北里大学病院は、いつでもどんなときでも患者さんの安心と安全のお役に立てるよう活動を続けます。

北里大学病院

背景色
  • 白
  • 黄
  • 黒
文字サイズ
  • 標準
  • 大

English

中央滅菌材料センター

センター長あいさつ

中央滅菌材料センター

中央滅菌材料センター(以下中材)は、手術をはじめとする日常診療で用いる医療器材・機器・医療材料の洗浄・滅菌・保守・管理、総合手術センターにおけるディスポーザブル医療材料・器材の管理・準備、手術センターの環境整備を行う部署で、いわば病院にとっての縁の下の力もちに相当します。医療器材にはそれぞれ洗浄滅菌方法や使用回数が定められており、無数に存在するそれら器材を間違いなく管理することは、手術をはじめとする病院診療に必須です。さらに、日進月歩の医療には常に新しい医療器材が必要となりますが、それらの導入において各部署と中材で審議することにより、効率よい器材の導入や安全な使用に貢献しています。
中材の運営は、専任の看護師を中心に専門の知識や技術を有する委託業者によって行われており、医師や手術センター・感染対策専任看護師・臨床工学技士を含めた多職種による運営委員会を定期的に開催し、課題の解決に努めています。

中央滅菌材料センター長 田中 潔

中央滅菌材料センターの特徴

中央滅菌材料センターは、主に手術で使われたピンセット等を再生する部門です。
医師や看護師等が本来の業務に集中できるよう、黒衣として安全で安心な医療提供を支えています。

ページの先頭へ

Copyright © 2019- 北里大学病院. All Rights Reserved.