学生アパート

トップ 学生生活のこと学生アパート

アパート生活

期待と不安がひろがる初めての一人暮らしは、北里アパート組合がサポートします。地図やタイプから、自分にピッタリの下宿やアパートを見つけて学院生活をエンジョイしましょう。

また、北里学院では全国で唯一、学院内はもとよりアパートからもインターネットに常時接続できる環境を提供いたします。電子メールを使った先生への質問や生徒同士でのコミュニケーションなど、学院生活にとってプラスとなるこの環境を大いに活用しましょう。

※インターネットプロバイダ料金は、別途年間2万5千円程度必要です。

Q&A - 気になる新生活について

Q.アパートは、希望すれば全員が入れるのでしょうか?

アパートの部屋での語らいA.
本学院の約半数が県外出身者です。現在、学院周辺のアパート街には790室の部屋があり、希望者が入居できるよう十分な数が整っています。


Q.部屋を借りた場合、生活費はどのくらいかかるのでしょうか?

A.
平均的なケースで、室料が3万5千円、食費が3万円、光熱費や雑費が1万円、他に娯楽費として1万円をみておくと、合計で8万5千円になります。

東京で暮らす学生の平均が13万5千円、新潟市では9万3千円という額からすると、かなり暮らしやすいことが分かると思います。


Q.賄い付きの下宿タイプはあるのでしょうか?

賄い付きのアパートの写真A.
あります。

朝食・夕食が付いて部屋代を入れると5万円前後になります。


Q.日常の買い物はどうしていますか?

A.
日頃の食材は、アパート街のスーパー、コンビニで調達しています。また、浦佐駅周辺のスーパー、コンビニ、ホームセンター等も利用しています。その他に月2〜3回、日曜日限定で運行している市内の「イオン六日町店」行きのバス(片道150円)を利用して生活必需品を調達している学生もいます。