文字サイズ
拡大
標準
背景色

当院では、地域医療連携の取り組みとして、2人主治医制を推進しています。
「2人主治医制」とは、ひとりの患者さまに対し、当院の医師と、地域の「かかりつけ医」が連携して継続的な治療を行います。
健康や病気について気になることは、ご近所の「かかりつけ医」に健康管理(予防・治療)を行っていただき、入院や専門治療などが必要とされた場合に、患者さまをご紹介いただき、当院で治療を行います。
その際に、「紹介状(診察情報提供書)」をいただくことにより、かかりつけ医と当院担当医が治療に関する情報を共有するとともに、患者さまにも初診にかかわる選定療養費のご負担がなくなります。治療や状態が安定されましたら、また「かかりつけ医」で健康管理していただきます。

また、かかりつけ医をもたない、あるいは救急を受診された患者さまについては、病態によって、地域の医療機関に逆紹介する場合もございます。
患者さまが住み慣れた地域で安心して医療を受けられるよう、地域の病院・診療所・介護施設等と連携し、それぞれの医療機関の特長を活かし、患者さま中心の地域に密着した医療の実現をめざします。

※医療連携について、医療機関の方はこちらをご覧ください。

連携医療機関のご案内

当院では、協力連携医療機関登録制度により、密接に情報共有を行っている医療機関ネットワークを構築しております。

連携医療機関一覧

東京都

神奈川県