文字サイズ
拡大
標準
背景色

概要

循環器疾患とは心血管病を指します。
カテーテル診療などの急速な発展に伴い、今やいったん診断さえつけば完治をめざせる循環器疾患は少なくありません。
しかし、問題はその診断の難しさにあります。正確な診断には、ときに複雑なステップと卓越した能力が必要です。
いわゆる初診外来は、単なる振分け業務に徹する場合が多いものです。 しかし、この「循環器新患外来」は新患患者さまの包括的な診断、さらには、治療への橋渡しまでを行う新たな診療体系を提供します。

対象疾患

胸や背中の痛みや動悸、息切れなど主に胸部に感ずる症状の他に、失神や歩行時の脚の痛みなども循環器疾患から生ずる場合があります。 また、検診や人間ドックなどでの異常所見も本外来の対象です。

診療内容

心血管病の状態を把握し、原因疾患を同定するための診察と検査を多角的に行います。
BNPや心エコー、心臓CT/MRI/核医学検査など多くは外来で施行が可能ですが、心臓カテーテル検査など一部に入院で施行される検査もあります。 診断が確定したら、主に専門外来での治療や継続管理が行われます。

受診について

当科予約センターもしくは医療連携室を通じて事前予約された患者さま、あるいは、紹介状を持参された患者さまを優先に診療いたします。 循環器内科のかかりつけ患者さまは、本外来枠での診療をご遠慮いただいています。

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
猪又 孝元(いのまた たかゆき)
<役職>
循環器内科部長、総合内科部長、予防医学センター予防医学科部長

<専門>
心血管病一般、心不全、心筋疾患
<出身>
新潟大学医学部(1989年卒業)
新潟大学医学部大学院医学研究科(1996年卒業)
日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会認定内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
臨床修練指導医
日本医師会認定産業医
難病指定医
身体障害者福祉法指定医

北里大学医学部循環器内科学教授
医学博士

関連する診療科・センター