よくある質問

よくある質問

Q1.出願の際、顔写真は何枚必要ですか?
A.顔写真はデータをWeb出願サイトからアップロードしていただきますので、プリントした写真を提出していただく必要はありません。
写真屋等で「JPEG形式のデータもほしい」と伝えて用意するか、またはデジタルカメラ、スマートフォン等で撮影して、データを用意してください。

顔写真データの注意
  1. 出願前3ヵ月以内に撮影したもの。*カラー、モノクロを問いません。
  2. 正面・上半身・脱帽・背景のないもの。
  3. 受験の際、眼鏡着用者は眼鏡着用時の写真を使用してください。サングラス着用のものは不可。
  4. 前髪で目が隠れているものは不可。
  5. ファイル形式はjpeg、ファイルサイズは3MB以内
  6. デジタルカメラ、スマートフォン等で撮影した写真も可としますが、スナップ写真、不鮮明な写真、次のような写真は受付けできません。
    目が隠れている。前髪または影が目にかかっている。目を閉じている。眼鏡が反射している。カラーレンズで目が確認できない。
    被写体が小さい、ピントがあっていない、画質が粗い、影が大きいといった写真も受付けできません。
Q2.出願の際、「調査書」は何通必要ですか?
A.一般入試・センター利用入試で同時に複数の入試、複数の学部に出願する場合も1通のみとします。
また、一般入試・センター利用入試に一旦出願した後、追加出願する場合は「調査書」の提出は不要です。
Q3.調査書はどのように扱われますか?
A.調査書は、総合判定の資料となります。特に推薦入試では、高校での基礎学力や活動状況等について各学部一定の基準で調査書を評価し、小論文、面接等とあわせて合否判定の重要な資料としています。

Q4.出願書類(医学部の面接票・調査票・健康状況調査票など)はどこからダウンロードできますか?
A.本学受験生サイトの学生募集要項のページからダウンロードできます。
「入試」→「出願」→「学生募集要項・出願書類」→「一般入試・センター利用入試・公募制推薦入試」→「出願書類」。
Q5.出願書類の印刷がうまくいかないのですが?
A.PDFファイルをダウンロードし保存したあと、ファイルを開いて印刷してください。PDFファイルの保存方法は下記をご参照ください。
【Windowsの場合】
  • Internet Explorerの場合、対象の項目上で右クリックし[対象をファイルに保存]
  • Firefoxの場合、対象の項目上で右クリックし[名前を付けてリンク先を保存]
  • Chromeの場合、対象の項目上で右クリックし[名前を付けてリンク先を保存]
【Macintoshの場合】
  • Controlキーを押しながらファイルのリンクをクリック
  • Safariの場合[リンク先のファイルダウンロード]
  • Firefoxの場合[名前を付けてリンク先を保存]を選んで[保存]
Q6.色盲・色弱等の色覚異常は、受験資格及び合否に関係がありますか?
A.色覚異常は受験及び合否に関係ありません。ただし、卒業後の進路選択の際に影響する場合があります。
Q7.推薦入試で不合格となった者が、一般入試等を受験することはできますか?
A.受験できます。ただし、出願手続は新たに行ってください。一般入試及びセンター利用入試等、すべての入試区分にて受験することができます。
Q8.受験の際に宿泊施設を斡旋していただけますか?
A.特に斡旋はしていませんが、相模原キャンパス近隣のホテル・旅館等一覧を本学ホームページに掲載していますのでご活用ください。一般入試日などは早めに予約されることをお勧めします。
Q9.入試ではマークシート方式での出題がありますか?
A.年度によっても学部・学科、入試区分によっても違います。過去問題を参考にしてください。
Q10.選択科目で有利・不利はありますか?
A.選択科目での有利・不利はありません。自分の得意な科目で受験することが、よい結果を生むのではないでしょうか。
選択科目は出願時に選択しますので注意してください。(理学部と医療衛生学部の一般入試の理科は試験時に選択します。)
Q11.試験の際、健康診断は全員に実施されるのですか?
A.医学部の健康診断は、出願書類等を確認し、医師が必要と認めた者に対してのみ試験当日に行います。(対象者は試験当日に通知します。)なお、理学部・獣医学部・海洋生命科学部・薬学部・看護学部・医療衛生学部では健康診断は実施しません。
Q12.合否判定に基準点を設けていますか?
A.全学部の入試科目とも、基準点は設けていません。
Q13.合格発表の方法について教えてください。
A.合格者には合格通知及び入学手続書類を本人宛に送付します。 また、Web出願システム(インターネットに接続されたパソコン・スマートフォン・タブレットで利用できます)で合否の照会が行えます。
Web出願システムにアクセスし、出願の際に作成したマイページにログインしてください。
マイページ内の「受験票発行済みの出願」に表示されている「合否結果を確認する」ボタンをクリックすると合否結果が表示されます。
Q14.併願はできますか?
A.
  • 一般入試
    試験日が異なればそれぞれの試験日に出願でき、学部間の併願が可能です。
    獣医学部では、異なる試験日に出願することで学科間併願が可能です。
  • センター利用入試
    センター利用入試を行うすべての学部に出願でき、学部間の併願が可能です。
    また、理学部・獣医学部・薬学部では同一学部内の学科間併願が可能です。
  • 一般入試・センタープラス入試・センター利用入試はそれぞれ併願することができます。
  • 薬学部の社会人特別選抜入学試験と編入学試験は同一試験日ですが、併願することができます。
  • 推薦入試・AO入試は専願として扱いますので、他大学等との併願及び本学の学部間・学科間・専攻間の併願はできません。
Q15.第2志望制度はありますか?
A.理学部、獣医学部、医療衛生学部では、受験する学部の他学科を第 2 志望学科として指定することができます。いずれも出願時に登録します。第 2 志望を登録することで第 1 志望が不利になる事などはありません。
  • 理学部
    一般入試において、理学部の他学科を第2 志望として指定することができます。
  • 獣医学部
    一般入試< I 期>、< II 期>、< III 期>において、動物資源科学科・生物環境科学科の志願者は動物資源科学科または生物環境科学科を第2 志望として指定することができます。
  • 医療衛生学部
    一般入試<後期>において、医療検査学科・医療工学科の志願者は健康科学科を、リハビリテーション学科の志願者はリハビリテーション学科の他専攻を第2志望として指定することができます。
Q16.入学後の転部・転科はできますか?
A.転部・転科は各学部・学科の学生数に余裕がある場合に限り、選考のうえ許可されることがありますが、実施は若干名にとどまっています。学部によっては実施されないこともありますので、出願する学部・学科(専攻)は十分考慮して決定してください。
Q17. 入学検定料は?
A.入学検定料は、センター利用入試17,000円、その他の入試は33,000円(薬学部は35,000円、医学部は60,000円)です。
なお、理学部、獣医学部、薬学部、医療衛生学部では、次の条件で入学検定料が変わります。
  • 理学部
    • 理学部のセンター利用入試<前期>の志願者が
      センター利用入試<中期>に同時出願または追加出願する場合
      • センター利用入試<中期>は17,000円のところ13,000円で出願することができます。
    • 理学部のセンター利用入試<前期>または<中期>の志願者が
      理学部のセンター利用入試<後期>に出願する場合
      • 1 学科17,000円のところ次の金額で出願することができます。
      • 1 学科に出願 13,000円、2 学科に出願 30,000円、3 学科に出願 47,000円。
  • 獣医学部
    • 獣医学部の一般入試<前期・Ⅰ期>または一般入試<後期・Ⅲ期>の志願者がセンター利用入試と同時出願する場合
      • センター利用入試は1試験あたり10,000円で受験できます。
      • (一般入試<Ⅱ期>は対象となりません)
    • 獣医学部のセンター利用入試のみを同時出願する場合
           2試験目以降は1試験あたり10,000円で受験できます。
  • 薬学部
    • 社会人特別選抜入試と編入学試験を併願する場合
      • 1 試験35,000円のところ合計50,000円で出願することができます。
  • 医療衛生学部
    • 医療衛生学部の一般入試<前期>の志願者が医療衛生学部の一般入試<後期>に出願する場合
      • 33,000円のところ20,000円で出願することができます。
Q18. 学費の分割納入制度はありますか?また延納制度はありますか?
A.入試区分に関係なくすべての学部で「全納方式」または「分割納入方式」を選択することができます。分割納入方式では、入学金を除く学費(授業料、施設設備費、教育充実費)を入学手続時と後期(10月31日まで)との 2 回に分けて納入することができます。
また、一部の学部・入試区分では入学手続をニ段階に分け、 1 次入学手続締切日までに入学金を納入し、2 次入学手続締切日までに入学手続書類の提出及びその他の学費等を納入する[二段階納入方式]を併せて行っています。これにより、入学金以外の学費の納入を2次入学手続まで延ばすことができます。
Q19. 入学手続期限の<1 次>・< 2 次>とは何ですか?
A.一般入試とセンター利用入試の一部で行っている[二段階納入方式]の締め切り期限のことです。

[二段階納入方式]
入学手続の際、学費等の納入を 1 次と 2 次の 二段階に分けて行うことができます。
入学手続締切日が< 1 次>< 2 次>と表示されている一般入試とセンター利用入試で行っています。

1 次入学手続締切日までに「入学金」を納入し、2 次入学手続締切日までに残りの学費等の納入と入学手続書類を提出していただきます。また、分割納入方式と併せて利用することが可能で、その際は、 2 次入学手続時に、前期分を納めていただけばよいことになります。

1 次入学手続と2 次入学手続の両方をそれぞれの期限までに完了して、[入学許可]となりますので期限にご注意ください。
Q20.入学手続をしましたが、事情により辞退をしたいのですが?
A.入学手続が完了した後に、やむを得ない理由により入学を辞退する場合は、速やかに電話で入学辞退の旨を申し出て、「入学辞退届」を提出してください。
いったん納入された納付金は、原則として返還しません。ただし、平成30年3月31日(土)12:00まで(医学部の学士入学者は平成30年8月31日(金)17:00まで)に「入学辞退届」が提出され受理された場合は入学金を除く納付金を返還します。
なお、推薦入試・AO特別選抜入試の場合は本学の専願者として取り扱いますので、原則として入学を辞退することはできません。ただし、やむを得ず入学を辞退する場合は、速やかに辞退の旨を申し出て「入学辞退届」を提出してください。いったん納入された納付金は返還しませんが、審査の結果、やむを得ない理由(病気や怪我等で就学が困難になった場合)であると本学が認めた場合は、入学金を除く納付金を返還します。理由が適格を欠くとき及び入学辞退申し出締切日時以降の申し出については一切返還しません。
Q21.過去問題は公表していますか?
A.公募制推薦入試、一般入試、その他一部の入試の過去問題を公表しています。

[過去問題]
 前年度(2017年度)入試の過去問題は『入試問題集』(冊子)として無料配付しています。
資料請求ページ」からお申し込みください。
また、当サイトでは2017年度以前の入試問題も掲載しています。
その他の入試
  • 医学部の学士入学試験は一般入試と同じ入試問題です。
  • 獣医学科の学士入学試験は公募制推薦入試と同じ入試問題です。
  • 獣医学科及び海洋生命科学部の帰国生徒特別選抜入試は、それぞれの公募制推薦入試と同じ入試問題です。
  • 医療衛生学部の社会人特別選抜入試は公募制推薦入試と同じ入試問題です。
  • 看護学部の学士入学試験、医療衛生学部の編入学試験については、各学部入試係にお問い合わせください。
上記以外の入試の過去問題は公開していません。
Q22.入学後のアパート等の紹介はしてもらえますか?
A.本学では各キャンパス周辺のアパート・マンション等の紹介業務を専門業者に委託し、北里大学ホームページから物件を検索できるようになっています。安全性を優先し、通学時間・設備などを考慮した各種物件を紹介しています。このホームページをよく見て、納得のいく住まいを探してください。

なお、入試合格者には、パンフレット「ひとり暮らしガイド」を入学手続書類に同封して送付しています。

また、 獣医学部・薬学部の学生は2年次からキャンパスを移りますが、 各キャンパス周辺の物件も探すことができます。また、獣医学部では1 年次に十和田キャンパス周辺のアパート状況などを説明し、スムーズにキャンパス移動ができるようにサポートしています。薬学部のある白金キャンパスは都心にあり物件も多いことから特に紹介はしておりません。

賃貸物件地区別室料比較表

部屋タイプ地区
相模原白金周辺十和田
ワンルーム(1K含む) 24,000円~80,000円 70,000円以上 15,000円~40,000円
1DK(2K含む) 38,000円~80,000円 80,000円以上 18,000円~55,000円
2DK(2LDK含む) 38,000円~80,000円 120,000円以上 27,000円~62,000円
Q23.学内を見学したいのですが、どうすればよいですか?
A.本学キャンパスの構内見学は、いつでも自由に出来ますが、施設内の見学は、事前に連絡していただかないと見学することが出来ない場合があります。ご希望の方は、入学センターまたは各学部入試係まで連絡してください。なお、本学主催の進学相談会では、施設見学も行います。