専攻の特色

1. 少人数制の指導による高い合格率

photo

2. 人材の育成

リハビリテーション学科視覚機能療法学専攻では、眼の構造から疾患までの幅広い知識と視機能評価法を習得します。斜視や弱視等を発見し、医師と共に適切な治療プログラムを組み、研究を遂行する力を備え、新しい分野の教育・研究ができる視能訓練士の養成が目的です。そのための教育研究上の目的は【①疾患から最新研究まで眼の多面的な学習】、【②視能訓練士に必要な視覚の基礎知識から検査治療の実践までの段階的習得】となります。

photo
3年生前期のカリキュラム例
 
1限 リハビリテーション
医学
眼科薬理学 視能矯正学総論   神経眼科学
2限 生理光学 眼科学 視能矯正学総論
3限 視能矯正学総論 生理光学実習 視能矯正学総論 医療工学
4限    

3. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

視能訓練士国家試験受験資格を得るための指定規則に則り、自主的な人間形成や主体的勉学を促すだけでなく、問題点を科学的に評価して適切な判断を行い、新しい分野の研究・教育において指導的役割を担う視能訓練士になるためのカリキュラムを編成しています。科学の進歩や医療のニーズに幅広く対応し、視覚の基礎知識から検査、治療、訓練の実践までを段階的に修得できるよう、講義・実習・臨床実習を適切なバランスで時間配分しています。

photo

4. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

加齢に伴う視機能の低下や、さまざまな疾患が原因で生じる視力・視野障害などの視機能障害を適切に評価するための知識・技術を習得します。チーム医療の一員である視能訓練士として患者の治療に貢献できる能力を身につけ、医療の現場に限らず、教育の現場でも指導的役割を担うことができる者や、予防医学・健康科学を主体とした人の健康を支えるスタッフとなり得る知識と技術を習得した者に学位を授与します。

photo