本文へスキップ

北里大学 医療衛生学部 医療検査学科

細胞検査士とはAbout Cytotechnologist

  人体を構成する最小の単位は細胞です。ひとことに細胞といっても非常に多くの種類が存在し、顕微鏡で観察すると
  それら細胞には特有の「顔つき」があります。この「顔つき」が疾患(特にがん等)によっては変化します。その変化
  を見逃さず探し出し、診断するのが細胞診です。細胞検査士(Cytotechnologist; CT)とは、がん等の疾患を顕微鏡を用
  いて細胞レベルで検査する臨床検査技師であり、がんの早期発見に欠かせない専門家です。

細胞検査士になるには

この資格を得るためには、日本臨床細胞学会が認定する試験に合格しなければなりません。
これまでの受験資格はまず臨床検査技師の資格を取得後、1年間以上細胞診業務に従事するか、養成所に入学し専門教育をうける必要がありました。 北里大学医療衛生学部細胞検査士コースにおいては、学部教育の一環として専門教育を行うため、コース修了者は在学時 (4年生)に受験できるよう認可されています。

細胞検査士 [C.T., J.S.C.] Cytotechnologist, Japanese Society of Clinical Cytology
日本臨床細胞学会が認定する資格で毎年10月から12月に試験が実施されます。試験は毎年1回行われ、1次試験(10月)と2次試験(12月)があり、最終的な試験合格率の全国平均は毎年約25%です。当細胞検査士コースは、徹底した専門教育により100%近い合格率を誇っています。

さらには
国際細胞検査士 [C.T., I.A.C.] Cytotechnologist, The International Academy of Cytology
国際細胞学会が認定する国際細胞検査士資格(日本の細胞検査士資格取得後受験可能)があれば海外で細胞検査士として活躍することが可能です。当細胞検査士コースを修了し、この資格を取得後、海外の医療施設に就職した卒業生もいます。

北里大学医療衛生学部臨床細胞学ビルダークリニック

〒252-0373
神奈川県相模原市南区北里1-15-1
TEL 042-778-9633
FAX 042-778-9648