文字サイズ
拡大
標準
背景色

特色・方針

泌尿器科部長
入江 啓

泌尿器系がん、前立腺疾患、尿路結石、尿失禁や過活動膀胱をはじめとした排尿機能障害などの、泌尿・生殖器疾患に対する診療・研究を実践しています。
確立された最新治療の導入も積極的に行っており、特に手術に際しては腹腔鏡を基本とする低侵襲性・機能温存を考慮した診療を心がけています。

対象疾患

  • 泌尿器系がん
    前立腺がん、腎がん、膀胱がん、尿路上皮がん、精巣がん、陰茎がん
  • 尿路結石
    腎結石、尿管結石
  • 下部尿路疾患
    前立腺肥大症、過活動膀胱、尿失禁
  • 女性泌尿器科疾患
    腹圧性尿失禁、骨盤内臓器脱
  • 感染症
    膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、精巣上体炎、性感染症(尿道炎)

おもな症状

尿潜血、血尿、排尿時痛、尿が出にくい、勢いがない、切れが悪い、尿の回数が多い(頻尿)、夜間頻尿、残尿感、尿もれ、急に尿をしたくなる、トイレに間に合わない、腰背部痛、下腹部痛、PSA(前立腺特異抗原)高値、健診での腎・膀胱等の異常所見

診療内容

泌尿・生殖器疾患全般に対する診療を行っています。初診の段階から迅速な検査、診断、治療ができる体制を構築しています。
当院では内視鏡のエキスパートを揃えた内視鏡手術センターを開設し、腹腔鏡手術を積極的に行っていますが、執刀は3名の常勤医が担当します。いずれも腹腔鏡手術技術認定(日本泌尿器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会)を有しています。
がん領域の診療においては、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本がん治療認定医機構認定医の資格を有する常勤医が診療に当たります。
前立腺肥大・前立腺がん、骨盤臓器脱・過活動膀胱、尿路結石については専門外来を開設しています。

専門外来

行っている検査

泌尿器科診断に必要な検査全般

行っている治療法、手術

泌尿器科診療全般

おもな実績

手術名 年度別手術件数
2011 2012 2013 2014 2015
根治的腎摘除術 開腹 1 1 0 1 1
鏡視下 4 4 7 5 3
腎部分切除 開腹 2 1 0 0 2
鏡視下 2 4 6 4 9
腎尿管全摘除 開腹 0 1 0 1 0
鏡視下 7 8 8 6 10
根治的前立腺全摘除 開腹 3 2 3 0 0
鏡視下 30 25 19 33 24
経尿道的前立腺切除術(TUR-P)   12 5 7 14 4
ホルミニウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)   4 6 9 7 12
経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)   49 56 43 54 44
膀胱全摘除   5 1 3 3 2
体外衝撃波結石破砕術(ESWL)   170 151 147 83 88

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
入江 啓(いりえ あきら)
<役職>
病院長補佐、泌尿器科部長、中央手術センター長、内視鏡手術センター副センター長

<専門>
泌尿器科一般、泌尿器科悪性腫瘍
<出身>
北里大学医学部(1985年卒業)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科学会泌尿器腹腔鏡技術認定
日本内視鏡外科学会泌尿器腹腔鏡技術認定
日本がん治療認定医機構暫定教育医
身体障害者福祉法指定医

北里大学医学部泌尿器科学教授
医学博士
山下 英之(やました ひでゆき)
<役職>
泌尿器科副部長

<専門>
泌尿器科悪性腫瘍、尿路結石、尿失禁
<出身>
北里大学医学部(1999年卒業)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害者福祉法指定医

医学博士
池田 勝臣(いけだ まさおみ)
<役職>
泌尿器科医長

<専門>
泌尿器科悪性腫瘍、泌尿器科一般
<出身>
北里大学医学部(2003年卒業)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 腹腔鏡技術認定医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

医学博士
川村 瑞穂(かわむら みずほ)
<役職>
泌尿器科医員

<専門>
泌尿器科一般
<出身>
北里大学医学部(2009年卒業)
日本泌尿器科学会専門医
吉田 一成(よしだ かずなり)
<役職>
非常勤
難病指定医

北里大学医学部新世紀医療開発センター先端医療領域開発部門臓器移植・再生医学教授
高嶋 力弥(たかしま りきや)
<役職>
非常勤
馬場 志郎(ばば しろう)
<役職>
非常勤