看護学部

看護学部

相模原キャンパス

看護学部 

日々進化する医療に対応し先頭に立って活躍する看護師を育成

医療チームのなかで協働できる看護師を育成する「チーム医療教育」、大学附属病院との強い連携関係のもとに実現している「臨地実習」、卒後教育を含めて継続したキャリア支援を行う「看護生涯学習の支援システム」など、実践的な教育やサポートを行っています。豊かな人間性と教養はもちろん、問題を解決する意欲をもち続ける力、リーダーシップを発揮する力など、身につけるべきさまざまな能力を育て、高度な先進医療に対応できる看護のスペシャリストを養成します。

学びのポイント

Point
1
豊かな人間性と幅広い教養を身につけられる一般教育科目(看護学1群科目)をすべての分野からバランスよく履修します。
Point
2
1年次から看護の心・看護の力のイメージづくりができる看護の基礎となる科目(看護学2群科目)と看護の専門科目(看護学3群科目)を1年次から履修することにより看護学へのモチベーションを早い時期から高められます。
Point
3
人体に関する基礎科学と看護学をリンクさせて学べる人体の科学と看護技術を融合させた基礎看護科学の科目群を履修し、科学的思考に基づく看護を考える力を養います。
Point
4
看護の専門知識を学びながら看護実践能力をステップアップできる看護学の各領域の講義とその実習の組み合わせを順に繰り返し、段階的かつ効果的に理論と実践を統合できます。
Point
5
保健師、助産師、養護教諭一種の教育課程を選択して学べる保健師、助産師、養護教諭一種の教育課程を、通常のカリキュラムにプラスして選択履修できます。

学科

  • 看護学科

深い教養と高い能力をそなえた看護師を育成する

学科の特色
  1. 大学附属病院看護部と密接に連携をとり、実りある臨地実習をサポート
  2. 通常のカリキュラムにプラスして、保健師、助産師、養護教諭一種の教育課程を選択履修できる
  3. 「看護キャリア開発・研究センター」を設置し、卒業後もキャリア支援を継続

4年間の学びのフロー

年次
1年次から実習がスタート入学直後から看護学の基礎となる科目が始まります。実習では、病院や介護老人施設を内側から見ることができ、看護の道に進むことをあらためて自覚する貴重な機会となります。

[おもな開講科目]
基礎看護科学演習Ⅰ/看護過程・診断学/基礎看護科学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
看護学科1年次
2年次
基本的な看護技術と知識をつけるシーツ交換や食事・排泄の介助といった基本的な看護技術を習得し、臨床での実習を行います。講義では1年次で学んだ内容をもとに、各領域の専門科目を本格的に学びます。

[おもな開講科目]
看護研究論/緩和ケア看護論/臨床薬理学演習/症候・病態疾病論/地域環境論
看護学科2年次
3年次
臨地実習でこれまでの学びを実践3年次から4年次にかけ、領域別の看護実習が行われます。少人数のグループに分かれて北里大学病院や東病院などにローテートされ、実践を通じて看護学への理解を深めます。

[おもな開講科目]
回復期看護学/急性期看護学/看護倫理/慢性期看護学実習/生活支援看護学実習
看護学科3年次
4年次
国家試験に向けて集中的に学習前期に領域別の臨地実習が終了し、総まとめとなる「統合実習」を実施します。11月中旬以降は授業科目数が少なくなり、国家試験に向けた総合的な学習期間に入ります。

[おもな開講科目]
看護マネジメント論/看護情報学/チーム医療論演習Ⅱ/統合実習
看護学科4年次

進路データ

  • 2017年3月卒業生数 114名
  • 就職希望者数 108名/就職者数 108名(就職率 100%)
  • 進学(大学院・編入等) 3名(進学率 2.6%)
  • その他 3名

おもな就職先
北里大学病院、北里研究所病院、慶應義塾大学病院、横浜市立大学附属市民総合医療センタ―、虎の門病院、東京大学医学部附属病院、東京医科大学病院、藤沢病院、国際医療福祉大学熱海病院、東海大学医学部付属病院、日本医科大学附属病院、平塚共済病院、大和市立病院、神奈川県立こども医療センター、箱根病院、国立国際医療研究センター センター病院、日本赤十字社医療センター、水戸赤十字病院、栃木県支部足利赤十字病院、武蔵野赤十字病院 など

おもな進学先
日本赤十字助産師学校、マロニエ医療福祉専門学校 助産学科、神奈川県立衛生看護専門学校 助産師学科

  • 北里大学関連病院
  • その他の国公私立大学病院
  • 一般病院
  • 国公私立病院