文字サイズ
拡大
標準
背景色

特色・方針

小児科部長
綾 美咲

主として急性疾患の診断と治療、気管支喘息経過観察、喘息発作治療、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の検査・治療などを行っています。学校健診(腎臓健診、心臓健診など)で異常が見つかった方も受診いただけます。就学前健康診断、留学前健康診断も実施しています。

対象疾患

急性感染症(咽頭炎、扁桃炎、肺炎、気管支炎、胃腸炎、尿路感染症、発疹性疾患など)、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、乳児湿疹、気管支喘息、起立性調節障害、学校検尿異常、心臓健診異常

おもな症状

発熱、咳、喘鳴、鼻水、咽頭痛、嘔吐、下痢、便秘、血便、腹痛、頭痛、排尿痛、発疹、皮膚乾燥、食後の皮膚発赤、かゆみ、口唇や瞼が腫れる、のどがいがいがする、接触後のかゆみ、まぶたが腫れる、ゼイゼイする、立ちくらみ、朝起きられない、健診で指摘されたタンパク尿、血尿、糖尿、心雑音、不整脈、頻脈、徐脈など

診療内容

急性感染症の診断は迅速検査、採血尿検査、培養検査、レントゲン検査など積極的にとりいれて行います。治療は内服指導や生活、食事指導を丁寧に行い、状態に応じて外来で点滴をしたり、入院が必要な場合は適切な病院に紹介入院とさせていただきます。アレルギーに関しては、詳細な問診により保護者の方から情報をいただき、また採血によるアレルゲン検査を実施して、適切な指導を行います。
学校検尿異常に対しては、採尿、採血、必要に応じて超音波や静脈腎盂撮影などを行い、生検などさらに精査が必要であれば慶応義塾大学病院小児科腎臓にご紹介します。心臓健診異常であれば当院にて心電図、レントゲン、超音波検査を実施し、さらにカテーテル検査など精査が必要であれば慶応義塾大学病院小児循環器科にご紹介します。

また、専門外来として、成長発達外来、予防接種外来、乳幼児健診外来を開設しています。

専門外来

行っている検査

迅速検査(溶連菌、インフルエンザ、RSウイルス、アデノウイルス、ロタウイルス、ノロウイルス、マイコプラズマ、ヒトメタニューモウイルスなど)、一般採血、ウイルス抗体価、アレルゲン検査、各種ホルモンの採血、各種培養、検尿、便潜血、蟯虫、単純レントゲン、MRI、MRA、CT、脳波
※眼科、耳鼻科、皮膚科と連携して小児科以外にも必要な科に紹介します。

行っている治療法、手術

投薬指導、栄養指導、生活指導

おもな実績

平成27年度外来患者数3,093名、他院への紹介入院者数20名(済生会中央病院、都立広尾病院、日本赤十字医療センター、東京医療センター、慶應義塾大学病院)

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
綾 美咲(あや みさき)
<役職>
小児科部長

<専門>
小児内分泌代謝
<出身>
東京女子医科大学医学部(1981年卒業)
JOHNS HOPKINS大学大学院 公衆衛生学部(2000年修了)
日本小児科学会小児科専門医
MASTER OF PUBLIC HEALTH

医学博士
山下 亮子(やました りょうこ)
<役職>
非常勤

<専門>
感染免疫
日本小児科学会小児科専門医
日本感染症学会感染症専門医

日本マイコプラズマ学会理事
日本無菌動物学会理事
医学博士
中山 哲夫(なかやま てつお)
<役職>
非常勤

<専門>
臨床ウイルス学
日本小児科学会小児科専門医

日本臨床ウイルス学会総務幹事
日本ワクチン学会理事
北里大学生命科学研究所 ウイルス感染制御学研究室 Ⅱ 特任教授
医学博士
荒巻 恵(あらまき めぐみ)
<役職>
非常勤
島田 佐乙美(しまだ さおみ)
<役職>
非常勤
中村 俊一郎(なかむら しゅんいちろう)
<役職>
非常勤