主な変更点
  • 試験制度・募集人員の変更について
  • 選抜方法の変更について

大学院
試験制度の変更について

1.薬学研究科修士課程募集人員の変更

  2018年度 2019年度
推薦入試(薬)若干名(臨)若干名(医)若干名(薬)15(臨)若干名(医)若干名
一般入試(薬)15(臨)若干名(医)若干名(薬)6(臨)2(医)2
社会人特別
選抜入試
(薬)ー(臨)若干名(医)若干名(薬)ー(臨)若干名(医)若干名
外国人留学生
特別選抜入試
(薬)若干名(臨)若干名(医)若干名(薬)若干名(臨)若干名(医)若干名
合計(薬)15(臨)若干名(医)若干名(薬)21(臨)2(医)2
薬:薬科学履修コース
臨:臨床統計学履修コース
医:医薬開発学履修コース

2.医療系研究科医学専攻博士課程のコース設置及び廃止

  2018年度 2019年度
設置コース集学的がん治療スペシャリスト養成コースがん個別化医療専門医養成コース
がん薬物療法専門医師養成コース
放射線治療専門医師養成コース
緩和ケア専門医師養成コース

大学院
選抜方法の変更について

1.薬学研究科(修士課程・博士課程・博士後期課程)の選抜方法を変更します

筆記試験、口述試験及び出願書類により入学志願者の能力・適性等を総合して判定します。
*健康診断を必要と認められた者のみ実施します。

2.薬学研究科(修士課程)外国人留学生特別選抜入試の選抜方法を変更します

筆記試験及び出願書類等により入学志願者の能力・適性等を総合して判定します。
筆記試験-専門科目2科目<志望専門分野(研究室)の出題科目1科目及びそれ以外の科目1科目>、英語(問題は日本語又は英語を選択することができます)
*健康診断を必要と認められた者のみ実施します。

3.海洋生命科学研究科の選抜方法を変更します

筆記試験「専門科目3科目」、TOEIC(公開)スコア(外国人留学生特別選抜入試はTOEFL可)、口述試験及び出願書類等により入学志願者の能力・適性等を総合して判定します。
(1)筆記試験
専門科目 次の3科目を選択して受験する
① 志望する専門分野の出題科目から1科目
② 他の専門分野の出題科目から1科目
③ 全ての専門分野の出題科目から①②で選択していない出題科目を1科目
専門分野:「増殖生物学」
出題科目/分子生物学、解剖生理学、発生生物学、水族増殖学
専門分野:「環境生物学」
出題科目/生物海洋学、微生物学、無脊椎動物学、魚類学
専門分野:「応用生物化学」
出題科目/有機化学、分析化学、生化学、海洋生物化学
(2)TOEIC(公開)スコア(外国人留学生特別選抜入試はTOEFL可)
(3)口述試験