北里大学海洋生命科学部

北里大学海洋生命科学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 学部案内
  • 教育・研究
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 進路・就職
  • 大学院

教育プログラム

トップ 教育・研究 教育プログラム

海洋生命科学部が掲げる教育理念と学習・教育目標

北里大学海洋生命科学部海洋生命科学科は、環境生物学、増殖生物学、応用生物化学の3講座からなり、水圏生物の利用に関わる幅広い分野で活躍できる人材育成のための教育プログラムを編成しています。

教育理念

海洋は生物資源の宝庫です。海洋生命科学は多様で豊かな海洋の生物資源を対象とする応用科学であり、魚食文化という長い歴史を持つ我が国の海洋生命科学は世界をリードする立場にあります。

北里大学海洋生命科学部海洋生命科学科では、海洋生命科学一般の専門技術とその基盤となる学問領域を学ぶばかりでなく、社会の仕組みを理解し、国際的な視野を備えた人材、自らの意見を持ち、それを伝える能力・判断力・実践力をもつ人材の育成を教育理念としています。

教育内容

本プログラムが提供する教育内容は以下のようにまとめられます。

1. 生物資源維持と地球環境の保全に関わる知識・技術
2. 生物科学にかかわる先端的な科学技術に関する基礎知識
3. 水圏生物の永続的・有効利用に関わる知識・技術
4. 水圏生物の利用に関わる社会的・国際的視野及び倫理観

これらの内容を効率よく学習できるように設定したカリキュラムおよび教育環境、教育資源が「海洋生命科学科プログラム」です。

教育方針

本教育プログラムの教育基本方針は以下の3つにまとめられます。

1. 教育の目的を水圏生物の生命過程の理解に置く
2. 生物学と化学の両域にまたがって教育を行う
3. 教育の対象を 1)水圏生物の生理、生態学的特性、2)水圏生物と生息環境の関わり、3)水圏生物諸成分の高度有効利用、に集約する 。

プログラムの学習・教育目標

海洋生命科学科プログラムは、北里大学が掲げる学祖北里柴三郎博士の4つの教え、1)開拓の精神を持ってことに当たれ、2)叡智と実践を心がけよ、3)不撓不屈の精神を持て、4)報恩の精神、を学修・生活の基本として次の8つの学習教育目標を設定しています。

このプログラムでは次の8つの学習・教育目標を達成したものをプログラム修了者として認定します。これらの学習・教育目標は各目標に対応する授業科目を履修することにより達成できるようになっています。

「海洋生命科学科プログラム」の学習・教育目標

北里大学海洋生命科学部では、この海洋生命科学科カリキュラムが技術者教育プログラムとして客観的に認定されるようになり、平成16年度に日本技術者教育認定機構(JABEE)[JABEEホームページ http://www.jabee.org/]   による審査を受け、認定されました。

従って、平成16年からの卒業生はJABEEプログラムの修了生となり、「修習技術者」としての資格を得ます。なお、本教育プログラムは更なる質的向上を目指し、今後とも継続的な改善を行っていきます。

1. 地球的・社会的視点の必要性を述べることができる
2. 多様な価値観や文化に配慮することができる
3. 社会が抱える問題点を列挙できる
4. 水圏生物及び水圏環境と人間との関わりを説明できる

1. 生物学、化学、物理学の基礎的用語を説明できる
2. 自然現象や科学技術を生物学、化学、物理学の基礎知識に基づいて認識できる
3. 数理的考え方を問題解決に適用することができる
4. コンピューターの基本操作ができる

1. 生物資源としての水圏生物の化学的特性を説明できる
2. 水圏生物資源を永続的に利用するうえでの、生物の多様性とそれを育む環境の重要性を認識できる
3. 水圏生物の生理生態学的特性を群、個体、細胞、分子レベルから説明できる
4. 増養殖・育種、資源管理、食品製造・流通に関わる技術について説明し、その問題点を指摘できる
5. 習得した知識を問題解決に応用できる

1. 多様な手段を用いて情報収集ができる
2. 収集した情報を適切に整理できる
3. 情報を客観的かつ批判的に分析することができる
4. 課題解決のための仮説を設定し、検証のための実験計画を立てることができる

1. 協力して調査・研究ができる
2. 与えられた条件下で調査・研究ができる
3. コンピューターを用いてデータを解析することができる
4. 得られた結果を客観的に考察することができる
5. 期限内に論文をまとめることができる

1. 英文の科学論文を読み、要点をまとめることができる
2. 論旨の通った文章を日本語で書くことができる
3. コンピューターを用いて効果的なプレゼンテーション資料を作成することができる
4. 研究内容について日本語で要領よく説明できる
5. 外国人と平易な英語でコミュニケーションができる

1. 生命倫理および環境倫理に関する諸問題を列挙できる
2. 製造物責任法とその対応策であるHACCPの原則を説明できる
3. 生物資源維持と環境保全の重要性を説明できる
4. 人類の活動が海洋の現象に影響を及ぼしうる例を列挙できる
5. 科学の功罪について説明することができる

1. 自ら短期目標を設定し、達成度を評価し、自己改善につなげることができる
2. 最新の知識や技術に興味を持つことができる
3. 学習のための機会や手段を有効かつ積極的に活用することができる

JABEE認定が意味すること

JABEEの認定を受ける最大の意義は教育の質の保証と継続的向上です。JABEEではカリキュラムの内容、量およびその実施方法、さらには教育環境や教育改善システムなどが教育目標を達成するために十分なものであるかを、詳細かつ客観的に評価します。

JABEEの認定を与えられたプログラムの修了者は「JABEEプログラム修了生」と認められ、修習技術者の資格が与えられます。この資格を得たものは高度な知識・技術とその応用力を身につけた技術者として社会的に評価されます。

また、修習技術者は日本技術士会に登録することで技術士補の資格を取得できます。わが国の現在の魚介類の輸入額は1.7兆円にのぼり半導体についで第4位となっています。この事実は多面的・国際的な視点をもった技術者が海洋生物の利用に関わる幅広い分野で必要とされていることを示しています。JABEEプログラム修了生の認定を受けることは、このような場での活躍に大いに役立つことでしょう。