高度医療技術者、健康科学の担い手を育成。生命科学の次世代の扉を開きます。

医療衛生学部は、現代医療で主流の「チーム医療」を支えるコ・メディカルスタッフの不足という社会的要請から生まれた学部です。優秀なスタッフと研究者の育成に、大きな期待が寄せられています。現実に即応した4学科6専攻で医療関連技術者に対応する学科専攻を開設した、日本で初めての医療系学部です。 生命科学の総合大学という、恵まれた環境の中で高度な医療と医学の基礎を研究し、学ぶことができます。

医療衛生学部の位置づけ

生命科学

医療衛生学部から目指せる仕事/資格

4つの附属病院

北里大学の特徴は、北里大学病院をはじめとする4つの附属病院があり、臨床にリンクした教育現場となっています。学年が進むにつれ専門性を深めていける科目群によって知識・技術を修得し、さらに高度な専門知識を身に付けるための選択科目が用意されています。また、4つの附属病院を中心に行われる充実した臨床実習によって最先端の医療現場を経験し、臨床での応用力、実践力を磨くことができます。こうした日本有数の臨床教育現場を背景に、実際の医療現場で活躍できる人材の育成はもちろん、豊富な臨床データを生かした最先端の研究・開発を行い、将来それぞれの専門分野でリーダーとなる研究者の育成をめざしています。 みなさんも北里大学という恵まれた環境で、医療人として、研究者としての素養を磨き、高度な専門性を備えた医療の先駆者をめざしてください。