文字サイズ
拡大
標準
背景色

高度生殖医療/体外受精について

高度生殖医療(生殖補助医療;ART)には、体外受精や顕微授精、胚(受精卵)凍結保存および融解胚移植などがあります。これらの治療は、一般不妊治療では妊娠が困難な方に適応になる治療法です。
*なお当院では体外受精、顕微受精等の治療は、法的に婚姻関係にある御夫婦に限り行っております。あらかじめご了承下さい。

体外受精について

figure-a.png
採卵手術の様子
卵巣で発育した卵子を体外に取り出し(採卵)、精子と受精させ(媒精)、数日間体外で育て(培養)、得られた受精卵を子宮内に戻す(胚移植)方法により、妊娠成立を目的とする不妊治療です。 多数の卵子を採取する目的で、採卵手術を行う前に注射などを用いた排卵誘発を行うこともあります。


顕微授精について

figure-c2.png
            顕微授精の様子
DSC_0031_1.png
         顕微授精に用いる倒立顕微鏡
顕微授精は、精子数が少ない、あるいは運動率が悪いために体外受精を行っても受精しないことが予測される場合に適応される方法です。顕微授精にはいくつかの方法がありますが、当院ではICSI法で行っており、形がよく、運動性も良好な精子を1個厳選し、 顕微鏡下に細い針でその精子を吸引し、直接卵子に注入し受精させています。


胚(受精卵)凍結保存および融解胚移植について

figure-b2.png
             胚移植の様子
DSC_0026_1
         冷凍保存⽤液体窒素タンク
体外受精または顕微授精において発生した胚を、液体窒素中で保存する方法を胚(受精卵)凍結保存といいます。胚移植後に良好な胚が残っている場合や、その周期での胚移植が不可能であった場合に、その胚を凍結保存しておきます。凍結保存した胚は、次周期以降に再度融解して胚移植を行うことができます。これを融解胚移植といいます。

当院の不妊治療の特長

  1. ひとりひとりの話を良く聞いた上で治療方針を決めます
    当院の不妊治療は、その方の状態に合わせ排卵誘発法や胚移植の方法を決めて行く、オーダーメイド方式を採用しています。 また、当院の方針である「インフォームドコンセント(情報提供)」もしっかり行いますので、治療に対して安心感をもって望んでいただくことが可能です。

  2. 一般不妊治療から高度生殖医療(体外受精)までの一貫した治療を行います
    一般不妊治療から体外受精までの診療を行っているため、体外受精へのスムースなStep upが可能です。
    また、全ての診療を少人数の医師で行っているため、治療方針に一貫性があります。

  3. 手術の必要な方は当院で身体にやさしい内視鏡手術をうけることが可能です
    不妊の原因検査中や治療中に手術が必要な病気が見つかった場合でも、当院で治療することが可能です。
    また、当院では傷の小さな腹腔鏡手術おなかに傷のつかない子宮鏡手術を積極的に行っているため、 身体にやさしい手術をうけることが可能です。

  4. 各種専門外来と連携しています
    当院の専門外来である不妊外来子宮内膜症外来婦人科腹腔鏡外来へも簡単に受診していただくことが可能です。
    不妊外来担当医は、臨床遺伝専門医の資格も持っているため、 遺伝に関する相談も受け付けています。
    また、婦人科腹腔鏡外来担当医は、 腹腔鏡手術の技術認定も取得しているため、より高度な腹腔鏡手術に関するご質問にも対応できます。

  5. 平日夕方や土曜日午後にも診察を受けられます
    患者さまの利便性を考え、平日の夕方や土曜日の午後の時間帯にも診療枠を設けました。(診察時間の詳細はこちら)体外受精を受けられる方に限定した外来ですが、日中は仕事などで忙しい方にも受診しやすい環境を整えています。

  6. 分娩を行う施設と緊密な連携をとっています
    当院では分娩は行っていませんが、治療で妊娠された方にはご希望の分娩施設への紹介状を作成して、責任をもって紹介を行っています。また、特に分娩施設のご希望のない場合には、密接な連携のある慶應義塾大学病院などへ紹介しています。

IVFチーム_s.jpg
チーム医療で患者さまをサポートします!

当院で可能な診療内容

    • 不妊検査一般
      超音波検査、ホルモン採血、子宮卵管造影検査、精液検査、フーナーテスト、クラミジア抗原検査、子宮鏡検査、抗精子抗体検査、AMH採血など
      ※詳しくは不妊外来のページをご覧ください。

    • 不妊治療
      タイミング法、人工授精(AIH)、ホルモン療法、漢方療法、鍼灸治療(併設の東洋医学研究所へご紹介申し上げます)、高度生殖医療(体外受精/顕微授精)など
      ※詳しくは不妊外来のページをご覧ください。

  • 内視鏡手術
    腹腔鏡手術(対象疾患;子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣チョコレート嚢胞、卵巣嚢腫、卵管水腫、卵管癒着症など)子宮鏡手術(対象疾患;子宮筋腫、粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープ、中隔子宮、子宮内腔癒着症など)

特定不妊治療費助成制度について

各地方自治体では、高額の治療費がかかる体外受精や顕微受精等の不妊治療(特定不妊治療と呼ばれています)について、経済的負担の軽減を図るため、 医療保険が適用されない治療費の全部又は一部を助成しています。当院は、2017年7月25日付けで東京都の「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の指定を受けており、 当院で該当の検査や治療を行った方は、全国47都道府県全てで「体外受精、顕微授精等の助成金の指定」を受けることが可能です。詳しくは、各自治体へお問い合わせください。

東京都・・・・東京都八王子市
神奈川県・・・神奈川県横浜市川崎市相模原市横須賀市
埼玉県・・・・埼玉県さいたま市川越市越谷市
千葉県・・・・千葉県千葉市船橋市柏市

なお地方自治体によっては、治療終了後から申請期限までの期間が短い自治体もあるので、治療開始前からホームページなどで申請の要件や期限、申請方法などを必ずご確認下さい。

医療安全への配慮

当院は日本産科婦人科学会のART登録施設に承認、指定されています。これは効果的で安全な医療を行うためであり、妊娠分娩経過も含めた治療経過に関する情報を、個人情報を保護した状態で、日本産科婦人科学会へ報告しています。また院内の安全管理委員会にも参加し、随時症例報告を行い、治療の安全性を高めるよう努力しています。

費用について

以下、表のとおりです。なお、周期期間中については自由診療となり、診察料・投薬・注射・検査等については別途自費計算となります。

項目費用(税抜)
採卵手術費用 ¥150,000
採卵手術費用(卵子が採取できなかった場合) ¥50,000
媒精・培養費用 ¥100,000
顕微授精加算(1~9個) ¥50,000
顕微授精加算(10個以上) ¥80,000
凍結融解胚移植費用 ¥100,000
胚移植(新鮮胚)費用 ¥60,000
胚融解のみの場合 ¥30,000
胚凍結費用(1~5個、初期1年間) ¥50,000
胚凍結費用(6~10個、初期1年間) ¥65,000
胚凍結費用(11個以上、初期1年間) ¥80,000
胚凍結費用(1年間更新料/1個につき) ¥10,000
精子凍結費用(初期1年間) ¥20,000
精子凍結費用(1年間更新料/1個につき) ¥10,000
体外受精希望時検査一式 ¥20,000

初めての方へ

診察時間

※は体外受精(IVF)の方のみの診察時間です。
月曜日 9:00~11:00 / 14:00~15:30 / 16:00~18:00※
火曜日 9:00~11:00 / 14:00~15:30
水曜日 9:00~11:00 / 16:00~18:00※
木曜日 9:00~11:00 / 14:00~15:30 / 16:00~18:00※
金曜日 9:00~11:00 / 16:00~18:00※
土曜日 9:00~11:00 / 14:00~15:30※

予約方法

予約はお電話で承っております。以下よりご確認ください。


お問合せ先

お問い合わせはお電話で承っております。
03-3444-6161(代表)
※「婦人科外来へ」とお伝えください。
受付時間:月~金曜日 8:30~17:00 / 土曜日 8:30~12:30

施設案内

  • img-floor-post.jpg img-floor-post.jpg
    培養室
    最新の設備が整っています。
  • img-floor-post.jpg
    採卵室/胚移植室
    採卵や胚移植は安心で安全な手術室で行っています。
  • img-floor-post.jpg img-floor-post.jpg
    術後安静室
    眺めの良い10階の病室(個室)をご用意しています。
  • img-floor-post.jpg
    採精室
    病室(個室)を利用しているので広く余裕があります。
  • img-floor-post.jpg img-floor-post.jpg
    診察室・待合室
    診察室はプライバシーが保たれています。
    待合室の壁には絵画があり、明るい空間でお待ち頂けます。

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
杉本 到(すぎもと いたる)
<役職>
婦人科部長

<専門>
腹腔鏡手術、子宮内膜症、不妊症
<出身>
慶應義塾大学医学部(1991年卒業)
⽇本で4番⽬の体外受精児出⽣例を持つ東京杉並区の荻窪病院で、約7年にわたり体外受精に従事。

日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医(腹腔鏡)
母体保護法指定医
日本内視鏡外科学会産科婦人科技術認定医

慶應義塾大学医学部産婦人科学教室非常勤講師
櫻井 友義(さくらい ともよし)
<役職>
婦人科医長

<専門>
腹腔鏡下手術、生殖・遺伝
<出身>
東海大学医学部(2000年卒業)
慶應義塾⼤学病院時代から⻑年にわたり不妊治療、体外受精に従事。内視鏡⼿術も得意です。

日本産科婦人科学会産婦人科専門医
臨床遺伝専門医
石谷 健(いしたに けん)
<役職>
婦人科医長

<専門>
婦人科腫瘍、更年期医学
<出身>
慶應義塾大学医学部(1994年卒業)
慶應義塾大学大学院医学研究科(2004年修了)
婦⼈科がんの専⾨医。治療中にがんが⾒つかっても安⼼して治療を任せられます。

日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ読影認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
母体保護法指定医

東京女子医科大学非常勤講師
医学博士