• 学科・専攻 独自サイト
  • 学術国際交流
  • 研究・産学連携
  • 各種証明書の申請手続方法

学術国際交流

  • HOME
  • 学術国際交流

国際的に通用するコメディカルスタッフを養成

医療衛生学部では、国際的な視野と高い専門知識を持った国際社会に通用するコメディカルスタッフを養成することを目的とし、米国フィラデルフィアにあるトーマスジェファーソン大学(Thomas Jefferson University:TJU)との学術国際交流を行っています。これまでに、本学部では、TJUとの間で合計69名の受け入れ(うち学生61名)と109名の派遣(うち学生84名)を実施してきました。

医療衛生学部のこれまでの国際交流の実績

医療衛生学部の国際交流は、交換留学制度として平成9年に医療検査学科(当時、衛生技術学科臨床検査学専攻)の細胞検査士コースから始まり、同12年からは理学療法学専攻と作業療法学専攻、同18年には診療放射線技術科学専攻も加わり、現在に至ります。

続きを読む

医療検査学科

毎年3月に、3年生2名がTJUに3週間滞在し、細胞検査士コースに参加しています。米国の臨床細胞学教育を体験し、さらに米国病院における細胞検査の実態を詳細に知ることができ、そして何よりも同世代の米国の学生との交流により異文化間の相互コミュニケーションを体感できています。毎年6月にはTJUの学生2名が北里大学に3週間滞在し、細胞検査士コースのほか、医療検査学科や医療衛生学部の多くの研究室を見学し、医療の実情や最先端の研究について紹介しています。

作業療法学専攻、理学療法学専攻、診療放射線技術科学専攻

毎年3月に1週間、TJUの学生(各専攻2名:計6名)の北里大学への受け入れと北里大学の学生(各専攻2名:計6名)のTJUへの派遣を1年交代で実施しています。大学や医療機関の見学はもちろんのこと、講義を受けたり、資格制度や医療システムの違いに関する情報交換などを行っています。また、学生だけでなく、教員間においても互いの教育技法についての議論や共同研究を模索するなどのプログラムを実施しています。現在、TJUには日本文化や医療制度の違いを学習する科目が設置されており、本学部も国際交流に主眼をおいた科目の設置を視野に入れています。単に年1回交流するだけではなく、インターネットを活用して、リアルタイムでお互いの情報を交換するWeb会議を行うことも検討しています。

●これまでのTJUとの交流の様子や交換留学生からの報告は、以下のリンクからご覧になれます。(準備中)

国際交流活動の深化と発展

これまでの北里大学とTJUとの交流をさらに発展させるために、平成27年3月に北里英郎学部長をはじめ6名の教員でTJUを訪問し、新たな国際交流協定書に調印しました。また、平成28年3月には北里英郎学部長をはじめ7名の教員と3名の職員がTJUを訪問し、下記の『国際チーム医療演習』実施に向けたシナリオの打ち合わせ、派遣予定学生との面談、より広い専門分野における国際交流の模索、円滑な留学生受け入れに係る事務職員の情報交換と視察を行いました。

続きを読む

さらに、平成28年11月~12月には、北里英郎学部長をはじめ4名の教員と3名の職員でチェコ共和国・Charles University(カレル大学)とオーストリア共和国・FH Campus Wienを訪問し、『国際チーム医療演習』についての説明と意見交換、FH Campus Wienではさらに派遣予定学生との面談を実施し、次の国際交流協定の締結に向けて活動を始めました。いずれの大学でも手厚い歓待を受け、今後の国際交流活動の深化を相互に確認できました。

●国際交流活動の発展に向けた教職員による交流の様子は、以下のリンクからご覧になれます。

国際チーム医療演習

北里大学では、医療系4学部と2専門学校を擁し、14に及ぶ医療専門職を育成する教育を展開しています。また、大学附属の4つの病院と連携した臨床教育も大きな特徴となっています。これら本学の特性を生かし、学部間および学部・病院間の教育連携による『チーム医療教育プログラム』を、他校に先駆けて平成18年度より必修科目として開設、実施しています。他職種の知識・技術、患者接遇を理解させ、職種間の相互理解と連携、協働できる能力や患者を総合的にケアする能力を養う上で欠かせないプログラムとなっています。この『チーム医療演習』を、世界各国で医療を学ぶ学生とともに実施することで、より国際的な視野と高い専門知識を持った国際社会に通用するコメディカルスタッフの養成に取り組むためのプログラムが、国際チーム医療演習』です。

続きを読む

この『国際チーム医療演習』は、平成27年度に北里大学学長助成金の支援を得て、相模原キャンパスにてTJUと北里大学の2大学での初めて実施しました。TJUからは5名の学生、北里大学からは36名の学生が参加し、5チームに分かれて丸一日、患者さんにとって最善の医療とは何か議論するとともに、日米の医療制度や保険制度の違いについても議論と理解を深めました。平成28年度も学長助成金の支援をいただき、TJUからの2名に加えて、チェコ共和国・Charles University(カレル大学)から2名、オーストリア共和国・FH Campus Wienから2名の計6名の海外からの学生を迎えて、平成29年3月2日に実施予定です。今後もこの制度を継続・発展させることによって、医療を担う若い人材が、国際感覚に優れた広い視野に立ち、育っていくことを期待しています。

●これまでの『国際チーム医療演習』の概要や演習中の様子は、以下のリンクからご覧になれます。

平成28年度『国際チーム医療演習』

平成27年度『国際チーム医療演習』

演習中の様子(写真)