入試制度

トップ 入学のこと 入試情報入試制度

入試制度のご案内

AO特別選抜入試

AO特別選抜入学試験とは

 AO特別選抜入学試験とは、出願者自身の人物像を本学院の求める学生像(アドミッション・ポリシー)と照らし合わせて合否を決める入試制度です。従って学力だけにとらわれず、志望理由や面接などにより出願者の個性や適性に対して多面的に評価し選考します。

 » 詳細はこちらから

管理栄養科第二志望制度

第二志望制度とは

臨床検査技師養成科及び保健看護科志願者は、管理栄養科を第二志望として指定することができます。なお、これにより第一志望学科の合否に影響を与えることはありません。

第二志望の方法 出願時に入学志願票の所定の欄にチェックを記入してください。
入学検定料
について
追加の入学検定料を納める必要はありません。
第二志望
合格発表
第二志望の合格発表は、第一志望の合格発表と同時に行います。第二志望合格者には、合格証及び入学手続書類を送付します。なお、試験結果に関するお問い合わせには一切応じることはできませんので、あらかじめご了承ください。
注意 ・ 第二志望学科の合格者は、第一志望学科の補欠者ではありません。したがって、第二志望学科から第一志望学科への繰上げ合格はありません。なお、第二志望学科に合格した場合、入学手続を強制するものではありません。

・ 第二志望学科の合格者は、入学手続をした場合でも、以降の臨床検査技師養成科及び保健看護科の一般入試を受験することができます。

・ 第二志望学科の合格者は、再受験し第一志望学科に合格した場合、管理栄養科の入学金を含む学費等は、全て第一志望学科の学費等に充てることができますので申し出てください。

社会人入学制度

自分の可能性を追い求める人に、扉を開く「社会人入学制度」

「本気」で学ぶ人のために、本学院は入学試験に社会人自己推薦入学試験を設定し、高校生とは違う、社会人ならではの経験と意欲を重点的に評価する選抜方法で、毎年多くの学生を受け入れています。

自分の可能性を追い求める人に、扉を開く「社会人入学制度」

社会人入学制度について

社会人入学制度とは 社会人の方々に広く学んでいただくために、本学院は臨床検査技師養成科、管理栄養科、保健看護科の入学試験に、経験と意欲を重点的に評価する選考方法を取り入れた社会人自己推薦入学試験を設けました。
出願資格 高等学校卒業後2年間以上の就職歴又は2年間以上の大学・短大・専修学校(専門課程)への進学歴を有し、学習意欲のあり、自らを責任をもって推薦できる者。
選抜方法 面接
出願書類 ・入学志願票、写真票、受験票
・調査書等
・自己推薦書
・身上記録書
本学院所定の用紙を用い、社会人自己推薦入試で受験する場合に提出してください。詳しくは、学生募集要項でご確認ください。

» 学生募集要項の請求はこちらからどうぞ