獣医学部

獣医学部
公募制推薦入学試験要項

※推薦入学試験は本学専願者として取り扱いますので、他大学との併願及び本学の学部間・学科間・専攻間の併願は認めません。また、原則として入学を辞退することはできません。
募集人員獣医学科<A方式> 8名※1
獣医学科<B方式> 7名※1
動物資源科学科 10名
生物環境科学科  10名※2
出願受付期間平成29年11月1日(水)~ 11月10日(金)必着
試験日平成29年11月19日(日)
試験会場相模原キャンパス
合格発表日時平成29年11月30日(木) 13:00
入学手続期限平成29年12月13日(水)
※1 <A方式>と<B方式>をあわせて15名募集します。
※2 指定校推薦入試と公募制推薦入試をあわせて10名募集します。

獣医学科

A方式またはB方式を選択してください。

出願資格(推薦基準)

獣医学科<A方式>
次の1、2のいずれかに該当する者で、3~5の条件を満たす者
  1. 高等学校若しくは中等教育学校を平成29年4月1日から平成30年3月31日までに卒業した者及び卒業見込みの者
  2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を平成29年4月1日から平成30年3 月31日までに修了した者及び修了見込みの者
  3. 成績優秀にして大学専門教育に適する者(全体の評定平均値が3.5以上の者)
  4. 次の科目を履修(見込み含む)した者
    【数 学】数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B
    【理 科】物理、化学、生物のいずれか2科目以上
    【外国語】英語
  5. 学校長が責任をもって推薦できる者
※調査書に履修科目が明記されない場合は、カリキュラム表等の証明できるものを添付してください。
獣医学科<B方式>
次の1、2のいずれかに該当する者で、3及び4の条件を満たす者
  1. 高等学校若しくは中等教育学校を平成28年4月1日から平成30年3月31日までに卒業した者及び卒業見込みの者
  2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を平成28年4月1日から平成30年3月31日までに修了した者及び修了見込みの者
  3. 大学専門教育に適する者
  4. 学校長が責任をもって推薦できる者

選抜方法(判定方法)

  • 推薦状及び調査書
  • 基礎学力確認のための小論文[英語、数学、理科(物理、化学、生物から1科目を選択)]
  • 面接
等により入学志願者の能力・適性等を総合して判定します。
小論文について
英語、数学、理科の基礎学力を確認するもので、英語はコミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱの範囲で、数学は数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学Bの範囲で、理科は物理基礎、物理、化学基礎、化学、生物基礎、生物の範囲で出題します。

面接について
個人面接(15分程度)で行います。

試験時間と配点等

獣医学科<A方式>
科目等試験時間配点
小論文 90分 200点
面接 15分個人 100点
調査書 100点

獣医学科<B方式>
科目等試験時間配点
小論文 90分 300点
面接 15分個人 50点
調査書 50点

動物資源科学科・生物環境科学科

出願資格(推薦基準)

次の1、2のいずれかに該当する者で、3及び4の条件を満たす者
  1. 高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者及び平成30年3月31日までに卒業見込みの者
  2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成30年3月31日までに修了見込みの者
  3. 成績優秀にして大学専門教育に適する者(全体の評定平均値が3.5以上の者)
  4. 学校長が責任をもって推薦できる者

選抜方法(判定方法)

  • 推薦状及び調査書
  • 小論文
  • 面接(基礎的な学力確認のための口頭試問を含む)
等により入学志願者の能力・適性等を総合して判定します。
小論文について
小論文の形式は文章読解論述型で出題し、解答時間は60分、解答文字数は800字以内です。

面接について
個人面接(20分程度)で行います。
口頭試問はコミュニケーション英語Ⅰ、数学Ⅰ、数学A、化学基礎、生物基礎についての基礎的な内容です。

試験時間と配点等

動物資源科学科 
科目等試験時間配点
小論文 60分 100点
面接 20分個人 100点
調査書 50点
生物環境科学科
科目等試験時間配点
小論文 60分 100点
面接 20分個人 100点
調査書 100点

入学検定料

33,000円