主な変更点
  • 出願資格の
    変更について
  • 選抜方法の変更
    について

大学院
出願資格の変更について

1.理学研究科(博士後期課程)外国人特別選抜入試の出願資格を変更します

日本国籍を有しない者で、次のいずれかの条件を満たし、志望専門分野指導教授の面接試験を受けて、出願を認められた者

(1)本研究科において外国人留学生として在籍し修士の学位を授与された者及び2020年 3 月31日までに授与される見込みの者
(2)本研究科以外の国内の大学院において外国人留学生として在籍し、理科系の修士の学位を授与された者及び2020年 3 月31日までに授与される見込みの者
(3) 外国において、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び2020年 3月31日までに授与される見込みの者
(4)その他本研究科が、修士の学位又は専門職学位を授与された者と同等以上の学力があると認めた者
※(4)に該当する方は、出願資格審査がありますので、出願資格の有無を出願受付開始の 1 週間前までに入試係にお問い合わせください。

2.医療系研究科(修士課程)推薦入試の出願資格を変更します

次のいずれかの条件を満たす者で、出願に先立ち、志望専門分野の受入指導教授による事前面接を受けて、推薦を受けられる者

(1)2020年3月に本大学の修業年限4年の学部・学科を卒業見込みの者で、3年次までの成績が優秀(上位50%以内)で意欲のある者
(2)2019年3月に本大学の修業年限4年の学部・学科を卒業した者で、在学中の成績が優秀(上位50%以内)で意欲のある者
※本学専願者として取り扱います。(他大学との併願はできません)。
※編入学した方は出願できません。

3.医療系研究科(博士課程)推薦入試の出願資格を変更します

次のいずれかの条件を満たす者で、出願に先立ち、志望専門分野の指導教授による事前面接を受けて、推薦を受けられる者

(1)2020年3月に本大学の修業年限6年の学部・学科を卒業見込みの者で、5年次までの成績が優秀(上位50%以内)で意欲のある者
(2)2019年3月以前に本大学の修業年限6年の学部・学科を卒業した者で、学部・学科在学中の成績が優秀(上位50%以内)で意欲のある者
(3)2019年3月以前に本大学大学院の修士課程を修了した者及び2020年3月に本大学大学院の修士課程を修了見込みの者で研究科在学中の成績が優秀で意欲のある者

※医学部を卒業した者で臨床医科学群を志望する者は、2年間の研修医期間を経た者とします。
※本学専願者として取り扱います。(他大学との併願はできません)。
※(1)、(2)に該当し、編入又は学士入学した方は出願できません。

大学院
選抜方法の変更について

1.薬学研究科(修士課程・博士課程・博士後期課程)の選抜方法を変更します

①必要と認められた者に実施していた健康診断を取りやめます。また、出願書類の「健康診断書」を取りやめます。

②出願前に、志望専門分野(研究室)指導教員による口頭試問を課します。

2.薬学研究科(博士後期課程)外国人留学生特別選抜入試を2段階方式に変更します

筆記試験,口述試験及び出願書類等により入学志願者の能力・適性等を総合して判定します。
なお、出願前に志望専門分野を中心とした専門知識の修得度・熱意を確認するための口頭試問を受けてください。

第1次試験
筆記試験―①専門分野 1 科目(専攻する専門分野 1 科目)、②外国語…英語
(英語または日本語で出題、解答。出願時に選択)
ただし,志望専門分野指導教員の学力認定が得られた者、外国政府派遣留学生及び日本政府又はこれに準ずる団体から奨学金を受ける留学生については免除する場合があります。

第2次試験―第1次試験合格者のみ―
口述試験―①修士論文等のテーマについて、②博士後期課程に進学後に取り組みたいと考えている研究の概要と目指すゴールについて日本語又は英語でプレゼンテーション及び質疑応答を行います。

大学院
専門分野の募集開始について

医療系研究科医学専攻博士課程 臨床医科学群 膠原病・感染内科学分野の募集開始について

【募集分野】医学専攻博士課程 臨床医科学群 膠原病・感染内科学分野
【研究指導教授】山岡 邦宏 教授
【研究内容】
  1. サイトカインネットワークを中心とした関節リウマチの病態解明に関する研究
  2. 膠原病の中枢神経病変の発症における自己抗体の役割に関する研究
  3. 膠原病における脳血液関門の破壊のメカニズムに関する研究
【募集開始時期】2019年度Ⅱ期入学試験