東北地方太平洋沖地震 東日本大震災による本学の被災状況と対策

北里大学

学校法人 北里研究所

  • ホーム
  • 入学したい
  • 大学を知りたい
  • 学部を知りたい
  • 学生生活を楽しむ
  • 卒業したら
  • 地域・一般の皆様
  • 研究・産官学連携はこちら

救援バス第二便を現地に派遣しました

トップ 東日本大震災による本学の被災状況と対策救援バス第二便を現地に派遣しました

平成23年3月15日
北 里 大 学


 本学では3月15日(火)午後2時、三陸キャンパスの学生の皆さんを救出するために、救援バス第二便2台を青森県十和田市から現地に向けて派遣いたしました。概要は次のとおりです。


目 的 学生等の救出
出発日 3月15日(火)午後2時
出発地 青森県十和田市(北里大学十和田キャンパス所在)
目的地 北里大学三陸キャンパス(大船渡市)
到着日 3月15日(火)20時(予定)
車 両 チャーターバス2台(乗車定員60人、計120人)

 救援バス第二便は、緊急用車両として必要な高速自動車道特別通行許可証を取得し、本日午後2時に十和田を出発し、現地に向かいました。現地には本日午後8時頃到着の予定です。

 現地では首都圏への移動に備えて、大学医療チームによる学生の皆さんの健康診査をすすめています。到着後、道路事情など移動の安全が確認でき次第、白金キャンパスに向けて出発します。現地出発時刻は本日午後9時頃を、白金キャンパス到着は3月16日(水)午前8時頃を予定しています。

 到着時刻は、道路事情その他の影響により遅延することがあります。首都圏への移動の詳細と第二便乗車リストにつきましては、大学HPに順次掲載いたします。

 大学は、さらに救援バス第三便の派遣も計画しています。


※関連情報 : 本学HP「救援のためのチャーターバスの派遣について」
救援バス第一便が首都圏に向けて出発しました
本学HP「「救援バス第一便 乗車リスト」はこちらです」