医学部,入学試験,大学案内,オープンキャンパス,AO入試,過去問

学校法人北里研究所

学校法人 北里研究所

  • ホーム
  • 入学したい
  • 大学を知りたい
  • 学部を知りたい
  • 学生生活を楽しむ
  • 卒業したら
  • 地域・一般の皆様
  • 研究・産官学連携はこちら

医学部一般入学試験要項

トップ 入学案内 入学試験について(大学学部) 一般入学試験【前期・後期、I期・II期・III期】医学部一般入学試験要項

募 集 人 員 医学科 84名 
※山梨県地域枠2名、茨城県地域枠2名、相模原市修学資金枠1名を含む。
   神奈川県地域枠5名は入学後に募集します。
   (地域枠・修学資金枠についてはこちら
出願受付期間 平成27年12月17日(木)〜平成28年1月25日(月)必着
試  験  日 第1次試験 平成28年1月30日(土)  相模原キャンパス
第2次試験 平成28年2月6日(土)・2月7日(日)  相模原キャンパス
(試験日選択)
合格発表日時 第1次試験 平成28年2月 4日(木)15:00
第2次試験 平成28年2月10日(水)15:00
入学手続締切日 平成28年2月18日(木)
出 願 資 格 次のいずれかの条件を満たす者
( 1 )高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者及び平成28年3月卒業見込みの者
( 2 )通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成28年3月修了見込みの者
( 3 )学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び平成28年3月31日までにこれに該当する見込みの者
a.外国において、学校教育における12年の課程を修了した者及び平成28年3月31日までに修了見込みの者、またはこれらに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの
b.文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成28年3月31日までに修了見込みの者
c.専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成28年3月31日までに修了見込みの者
d.文部科学大臣の指定した者
e.高等学校卒業程度認定試験規則により文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者及び平成28年3月31日までに合格見込みの者で、平成28年3月31日までに18歳に達する者(大学入学資格検定規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
f.本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、平成28年3月31日までに18歳に達する者
選 抜 方 法
(判定方法)
〈第1次試験〉
・学力検査:
【数 学】数学 I (「データの分析」を除く)、数学 II 、数学 III 、数学A、数学B(「確率分布と統計的な推測」を除く)
【理 科】次のうちから 2 つを選択 (出願時に選択)
(1) 物理基礎、物理(「原子」を除く)
(2) 化学基礎、化学
(3) 生物基礎、生物
【外国語】コミュニケーション英語 I 、コミュニケーション英語 II 、コミュニケーション英語 III 、英語表現 I 、英語表現 II 

(試験時間) 数学:80分、理科:100分、外国語:70分
(配点) 数学:150点、理科:200点、外国語:150点

〈第2次試験〉−第1次試験合格者のみ−
・適性検査 ・論文 ・面接
・出身高等学校長の調査書
等により入学志願者の能力・適性等を総合して判定します。

(試験時間) 論文:90分,適性検査:90分,面接 (個人・グループ)

(論文について)
論理的思考能力、記述力、表現力、考察力、理解力を評価します。出題形式は、一つのテーマについての論述とします。
(面接について)
将来医師としての職業に直結する受験生の人物、意欲、適性を評価します。形態は、グループ面接または個人面接、あるいは両方を複合した方式で行います。
(健康診断について)
健康診断は、必要と認められた者のみ実施します。対象者については第2次試験当日に通知します。
試験日選択制 第2次試験において、2日間設けられた試験日から、いずれかの試験日を選択します。(出願時登録)。
山梨県
地域枠について
第2次試験の通常の面接に加えて、山梨県の奨学金制度の適用を受けるための面接を実施します。(出願時に選択)
茨城県
地域枠について
本学出願受付開始前に茨城県に出願書類を提出し、修学資金制度の適用を受けるための面接を受けてください。
茨城県への応募期間:10月〜11月中旬頃を予定
茨城県への出願書類・面接についてはこちら
[お問い合わせ先:茨城県医療対策課医師確保対策室(TEL 029-301-3191)]
その後、本学入学志願票の「茨城県地域枠」を選択して出願してください。
相模原市
修学資金枠
について
第 2 次試験の通常の面接に加えて、相模原市の修学資金制度の適用を受けるための面接を実施します。(出願時に選択)
本学出願とあわせて相模原市に出願書類を提出してください。
相模原市への応募期間:平成27年12月17日(木)〜 平成28年1月25日(月)必着
相模原市への出願書類についてはこちら
[お問い合わせ先:相模原市地域医療課医療政策担当(TEL042-769-9230)]
神奈川県
地域枠について
入学者(指定校推薦入学を含み、学士入学を除く)の中から入学後に募集・選考を行います。
入学検定料 60,000円
特待生制度 平成28年度入学生より、一般入試の成績に基づく「入学時特待生」と在学時の学業成績に基づく「在学時特待生」を選考します。詳細はコチラ



 

医学部一般入試(地域枠・修学資金枠)について

医学部一般入試では募集人員84名中に地域枠・修学資金枠を設けています。
志願者は出願時に一般枠,山梨県地域枠,茨城県地域枠,相模原市修学資金枠の中からひとつを選択して出願してください。神奈川県地域枠は入学後に募集・選考を行いますので,希望する場合は一般枠を選択してください。
試験は同一日程,同一試験で実施し,別途修学資金の貸与を受けるための面接が付加されます。
地域枠・修学資金枠に選ばれなかった場合でも一般入試の合格基準に達していれば一般入試の合格者となります。一般入試合格者として入学手続を完了すると地域枠・修学資金枠の候補者として登録され,地域枠・修学資金枠合格者が入学を辞退した際に繰り上げ合格となります。
また,医学部の特待生制度と併用することが可能です。


相模原市修学資金枠  募集人員1名(出願時に選択)

相模原市修学資金枠は将来,相模原市の総合診療医として医師の業務に従事しようとする意思がある者を対象に「相模原市地域医療医師修学資金貸付制度」により修学資金の貸与を受ける者を選抜します。
採用された者は,医師免許取得後,一定期間,相模原市内の指定医療機関に勤務することが返還免除の要件となります。
試験は,第2次試験の通常の面接に加えて,修学資金制度の適用を受けるための面接を実施します。
本学出願とあわせて相模原市に出願書類を提出してください。
相模原市への応募期間:平成27年12月17日(木)〜 平成28年1月25日(月)必着
相模原市への出願種類についてはこちら
[お問い合わせ先:相模原市地域医療課医療政策担当(TEL 042-769-9230)]

山梨県地域枠  募集人員2名(出願時に選択)

山梨県地域枠は将来,山梨県の地域医療に従事する明確な意思を持った者を対象に「山梨県医師修学資金制度」により修学資金の貸与を受ける者を選抜します。
採用された者は,医師免許取得後,一定期間,山梨県内の指定医療機関に勤務することが返還免除の要件となります。
試験は,第2次試験の通常の面接に加えて,修学資金制度の適用を受けるための面接を実施します。


神奈川県地域枠  募集人員5名(入学後に募集)

神奈川県地域枠は将来,神奈川県の地域医療に従事する明確な意思を持った者を対象に「神奈川県地域医療医師修学資金制度」により修学資金の貸与を受ける者を選抜します。
採用された者は,医師免許取得後,一定期間,神奈川県内の指定医療機関に勤務することが返還免除の要件となります。
入学者(指定校推薦入学を含み,学士入学を除く)の中から入学後に募集・選考を行います。


茨城県地域枠  募集人員2名(一般入試出願前に面接,出願時に選択)

茨城県地域枠は(1)茨城県内の高等学校を卒業した者,若しくは,(2)茨城県内に居住する者の子を対象に「茨城県地域医療医師修学資金貸与制度」により修学資金の貸与を受ける者を選抜します。
採用された者は,医師免許取得後,一定期間,茨城県内の指定医療機関に勤務することが返還免除の要件となります。
本学出願受付開始前に茨城県に出願書類を提出し、修学資金制度の適用を受けるための面接を受けてください。
茨城県への応募期間:10月〜11月中旬頃を予定
茨城県への出願書類・面接についてはこちら
[お問い合わせ先:茨城県医療対策課医師確保対策室(TEL029-301-3191)]
その後、本学入学志願票の「茨城県地域枠」を選択して出願してください。