アドミッション・ポリシー
北里大学は学祖北里柴三郎博士が生涯を通して示した「開拓・報恩・叡智と実践・不撓不屈」の精神に則り、生命科学をリードする研究者、教育者を養成する一方、専門職業人として必要な高度専門知識・技術を教授し、社会に有為な人材の養成を目指しています。各研究科の2020年度入学者受入方針(アドミッションポリシー)は以下の通りです。

アドミッション・ポリシー
薬学研究科

  • 薬科学専攻(修士課程)
  • 薬科学専攻(博士後期課程)
  • 薬学専攻(博士課程)
選抜者基本方針
高い倫理観と先端的で高度な専門的知識・技能を備えた生命科学・創薬科学分野における技術者等、臨床試験データを解析し臨床試験計画を立案できる技術者等、さらに戦略的かつ国際的な医薬品開発企画を立案できる技術者等の育成を目的とすることから、入学者の受け入れにおいては、高い倫理観と薬学関連分野の幅広い知識や問題解決技術の修得に強い意欲と能力を有し、将来、専門領域において活躍できる資質を備えた入学者の選抜を基本方針としています。
理念・目的等
〔薬科学履修コース〕
〔臨床統計学履修コース〕
〔医薬開発学履修コース〕

高い倫理観と先端的で高度な専門的知識・技能を備えた生命科学・創薬科学分野における技術者等、臨床試験データを解析し臨床試験計画を立案できる技術者等、さらに戦略的かつ国際的な医薬品開発企画を立案できる技術者等の育成を理念としています。

求める学生像
〔薬科学履修コース〕
生命科学・創薬科学分野における技術者等として、薬学の知識をもって社会に貢献したいという意欲を持った人。

〔臨床統計学履修コース〕
統計学理論と臨床試験現場に関する十分な知識をもって、収集された臨床試験データを医学・薬学的意義に還元できる技術者等として社会に貢献したいという意欲を持った人。

〔医薬開発学履修コース〕
医薬品開発の問題点を的確に指摘・分析・評価し、問題点を排除した科学的、戦略的かつ柔軟な新医薬品開発企画を立案できる技術者等として社会に貢献したいという意欲を持った人。

入学者選抜方針
〔薬科学履修コース〕
【推薦入学試験】
本学部卒業見込みで、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期 >】
出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、英語及び志望分野を中心とした専門知識及び薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
日本国籍を有しない者で、外国において学校教育における16年の課程を修了した者又は見込みの者で、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、志望分野を中心とした専門知識及び薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。

〔臨床統計学履修コース〕
【推薦入学試験】
本学部卒業見込みで、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期 >】
出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、英語及び志望分野を中心とした専門知識及び薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
日本国籍を有しない者で、外国において学校教育における16年の課程を修了した者又は見込みの者で、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、志望分野を中心とした専門知識及び薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験】
企業・研究所などで臨床統計の実務経験を有し、出願前に志望専門分野指導教員の説明を受けて出願を許可された、英語、数学及び志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。

〔医薬開発学履修コース〕
【推薦入学試験】
本学部卒業見込みで、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期 >】
出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、英語及び志望分野を中心とした専門知識及び薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
日本国籍を有しない者で、外国において学校教育における16年の課程を修了した者又は見込みの者で、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、志望分野を中心とした専門知識及び薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験】
企業・研究所・大学などで臨床研究・臨床試験等の実務経験を有し、出願前に志望専門分野指導教員の説明を受けて出願を許可された、英語及び志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
選抜者基本方針
高い倫理観と先端的で高度な専門的知識・技能を備えた生命科学・創薬科学分野における研究者及び教育者等、臨床試験データを解析し臨床試験計画を立案できる研究者及び教育者等、さらに戦略的かつ国際的な医薬品開発企画を立案できる研究者及び教育者等の育成を目的とすることから、入学者の受け入れにおいては、高い倫理観と薬学関連分野の幅広い知識や問題解決能力の修得に強い意欲と能力を有し、将来、専門領域においてリーダーシップを発揮して活躍できる資質を備えた入学者の選抜を基本方針としています。
理念・目的等
〔薬科学履修コース〕
〔臨床統計学履修コース〕
〔医薬開発学履修コース〕

高い倫理観と先端的で高度な専門的知識・技能を備えた生命科学・創薬科学分野における研究者及び教育者等、臨床試験データを解析し臨床試験計画を立案できる研究者及び教育者等、さらに戦略的かつ国際的な医薬品開発企画を立案できる研究者及び教育者等の育成を理念としています。

求める学生像
〔薬科学履修コース〕
生命科学・創薬科学分野における研究者または教育者等として、薬学の知識をもって社会に貢献したいという強い意欲を持った人。

〔臨床統計学履修コース〕
統計学的理論と臨床試験現場に関する十分な知識をもって、グローバルな視野から臨床試験の未解決な問題を適切に解決できる研究者または教育者等として社会に貢献したいという強い意欲を持った人。

〔医薬開発学履修コース〕
医薬品開発の問題点を的確に捉え、適切な知識と経験を持って、戦略的、計画的、組織的な新医薬品開発を先導する研究者または教育者等として社会に貢献したいという強い意欲を持った人。

入学者選抜方針
〔薬科学履修コース〕
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
修士課程修了者または修了見込みの者で、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、英語及び志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
日本国籍を有しない者で、修士の学位或いは専門職学位に相当する学位を授与された者又は見込みの者で、主専攻学科目、英語及び志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験】
一定の社会経験を有し、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。

〔臨床統計学履修コース〕
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
修士課程修了者または修了見込みの者で、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、英語及び志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
日本国籍を有しない者で、修士の学位或いは専門職学位に相当する学位を授与された者又は見込みの者で、主専攻学科目、英語及び志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験】
企業・研究所などで臨床統計の実務経験を有し、出願前に志望専門分野指導教員の説明を受けて出願を許可された、英語、数学及び志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。

〔医薬開発学履修コース〕
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
修士課程修了者または修了見込みの者で、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、英語及び志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
日本国籍を有しない者で、修士の学位或いは専門職学位に相当する学位を授与された者又は見込みの者で、主専攻学科目、英語及び志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験】
企業・研究所・大学などで臨床研究・臨床試験等の実務経験を有し、出願前に志望専門分野指導教員の説明を受けて出願を許可された、英語及び志望分野を中心とした専門知識と薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
選抜者基本方針
医療を支える生命科学分野を担う専門職として、医療現場での問題発見・解決能力を発揮するために必要な高い倫理観と先端的で高度な専門的知識や技能の修得に強い意欲を有し、将来、医療現場においてリーダーシップを発揮して活躍できる資質を備えた入学者の選抜を基本方針としています。
理念・目的等
薬学履修コース
医療薬学履修コース

医療現場における薬物療法をはじめとする諸問題を薬学の視点から研究・解明して、その成果を医療現場に反映するために、高い倫理観と医療薬学・臨床薬学関連の高度な専門的知識を修得し、医療現場での問題発見・解決能力を発揮するために必要な技能や研究能力を養い、医療現場で指導的な立場で活躍できる研究者または教育者等を育成することを目的としています。

求める学生像
薬学履修コース
高度の薬学的専門知識と技能を修得し、薬学を含む幅広い医療関連領域で社会に貢献したいという強い意欲を持った人。

医療薬学履修コース
がん領域の専門家として、がん医療を通して社会に貢献したいという強い意欲を持った人。

入学者選抜方針
薬学履修コース
【推薦入学試験】
本学部薬学科(6年制)を卒業見込みで、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【一般入学試験】
薬学部(6年制)の卒業生または卒業見込みの者、及び修士課程修了者または修了見込みの者で、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、薬学全般の能力・適性等を備えた者の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験】
病院・保険薬局・大学・企業などにおける社会経験を有し、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、医療薬学全般に関する専門知識及び能力・適性等を備えた者の入学を希望します。

医療薬学履修コース
【社会人特別選抜入学試験】
 病院・保険薬局・大学・企業などにおける実務経験を有し、出願前に志望専門分野指導教員の口頭試問を受けて出願を許可された、医療薬学全般に関する専門知識及び能力・適性等を備えた者の入学を希望します。

アドミッション・ポリシー
獣医学系研究科

選抜者基本方針
獣医学系研究科では、獣医学とその周辺領域の教育・研究を通じて、国際的に通用する研究者、高度専門職業人、提言や技術提供できる指導者の養成を目的とします。教育・研究分野は、動物と獣医療、公衆衛生、動物生産と食料利用、動物と人との関係、生態系の保全・修復、食料生産基盤を含む環境の創造等です。このことから、獣医学系への強い関心と学修・研究意欲を有し、課題解決能力や応用力を求める入学者の選考を基本方針としています。
  • 動物資源科学専攻(修士課程)
  • 生物環境科学専攻(修士課程)
  • 獣医学専攻(博士課程)
  • 動物資源科学専攻(博士後期課程)
理念・目的等
動物資源科学専攻は、動物関連領域の多様化や高度化を背景に、動物能力の活用、動物福祉、動物性食品の安全性や機能性、人と動物の関係や周辺環境の向上、農学と医学の連携等の教育を行い、問題提起力と解決力を備えた高度専門職業人の養成、研究者、指導者の育成を目標とします。これらを通じて、動物資源科学関する高度な知識と技術を活かし、社会に貢献することを理念としています。

求める学生像
  • 動物及び人と動物の関わりに対して強い関心を示し、現象の真理の科学的な解明に意欲のある人。
  • 動物の能力に注目し、積極的に活用する方法を見出す意欲のある人。
  • 動物資源科学における高度な知識と技術を活かし、社会への貢献に意欲のある人。
  • 農学分野と医学分野の連携の面から、社会への貢献に意欲のある人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
志望専門分野指導教授の推薦を受けて出願が認められた者で、大学教育において広範囲にわたり優秀な学力を身につけ、修士課程における勉学に明確な目標を有する大学院生の入学を希望します。なお、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
修士課程における教育に対応できる英語・志望専門分野に十分な学力を持ち、動物資源科学全般について十分な理解を示す大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【社会人特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
社会人生活を継続しながら、動物資源科学の研究学修を強く目指しており、英語・志望専門分野について十分な学力を持つ大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
あらかじめ志望専門分野指導教授の面接を受けて出願が認められた者で、動物資源科学の研究学修を強く目指しており、英語・志望専門分野について十分な学力を持つ大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
理念・目的等
生物環境科学専攻は、自然環境と動植物の生息環境、循環型社会の形成のための食料生産を含む社会基盤の整備、生態系の保全・修復、環境監視等の知識と技術を教育することで、高度な知識と問題解決能力ならびに豊かな人間性を備え、生物環境科学に関する提言や技術提供ができる人材の養成を目標とします。このことを通じて、生態系との調和や環境の創造に関する知識と技術を生かして社会に貢献することを理念としています。

求める学生像
  • 環境の保全・修復・創造に関する知識と技術を備え、環境倫理の涵養に努める人。
  • 生態系と環境との調和に関する問題解決能力と科学的な探求心を持つ人。
  • 生物環境科学分野での高度な技術者あるいは研究者として、社会への貢献に意欲のある人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
志望専門分野指導教授の推薦を受け、出願が認められた者で、大学教育において広範囲にわたり優秀な学力を身につけ、修士課程における勉学に明確な目標を有し、生物環境科学分野の専門知識の修得と研究に強い意志と意欲のある大学院生の入学を希望します。なお、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
修士課程における教育に対応できる英語・志望専門分野に十分な学力を持ち、生物環境科学分野の専門知識の習得と研究に強い意志と意欲のある大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【社会人特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
社会人生活を継続しながら、生物環境科学分野の専門知識の修得と研究に強い意志と意欲のあり、修士課程における教育に対応できる英語・志望専門分野について十分な学力を持つ大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
あらかじめ志望専門分野指導教授の面接を受けて出願が認められた者で、修士課程における教育に対応できる英語・志望専門分野について十分な学力を持ち、生物環境科学分野の専門知識の修得と研究に強い意志と意欲のある大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
理念・目的等
獣医学専攻は、獣医学で教育・研究される基礎獣医学、公衆衛生、高度獣医療の専門の追求を通じて、豊かな人間性を持った人材で、国際的に通用する独創的な研究者、高度専門職業人、指導者の養成を目標とし、未知の領域へ果敢に挑戦する精神を持ち、問題に即応した解決法を自ら考え具現化できることを理念としています。

求める学生像
  • 将来展望を持ち、獣医学の研究学修に積極的に取り組める人。
  • 国際的に通用する独創的な研究を目指すチャレンジ精神を持った人。
  • 生命現象に対して畏敬の念と科学的な探究心を持ち、生命倫理の理解に努める人。
  • 獣医学の研究学修にあたって、自力での課題解決に努める人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
志望専門分野指導教授の推薦を受けて出願が認められた者で、博士課程における高度な獣医学の研究学修を強く目指しており、研究に対する強い意欲と将来展望を表明できる大学院生の入学を希望します。なお、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
獣医学の研究学修を強く目指しており、博士課程における高度な教育に対応できる英語・志望専門分野について十分な学力を持つ大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【社会人特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
社会人生活を継続しながら、獣医学の研究学修を強く目指しており、博士課程における高度な教育に対応できる英語・志望専門分野について十分な学力を持ち、かつ将来展望を表明できる大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
あらかじめ志望専門分野指導教授の面接を受けて出願が認められた者で、獣医学の研究学修を強く目指しており、博士課程における高度な教育に対応できる英語・志望専門分野について十分な学力を持ち、かつ将来展望を表明できる大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
理念・目的等
動物資源科学専攻は、動物関連領域の多様化や高度化を背景に、動物能力の活用、動物福祉、動物性食品の安全性や機能性、人と動物の関係や周辺環境、生態系の保全・修復、環境の創造等の教育を行い、高度な問題提起能力と解決力を備えた専門職業人の養成、研究者、指導者の育成を目標とします。これらを通じて、動物資源科学さらに生態系の環境の保全と創造に関する高度な知識と技術を活かし、社会に貢献することを理念としています。

求める学生像
  • 動物及び人と動物の関わりに対して強い関心を示し、現象の真理の科学的な解明に積極的に取り組める人。
  • 動物の能力に注目し、積極的に活用する方法を見出すチャレンジ精神を持った人。
  • 動物資源科学における高度な知識と技術を活かし、社会への貢献に意欲のある人。
  • 生態系の保全・修復に関する知識と技術を備え、環境倫理の面から、社会への貢献に意欲のある人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
志望専門分野指導教授の推薦を受け、出願が認められた者で、修士課程において優秀な学力を身につけ、博士後期課程における高度な教育に対応できる専門知識を持ち、研究に対して強い意欲と、それを推進する高い能力を有し、かつ将来展望を表明できる大学院生の入学を希望します。なお、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
博士後期課程における高度な教育に対応できる英語・志望専門分野に十分な学力を持ち、研究に対して強い意欲と、それを推進する高い能力を有する大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【社会人特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
社会人生活を継続しながら、動物資源科学の研究学修を強く目指しており、博士後期課程における高度な教育に対応できる英語・志望専門分野に十分な学力を持ち、研究に対して強い意欲と、それを推進する高い能力を有し、かつ将来展望を表明できる大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
あらかじめ志望専門分野指導教授の面接を受けて出願が認められた者で、動物資源科学の研究学修を強く目指しており、博士後期課程における高度な教育に対応できる英語・志望専門分野について十分な学力を持ち、かつ将来展望を表明できる大学院生の入学を希望します。なお、学力試験、面接試験及び出願書類等を含めてその能力・適性等を総合的に判断します。

アドミッション・ポリシー
海洋生命科学研究科

選抜者基本方針
海洋生命科学研究科は、海洋生物の生息環境の保全、生物資源の管理を通して、その持続的な利用を図る方策を探ることによって人類の永続的生存の保障に役立てることを目的とし、国際的視野にたった教育・研究を推進しています。入学者の受け入れにおいては、海洋生命科学分野に対する強い知的好奇心を持ち、意欲的に研究を遂行する資質を備えた入学者の選抜を行うことを基本方針としています。
  • 海洋生命科学専攻(修士課程)
  • 海洋生命科学専攻(博士後期課程)
理念・目的等
海洋生命科学専攻修士課程は、国際的視野の下に海洋生物の生息環境を保全して生物資源を管理し、その持続的な利用を図るという社会の要求に高度に対応できる人材の育成を理念としています。

求める学生像
  • 自然、文化、社会、人間の多面性を認識し、多様な価値観を理解する能力を持った人
  • 自然科学についての基礎知識、解析能力を修得し、これを海洋生命科学分野の問題解決に応用する能力を持った人
  • 自分の考えを的確かつ論理的に表現する能力とコミュニケーション能力を持った人
  • 海洋生命科学を研究する者として必要な倫理観を備えた人

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
海洋生命科学の基本知識を修得していることを前提として、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
自然科学、海洋生命科学、英語について十分な基礎学力を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験< I 期・ II 期>】
自然科学、海洋生命科学、英語について十分な基礎学力を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
研究に必要なコミュニケーション能力を有することを前提として、自然科学及び海洋生命科学について十分な基礎学力を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
理念・目的等
海洋生命科学専攻博士後期課程は、国際的視野の下に海洋生物の生息環境を保全して生物資源を管理し、その持続的な利用を図るという社会の要求に高度に対応できる自立した研究者の育成を理念としています。

求める学生像
  • 自然、文化、社会、人間の多面性を認識し、多様な価値観を理解する能力を持った人
  • 自然科学についての基礎知識、解析能力を修得し、これを海洋生命科学分野の問題解決に応用する能力を持った人
  • 自分の考えを的確かつ論理的に表現する能力とコミュニケーション能力を持った人
  • 海洋生命科学を研究する者として必要な倫理観を備えた人
  • 国際的視野の下に海洋生物の生息環境を保全して生物資源を管理し、その持続的な利用を図るという社会の要求に高度に対応できる能力を備えた人

入学者選抜方針
【一般入学試験】
自然科学、海洋生命科学、英語について十分な基礎学力を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験】
自然科学、海洋生命科学、英語について十分な基礎学力を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
研究に必要なコミュニケーション能力を有することを前提として、自然科学及び海洋生命科学について十分な基礎学力を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。

アドミッション・ポリシー
看護学研究科

選抜者基本方針
看護学研究科は、看護生涯教育のモデル化における理念のもと、今日の社会的要請に応え、看護の質を高め、問題解決能力を備え、看護の実践・研究・教育の場で活躍できる人材の育成を教育目標としていることから、入学者の受け入れにおいては、各専門領域における看護実践、教育及び研究に対する探求心、そして人間性豊かな感性を勘案した選抜を行うことを基本方針としています。
  • 看護学専攻(修士課程)
  • 看護学専攻(博士後期課程)
理念・目的等
修士課程は、広い視野に立って、看護学及び看護学関連科目を学び、看護実践の各専門領域において看護学研究の基礎能力又は高度な看護実践能力をもつ人材の育成を理念としています。

求める学生像
  • 生涯に亘って看護学を学び続けられる人。
  • 各専門領域において看護実践能力を高める意欲と行動力のある人。
  • 各専門領域において多様な研究及び教育への関心と追究する姿勢を持つ人。
  • 看護実践の質向上への社会的貢献ができる人。
  • 実践・研究・教育の面で高度看護専門職業人としての活躍を志す人。

入学者選抜方針
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
各専門領域についての基礎的な知識と看護・医療分野における英語の読解力を有し、論理的思考力に基づいた問題解決ができる学生の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
各専門領域についての看護実践経験と看護・医療分野における英語の読解力を有し、論理的思考力に基づいた問題解決ができる学生の入学を希望します。
理念・目的等
博士後期課程は、自立して研究活動を行うことのできる看護学研究者を育成し、大学等において教育・研究に従事する、あるいは看護実践の場で高度な看護専門職や看護管理者として活躍する人材を育成することを理念としています。

求める学生像
  • 生涯に亘って看護学の探求及び看護研究活動を行い続けることをめざす人。
  • 各専門領域における看護実践能力の向上や開発をめざす意欲と行動力を持つ人。
  • 各専門領域において看護学の質向上をめざす教育を追究する姿勢を持ち続ける人。
  • 看護学の学問的発展に寄与するとともに社会的貢献ができる人。
  • 実践・研究・教育の面で高度看護専門職業人として活躍できる人。

入学者選抜方針
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
各専門領域について、高度な専門知識と臨床看護能力を有し、看護・医療分野における英語読解力を持ち、論理的思考力に基づいた問題解決ができる学生の入学を希望します。

アドミッション・ポリシー
理学研究科

選抜者基本方針
理学研究科は、分子科学及び生物科学の各分野において、研究者・高度専門技術者として研究を進める力を身につけた人材を社会に送り出すことを人材養成の目的とすることから、入学者の受け入れにおいては、自然現象に対する強い知的好奇心を持ち、基礎的な研究能力と実験技術を兼ね備え、意欲的に現象の解明に取り組み、かつ成長が期待できる入学者を選抜することを基本方針としています。
  • 分子科学専攻(修士課程)
  • 生物科学専攻(修士課程)
  • 分子科学専攻(博士後期課程)
  • 生物科学専攻(博士後期課程)
理念・目的等
分子科学専攻は、分子及び分子集合体の構造や性質を解析し設計できるより高度な能力を持ち、自然現象を物理的及び化学的視点から解明する能力を持った人材の育成を理念としています。

求める学生像
  • 自然現象を物理的視点・化学的視点からより深く解明することに強い意欲を持つ人。
  • 自然科学について専門的な知識、解析能力を修得している人。
  • 内外の研究者との交流が可能なコミュニケーション能力を持った人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
本学のカリキュラムの内容を修得していることを前提として、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期>】
英語、数学、物理学、化学、生物学等について研究に必要な学力を持つとともに、希望する専攻分野に関連する専門知識を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
研究に必要なコミュニケーション能力を有することを前提として、英語、数学、物理学、化学、生物学等について研究に必要な学力を持つとともに、希望する専攻分野に関する専門知識を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
理念・目的等
生物科学専攻は、生命科学分野の発展を担うため、生物学や基礎医学等の広範な分野で活躍できるより高度な知識や研究技能、並びに科学的思考能力を備えた人材の育成を理念としています。

求める学生像
  • 生命現象の科学的解明に強い意欲と好奇心をもつ人。
  • 生命科学の専門的な知識及び研究技能を有する人。
  • 国際性、コミュニケーション能力を持ち、生命科学を通じて社会に貢献したいと考える人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
本学のカリキュラムの内容を修得していることを前提として、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期>】
専門科目(生物科学・分子科学)及び英語について十分な基礎学力を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
研究に必要なコミュニケーション能力を有することを前提として、英語、数学、物理学、化学、生物学等について研究に必要な学力を持つとともに、希望する専攻分野に関する専門知識を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
理念・目的等
分子科学専攻は、分子及び分子集合体の構造や性質を解析し設計できるより高度な能力を持ち、自然現象を物理的及び化学的視点から解明する能力を持った人材の育成を理念としています。

求める学生像
  • 自然現象を物理的視点・化学的視点からより深く解明することに強い意欲を持つ人。
  • 自然科学について専門的な知識、解析能力を修得している人。
  • 内外の研究者との交流が可能なコミュニケーション能力を持った人。

入学者選抜方針
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
英語、数学、物理学、化学、生物学等について研究遂行に必要な学力を持つとともに、希望する専攻分野に関する高度な専門知識を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験】
英語、数学、物理学、化学、生物学等について研究に必要な学力を持つとともに、希望する専攻分野に関する専門知識を有することを前提として、実社会での経験を生かして意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
研究に必要なコミュニケーション能力を有することを前提として、英語、数学、物理学、化学、生物学等について研究遂行に必要な学力を持つとともに、希望する専攻分野に関する高度な専門知識を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
理念・目的等
生物科学専攻は、生命科学分野の発展を担うため、生物学や基礎医学等の広範な分野で活躍できるより高度な知識や研究技能、並びに科学的思考能力を備えた人材の育成を理念としています。

求める学生像
  • 生命現象の科学的解明に強い意欲と好奇心をもつ人。
  • 生命科学の専門的な知識及び研究技能を有する人。
  • 国際性、コミュニケーション能力を持ち、生命科学を通じて社会に貢献したいと考える人。

入学者選抜方針
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
生命科学を研究する上で必要な知識と経験を十分に持つとともに、得られた成果を国際的に発信するために必要な英語力、及び希望する専攻分野に関連する高度な専門知識を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験】
生命科学を研究する上で必要な知識と経験を十分に持ち、得られた成果を国際的に発信するのに十分な英語力を有し、実社会での経験を生かして意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験】
研究に必要なコミュニケーション能力及び生命科学を研究するうえで必要な知識と経験を十分に持つとともに、得られた成果を国際的に発信するために十分な英語力及び希望する専攻分野に関する高度な専門知識を有し、意欲的に研究に取り組める学生の入学を希望します。

アドミッション・ポリシー
医療系研究科

選抜者基本方針
医療系研究科は、学祖北里柴三郎博士の実学を重んじる精神を受け継ぎ、生命科学分野の教育・研究を進めています。医学研究の後継者、高度医療人養成、これらを可能とするため基礎医科学と臨床医科学との密接な連携を図り、これら諸科目を協働的に各専攻内に配置するプロジェクト教育体制を布き、社会が要求している高度医療に即応できるよう、医科学専攻修士課程では高度専門職業人、医学専攻博士課程では高度専門医療人の育成を実践しています。このため、医科学・医学に強い関心と学習意欲を有し、自ら課題を解決できる能力や応用力を有する入学者の選抜を行うことを基本方針としています。
  • 医科学専攻(修士課程)
  • 医学専攻(博士課程)
理念・目的等
医科学専攻修士課程は、医療技術系、薬学系、看護系、理工系などを修学した者で、医学・医療への貫献をめざす人材を主な対象として創設されました。より広い視野に立って医学・医療の深い学識を身につけ、医療科学分野での研究能力と専門技術を育むことを目的としています。また、学際的な研究が可能という最大の特徴を生かし、さまざまな領域で活躍する社会人が医学・医療の学識を身につけ、自分の専門分野にフィードバックしていく生涯学習の場となることも想定し、医学・医療関係者のみならず、多様な学問的背景を持った人材が幅広く集まり、さまざまな視点から研究テーマに取り組める高度専門職業人の養成を行う大学院です。

求める学生像
  • 医科学研究の後継者を目指す人。
  • 臨床医科学のみならず基礎医科学の視点からも問題解決できる人。
  • 医療人間科学分野において人間性に対する深い洞察力を涵養できる人。
  • チーム医療に貢献し、集約・集学医療職種と協働できる人。
  • 国際人かつ国際的研究を志す人。
  • 社会人として活躍しながら研究を志す人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
本大学在学中の成績が優秀で、研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
資料分析について十分な能力、英語長文の理解力を有し、かつ研究意欲のある者。さらに、研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。
【特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
大学学部卒業相当もしくは本大学院が定める職歴・研究歴を有し、資料分析について十分な能力があり、かつ研究意欲のある者。さらに、研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。

医科学専攻(修士課程)医学物理士養成コース
理念・目的等
医科学専攻修士課程医学物理士養成コースは、放射線技術系、理工系などの専門領域を修学した者で、放射線治療を専門とする医学物理士を目指す人材を主な対象として創設されています。より広い視野でがん治療に関する学識を身につけ、がん医療に従事する専門医療人として必須の専門技術を育み、新しい放射線治療技術の開発研究に携わる能力を身に着けることを目的としています。また、協調性をもちチーム医療に貢献できる、真に放射線治療を牽引する高度専門医療従事者の養成を行うコースです。

求める学生像
  • 診療放射線技師養成大学・学校・理工系大学において本コースに必要な専門領域を修学した者で放射線治療分野の医学物理士を目指す人。
  • 放射線治療の技術的問題点や課題を解決できる人。
  • 医療現場で人間性に対する深い洞察力と愛情とを涵養できる人。
  • チーム医療に貢献し、集約・集学医療職種と協働できる人。
  • 国際人かつ国際的な臨床技術開発の研究を志す人。
  • 社会人として活躍しながら研究を志す人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
本大学在学中の成績が優秀で、放射線治療に関する専門的研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
様々な物理学的・技術的事象の分析について十分な能力、英語長文の理解力を有し、かつ研究意欲のある者。さらに、放射線治療に関わる基礎的・臨床的研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。
【特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
大学学部卒業相当もしくは本大学院が定める職歴・研究歴を有し、物理・技術的事象の分析について十分な能力があり、かつ研究意欲のある者。さらに、研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。


医科学専攻(修士課程)臨床心理学コース
理念・目的等
医科学専攻修士課程臨床心理学コースは、臨床心理士及び公認心理師の資格取得を目指し、医療・福祉・教育・産業・司法の分野で臨床心理学の専門家として、社会貫献ができる人材を主な対象として創設されました。本コースは、臨床心理士資格認定協会の第1種指定大学院として認められています。医療系の大学院の中に設置されているという特色を生かして、医学・医療の学識も身につけた高度専門的な臨床心理士と公認心理師の養成を行うとともに、医療科学や臨床心理学分野での研究能力と幅広く臨床心理学を実践する専門技術を育むことを目的としています。

求める学生像
  • 臨床心理士及び公認心理師の資格取得を目指す人。
  • 医科学研究や医学教育に対して貢献することを目指す人。
  • 医療人間科学分野において人間性に対する深い洞察力を涵養できる人。
  • チーム医療や地域におけるメンタルヘルスの向上に貢献し、医療、教育、福祉、産業、司法など様々な領域で他職種と協働できる人。
  • 国際人かつ国際的研究を志す人。
  • 社会人として活躍しながら研究を志す人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
本大学在学中の成績が優秀で、資料分析について十分な能力があり、心理学の基礎的知識を持つ者。さらに、臨床心理の実践及び研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
資料分析について十分な能力、英語長文の理解力を有し、心理学の基礎的知識を持つ者。さらに、心理臨床の実践および研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。
理念・目的等
医学専攻博士課程は、医科学専攻修士課程の修了者や他の医学系、工学系研究科修士課程の修了者及び医学・歯学・獣医学課程の卒業者を対象に、修士課程の内容をさらに発展させて、基礎医科学分野、臨床医科学分野における高度の研究能力と専門技術を身につけた高度専門医療人の養成を行う大学院です。

求める学生像
  • 疾患のみにとらわれず、全人的医療を指向できる人。
  • 基礎医学及び臨床医学の先端的研究に基づいた医療の発展への寄与を志す人。
  • 科学的洞察力を持ち、高度専門職種内で指導者となれる人。
  • 医療人間科学分野において人間性に対する深い洞察力を涵養できる人。
  • チーム医療を推進し、集約・集学医療職種と協働できる人。
  • 国際人かつ国際的研究を志す人。
  • 社会人として活躍しながら研究を志す人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
本大学及び大学院在学中の成績が優秀で、かつ英語文献の読解力を有する者。さらに、研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有し、修士課程以前の研究あるいは研究のあり方を理解している者を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
資料分析について十分な能力、英語文献の読解力を有し、かつ研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・ 将来性を有し、修士課程以前の研究あるいは研究のあり方を理解している者を希望します。
【特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
大学院修士課程修了相当もしくは本大学院が定める職歴・研究歴を有し、英語文献の読解力があり、かつ研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有し、修士課程以前の研究あるいは研究のあり方を理解している者を希望します。

医学専攻(博士課程)
がん個別化医療専門医養成コース

理念・目的等
医学専攻博士課程における、がん個別化医療専門医養成コースは、医学部卒業者を対象に、がん薬物療法専門医、放射線治療専門医、緩和ケア専門医等の資格の取得を目指すと同時にがんゲノム情報に基づき、がん患者に対して臨床的・社会的背景に応じて個別に最適ながん治療を立案できる能力、ならびに遺伝性がん疾患に係る遺伝カウンセリングの手法を理解し対応できる能力、さらにこれに関連した臨床及び基礎研究に対応できる能力を有する人材の育成を目的としています。
求める学生像
  • 疾患のみにとらわれず、全人的医療を指向できる人。
  • がんゲノム情報に基づく基礎医学及び臨床医学の先端的研究に基づいた医療の発展への寄与を志す人。
  • 科学的洞察力を持ち、高度専門職種内で指導者となれる人。
  • 医療人間科学分野において人間性に対する深い洞察力を涵養できる人。
  • チーム医療を推進し、集約・集学医療職種と協働できる人。
  • 国際人かつ国際的研究を志す人。
  • 社会人として活躍しながら研究ならびに新医療技術開発を志す人。

入学者選抜方針
【推薦入学試験】
本大学在学中の成績が優秀で、かつ英語文献の読解力を有する者。さらに、研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有している者を希望します。
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
資料分析について十分な能力、英語文献の読解力を有し、かつ研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有している者を希望します。
【特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
本大学院が定める職歴・研究歴を有し、英語文献の読解力があり、かつ研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有している者を希望します。

アドミッション・ポリシー
感染制御科学府

選抜者基本方針
感染制御科学府は、感染制御と創薬に関する学際的かつ高度先端的な教育を実施し、実践的な研究能力、問題発見能力及び問題解決能力を有する高度専門研究者・技術者の育成を目的としていることから、入学者の受け入れにおいては、生命科学に関心を持ち、物事を科学的な視点で捉えるとともに、自力で課題を解決できる能力、応用力を持つ入学者の選抜を行うことを基本方針としています。
  • 感染制御科学専攻(修士課程)
  • 感染制御科学専攻(博士後期課程)
理念・目的等
感染制御科学府は、感染制御と創薬及び関連課題についての研究を推進し、本分野に特化した学際的で先端的な教育を行うことで、この分野の幅広い知識と技術を備えた人材を育成することを理念としています。

求める学生像
  • 生命科学の専門分野を理解するための基礎的分野について、十分な学力を有する人。
  • 感染制御と創薬に深い関心を有する人。
  • 国際的視野で物事を考えることのできる資質を有する人。

入学者選抜方針
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
生命科学の専門分野を理解するうえで必要な基礎的分野について、十分な学力を有し、研究に熱意を持った者の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
生命科学分野を専攻した者で、同分野において実務経験が2年以上あり、本務先の所属長から推薦を受けられる社会人の入学を希望します。
【特別選抜入学試験】
学業成績良好で志望専門分野への深い関心があり、研究者としての将来性を備え、研究への意欲の高い者(例えば、博士後期課程への進学を希望している等)の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
生命科学分野を理解するうえで必要な基礎的分野について、十分な学力を有し、日本語又は英語能力が一定レベル以上で、研究に熱意を持った者の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験< I 期・ II 期>】
生命科学分野を理解するうえで必要な基礎的分野について、十分な学力を有し、日本語又は英語能力が一定レベル以上で、研究に熱意を持った者の入学を希望します。
理念・目的等
感染制御科学府は、感染制御と創薬及び関連課題についての研究を推進し、本分野に特化した学際的で高度先端的な教育を行うだけでなく、独創的な研究展開を行い、他領域の研究者とも交流し、プロジェクトリーダーとなりうるような専門知識と高度な技術を備えた人材を育成することを理念としています。

求める学生像
  • 生命科学の専門分野を理解するための基礎的分野について、十分な学力を有する人。
  • 感染制御と創薬に深い関心を有する人。
  • 創造力や研究推進のための資質と能力を兼ね備えた人。
  • 感染制御と創薬を通じて社会的、国際的貢献に意欲のある人。
  • 国際的視野で物事を考えることのできる資質を有する人。

入学者選抜方針
【一般入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
生命科学分野において能力、学力に優れ、研究者としての将来性と資質を備え、プレゼンテーション能力を有した者の入学を希望します。
【社会人特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
生命科学分野を専攻した者で、同分野において修士課程修了後実務経験が2年以上あり、本務先の所属長から推薦を受けられる、研究者としての将来性と資質を備え、かつ、プレゼンテーション能力を有した社会人の入学を希望します。
【外国人留学生特別選抜入学試験<Ⅰ期・Ⅱ期>】
生命科学分野において、能力、学力に優れ、日本語又は英語能力が一定レベル以上で、研究者としての将来性と資質を備え、かつ、プレゼンテーション能力を有した者の入学を希望します。