形、爪の変形に力を入れています。

眼瞼手術

眼瞼下垂は視野が狭くなるだけではなく、頭痛、肩凝り、易疲労感、意欲低下、不眠症などの不定愁訴をひきおこし、顔の上半分の老化を加速させます。また、眼の形や額のしわなど外観上もマイナス要因が増えてきます。改善させるには手術療法しかありません。
眼瞼下垂に関しては、健康保険適用となることがあります。
現在、診察、手術希望者が多いため、定期的に眼瞼下垂に対する説明会を開催しています。詳細に関しては、電話でお問い合わせ下さい。
他に、上眼瞼に関しては逆さ睫毛やたるみも眼瞼下垂によることも多いのです。軽度の眼瞼下垂に関しては、自費になりますが、予防的治療と思って下さい。逆さまつ毛も健康保険適用となります。
手術によるイメージの変化は大なり小なりあります。イメージの変化を最小限にしたい場合、眉毛リフトや前額リフトなどの手術をあらかじめ行うこともあります。この場合の治療は自費となります。
下眼瞼のたるみや下眼瞼の逆さまつ毛に関しても定評があります。

眼瞼痙攣、顔面痙攣

眼瞼痙攣は、目を開けにくくなったり、まばたきが増えたりする病気です。眼瞼痙攣の症状は主に眼の周りに起こります。その原因は、実は脳にあります。「まぶしい」「眼をつぶっていたほうが楽」「眼を開いていられない」「片眼をつぶってしまう」などの症状が多くみられ、人によってはものにぶつかりやすかったりします。眼瞼痙攣を根治的に治す方法は残念ながらありません。対症治療(症状を和らげる治療)として、ボツリヌストキシンという薬を眼の周囲に注射して、眼を閉じる力を弱める方法は世界でも第一選択肢となっています。当科では「片側顔面痙攣」「痙性斜頚」「重度の原発性腋窩多汗症」に対するボツリヌストキシン治療も行っています。また、症状軽減のために、手術療法を併用することもあります。

鼻の変形

鼻の変形に関しては、鼻骨骨折後の変形などは健康保険適用となります。
隆鼻術などは、異物を使用せず肋軟骨や耳介軟骨などの自家組織を用いた手術を行っています。だんご鼻、わし鼻改善の手術や小鼻縮小も行いますが、全体のバランスを最優先に考えます。手術前には、コンピューターを用いたシミュレーションを行います。

乳房変形

授乳後などに乳腺が萎縮し、乳房が下垂したり、乳頭の変形を生じている場合、手術による乳房の吊り上げや乳頭縮小術が可能です。乳房肥大・下垂により日常生活に差し障りがある場合は、乳房縮小術も行います。手術は、すべて自費となります。
授乳に問題を生じそうな陥没乳頭や乳癌術後の乳頭・乳輪形成は健康保険適用となります。

爪の変形

陥入爪、巻き爪などの爪の変形に対しての手術を行っています。手術は健康保険適用となります。
日常生活に支障なく治療を行う方のために、手術療法以外にワイヤーなどによる矯正治療も行っています。爪の変形程度に応じ、3種類の矯正法があります。矯正法はすべて自費治療となります。

体幹の変形

腹部、臀部、四肢の皮膚のたるみによる変形も手術による改善が可能です。また、脂肪過多による変形に対しては、脂肪吸引術を行います。手術はすべて自費となります。

乳房再建手術

乳がんによって失われた乳房を新たに作る手術が乳房再建です。
詳細についてはブレストセンターをご覧ください。

顎変形症

当科の顎変形症に対する治療は、北里大学病院形成・美容外科(美容医学)学、東京医科歯科大学附属病院口腔外科と連携することによって行われます。正常機能の獲得に加え、審美的要素まで加えた治療計画のもと行われます。

その他

一般形成外科として、傷あと(瘢痕)、ケロイド、顔面神経麻痺、耳介変形、臍変形などの手術は健康保険適用となることがあります。

このページの先頭へ