教員挨拶

皆様、こんにちは。

近年の医療技術の進歩は目覚ましく、その中でも眼科学はトップクラスです。皆様も近視矯正手術など耳にするでしょう。そのような中で視能訓練士の需要、技術は確実に高まっています。

本専攻は少人数の教育体制により、生徒一人一人に目が行き届き、感じた悩み、疑問をいつでも相談できる環境を整えています。そして何より新設の素晴らしい大学病院と隣接しており、低学年から実際の医療の現場を間近で感じることができ、机上の勉学では決して学ぶことのできない経験を積むことができます。 

また、教員は全員臨床及び研究の最前線で活躍しています。卒業後の進路に関しては、大学病院をはじめとする病院勤務のみならず、視覚の知識を生かした企業への就職も積極的に行っており、また大学院へ進学し、研究職となる道もあり、様々な選択肢を得られることも本専攻の大きな利点です。このように本専攻で学ぶことにより、急速に発展する医療の最前線で活躍することのできる知識や技術を獲得することができます。勿論、国家試験合格実績につきましても、養成校のトップクラスであります。

キャンパス内には7学部に約5000人の学生がおり、チーム医療を学ぶ最高の環境を提供していると共に、部活動やサークル活動も充実しており、他学部を含めた、多くの仲間と共に充実したキャンパスライフを送れるものと思っております。充実した環境で、視覚の奥深さについて学んでみませんか?皆様にお会いできることを楽しみにしています。
専攻主任 教授 石川 均