北里大学海洋生命科学部

北里大学海洋生命科学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 学部案内
  • 教育・研究
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 進路・就職
  • 大学院

大学院概要

トップ 大学院大学院概要

大学院概要

 海洋生命科学部(平成20年度に水産学部より名称変更)は昭和47年に設立以来、学部レベルでの水産増養殖および水産利用を対象とする教育・研究を行ってきました。この間、水産業をとりまく国内外の情勢は漁業専管水域の設定を機に大きく変化し、わが国水産業の質的変換が迫られるようになりました。一方、人類共通の生物資源である海洋生物の有効利用がクローズアップされるなど、水産学の内容は多様化し、関連する科学技術も長足の進歩を遂げています。このような時代の進展に対応し、より高度の教育・研究を行い、深い学識と研究能力を備えた専門家を養成するために昭和51年4月、大学院水産学研究科修士課程が設置されました。昭和53年4月には引き続き大学院水産学研究科博士後期課程が設置され、平成8年度には在職のまま入学できるよう社会人に対して大学院の門戸を開いています。また、大学院教育をさらに充実するために、平成10年度、株式会社海洋バイオテクノロジー研究所との連携大学院を発足させ、1客員研究室を開設しました。さらに、平成12年度には大学院における研究、教育の活性化を図るため、研究科の改組を行ない、 水産増殖学、環境生物学、応用生物化学専門分野からなる水産学研究科水圏生物科学専攻を設置するに至りました。なお、海洋バイオテクノロジー研究所との連携大学院は同研究所の閉鎖に伴ない平成19年度をもって終了しましたが、 平成22年度からは海洋開発研究機構(JAMSTEC)、平成24年度からは独立行政法人水産総合研究センターとの連携大学院が発足しています。学部・研究科はこのように海洋の生命過程の理解を通して海洋生物資源を考えるという特色ある理念の下、教育研究を展開してきましたが、この特色をより鮮明化するため、平成24年度よりその名称を海洋生命科学研究科に改めました。  大学院海洋生命科学研究科海洋生命科学専攻修士および博士後期課程の各専攻分野の各教員の専門分野と研究分野は別表に掲げたとおりです。これらの研究室において行われている研究のめざすところは水産資源生物をはじめとする海洋生物資源を持続的にかつ高度に利用するための基礎的、応用的研究を実施するところにあります。21世紀後半に予想される世界人口は100億ともいわれますが、これらの人々に対して食糧の安定供給を保障することが水産学を初めとする農学の課題です。 海洋をはじめとする地球表面積のおよそ7割を占める水圏をその活躍の場とする水産業には良質のタンパク質である魚介類の持続的な供給という重大な責任と義務とが課せられています。しかしながら、持続可能な魚介類生産を行うには、生物資源管理や生息環境の保全など人類に共通する地球規模のさまざまな困難な課題を解決していかねばなりません。本研究科の人材養成の目的は、水産学諸分野で培われてきた伝統的技術と最新の科学技術を駆使して、海洋生命科学に付託されたこのような課題の本質を国際的視野をもって究明することができる研究者・専門技術者を養成することにあります。

海洋生命科学研究科における人材養成目的、教育課程編成・実施方針、学位授与方針について

1.人材養成目的等の内容
海洋生命科学研究科は,水産学諸分野で培われてきた伝統技術とともに最新の科学技術を駆使して,水産学に付託された生物資源管理や生息環境の保全等に関わる課題の本質を国際的な視野に立って解明することができる専門技術者・研究者を養成することを目的とする。そのための教育研究上の目的は,海洋生物資源を持続的にかつ高度に利用するために求められる基礎知識・技術・理論の修得とその応用力の養成とする。
2.「教育課程編成・実施方針」(カリキュラムポリシー)
海洋生命科学研究科では,国際的視野の下に海洋生物の生息環境を保全して生物資源を管理し,その持続的な利用を図るという社会の要求に高度に対応できる人材の育成を目指す。これの達成のために,多彩な学術的内容を包含する海洋生命科学の専門技術者・研究者に求められる高い専門的能力と広範囲にわたる専門知識の両方をバランスよく獲得できるカリキュラム編成を基本とする。
3.「学位授与方針」(ディプロマ・ポリシー)
国際的視野の下に海洋生物の生息環境を保全して生物資源を管理し,その持続的な利用を図るという社会の要求に高度に対応できる能力の獲得をもって学位を授与する。

専門分野の概要(増殖生物学専門分野)

 本分野は、国内外の水産増養殖に関わる水生動物の生理、生態、遺伝子、内分泌、病理などの最先端の科学技術や研究を理解し、問題解決を可能にする能力を習得することを目標としている。そこで水産増殖学、水産分子生物学、水族生理学、水族病理学、水族機能生物学、水族育種生物学にかかわる多様な内容の講義、演習、実験を通じて実践的教育を実施する。
大学院生は、各自の研究テーマに関して、問題の把握、知識情報の収集整理、問題解決のための知識と技術を習得し、修士論文作成のための研究を行い、その成果を公開するための研究者として必要な知識と技術を習得する。本講座では、増養殖分野での諸問題に対して主体的に対応して社会に貢献できる人材の育成を目指している。これらの教育・研究の目標を達成するための研究分野について紹介する。

専門分野の概要(環境生物学専門分野)

 本分野は沿岸海洋生態学、海洋基礎生産学、環境微細藻類学ならびに連携大学院として横須賀市に設置されている海洋研究開発機構(JAMSTEC)の深海生物学の4つの研究室からなり、それぞれ次のような概要で研究を行っている。

専門分野の概要(応用生物化学専門分野)

 本分野は食品機能化学や水産物の安全性確保、海洋生物毒や生理活性物質等未利用生物資源の高度有効利用法の開拓を目的とし、水産食品化学、水産生物化学、水産資源化学および生体物質機能学の4つの研究室がそれぞれの研究テーマに取り組んでいる。