教員紹介

准教授
川守田 拓志(かわもりた たくし)
経歴
2003年 北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学専攻 卒業
2003年 視能訓練士国家資格取得
2007年 アリゾナ大学 眼科 留学
2008年 北里大学大学院 医療系研究科 眼科学 修了(医学博士)
2008年 北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学 助教
2011年 北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学 専任講師
2016年 北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学 准教授
専門・役員

視能訓練士 医学博士

専門:
眼光学、視覚中心設計
役員:
International Refractive Society of Japan(IRSJ)オーガナイザー・副会長、日本眼光学学会常任理事・編集委員、
日本白内障学会評議委員、北里医学評議委員、北里大学医療衛生学部同窓会財務担当理事
ひと言

わかりやすく、メリハリのある指導ができればと考えております。

01.
わかりやすく親しみやすい眼光学

眼光学は、難しい!わかりにくい!をできるだけわかりやすく伝えることができればと考えています。ヒトの生体計測データから光学シミュレーションを行い(図1)、眼の後ろに映る像を解析することで、(図2)最適な人工眼内レンズ設計や眼科臨床機器性能評価について調査を行っています。

  • 図1.ヒトの眼球モデル構築

  • 図2.眼の奥に映る像を解析した光学シミュレーション

02.
視覚中心設計を考える

「視覚と運転」、「電子ディスプレイの可読性」を中心に研究を行っています。具体的には、60歳で約6割、80歳で約100%が罹患するとされる白内障(水晶体の濁り)は、どの程度運転能力を下げるのか(図3)、薄暮や夜間において、視覚機能はどの程度低下し、どうすれば事故を低減できるのか等をテーマにしています(図4)。また、電子ディスプレイと可読性に関しては、車載用ディスプレイや液晶ディスプレイなど、特に高齢者の可読性を高めるにはどのようにすればいいかといった研究をしています。
最終的なゴールは、分野を超えた交流を活発化し、視覚を中心に設計する知識やノウハウを集積することで、啓発活動や開発に活かし、成果を社会に還元することです。

  • 図3.白内障と運転
    白内障は、収差と散乱が増加し、網膜に映る像の質が低下します。

  • 図4.薄暮における視覚機能の低下
    薄暮は、視覚機能が低下します。特にコントラストが低いものはその影響が顕著になります。

[原著論文]
Effect of Hole Size on Fluid Dynamics of a Posterior-Chamber Phakic Intraocular Lens with a Central Perforation by using Computational Fluid Dynamics.
Kawamorita T, Shimizu K, Shoji N:Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol, In press, 2016
The effect of pupil size and wavefront aberration of the eye on binocular summation.
Kawamorita T, Shoji N:Glob J Adv Eng Tech Sci, 3: 4-12, 2016
就学時健康診断における家庭および健診時視力検査結果の比較検討.
藤村芙佐子, 半田知也, 川守田拓志, 庄司信行, 種田芳郎, 清水公也 : 臨床眼科, 70(1) : 97-101, 2016
Comparison of Subjective Refraction under Binocular and Monocular Conditions in Myopic Subjects.
Kobashi H, Hannda T, Kamiya K, Ando W, Kawamorita T, Igarashi A, Shimizu K : Scientific Reports, Accepted, 2015
調節微動高周波出現成分出現頻度の再現性評価.
川守田拓志 : 眼鏡学ジャーナル, 19(1) : 29-32, 2015
東京都小笠原村における裸眼視力の経年変化.
伊藤美沙絵, 清水公也, 川守田拓志, 庄司信行 : 日眼会誌, In press, 2015
眼内レンズ挿入眼におけるOQASⅡを用いた眼球光学特性の評価.
佐藤司, 天野理恵, 飯田嘉彦, 川守田拓志, 清水公也 : IOL&RS, 29(1) : 86-90, 2015
Effect of myopic defocus on visual acuity after phakic intraocular lens implantation and wavefront-guided laser in situ keratomileusis.
Kamiya K, Shimizu K, Igarashi A, Kawamorita T : Scientific Reports, 2015
Optical simulation for sub-surface nano glistening.
Takahashi Y, Kawamorita T, Mita N, Hatsusaka N, Shibata S, Shibata N, Kubo E, Sasaki H : J Cataract Refract Surg. 41 : 193-198, 2015
眼鏡光学の視能矯正への応用.
川守田拓志:眼鏡学ジャーナル18(2) : 9-13,2015
Natural pupil size and ocular aberration under binocular and monocular conditions.
Kawamorita T, Uozato H : J Comput Sci Syst Biol. 7 : 15-19, 2014
CGT-2000を用いたコントラスト感度測定の再現性.
金澤正継, 魚里博, 川守田拓志, 浅川賢, 中山奈々美 : あたらしい眼科. 31(12) : 159-163, 2014
重心動揺検査における視覚系とRomberg率との関係-プリズムを用いた擬似的な上下斜視の場合―.
金澤正継, 魚里博, 浅川賢, 川守田拓志 : あたらしい眼科. 31(1) : 137-140, 2014
Association between ocular dominance and refractive asymmetry.
Ito M, Shimizu K, Kawamorita T, Ishikawa H, Sunaga K, Komatsu M : J Refract Surg. 29 : 716-720, 2013
Effect of incomplete blinking on tear film stability.
Hirota M, Uozato H, Kawamorita T, Shibata U, Yamamoto S : Opt Vis Sci. 90 : 650-657, 2013
臨床視力表に関する多施設アンケート調査.
川守田拓志, 松本富美子, 魚里博, 王国琴, 三橋俊文, 大沼一彦, 古野間邦彦, 不二門尚 : 視覚の科学34(2) : 42-53, 2013
Fluid dynamics simulation of aqueous humour in a posterior chamber phakic intraocular lens with a central perforation.
Kawamorita T, Uozato H, Shimizu K : Graef Arc Clin Exp. 250 : 935-939, 2012
Development of a wide-field, binocular, open-view type electronic pupillometer.
Handa T, Shoji N, Kawamorita T, Shimizu K, Kawamura R, Shimizu N : J Refract Surg. 28 : 671-672, 2012
Effect of astigmatism on apparent accommodation in pseudophakic eyes.
Kamiya K, Kawamorita T, Uozato H, Igarashi A, Shimizu K : Opt Vis Sci. 89 : 148-154, 2012
Effect of pupil size on uncorrected visual acuity in astigmatic eyes.
Kamiya K, Kobashi H, Shimizu K, Kawamorita T, Uozato H:Br J Ophthalmol. 96 : 267-270, 2012
Effect of axis orientation on visual performance in astigmatic eyes.
Kobashi H, Kamiya K, Shimizu K, Kawamorita T, Uozato H : J Cataract Refract Surg. 38 : 1352-1359, 2012
Effect of aging on optical quality and intraocular scattering using the double-pass instrument.
Kamiya K, Umeda K, Kobashi H, Shimizu K, Kawamorita T, Uozato H:Curr Eye Res. 37 : 884-888, 2012
Usefulness of an aspheric vitreous contact lens in eyes implanted with an aspheric intraocular lens for internal limiting membrane peeling.
Kaga T, Uozato H, Kawamorita T, Yoshida N : Kitasato Med J. 42 : 143-147, 2012
プリズム基底方向が姿勢維持に与える影響.
金澤正継, 魚里博, 浅川賢, 川守田拓志 : Vision. 24(4) : 137-144, 2012
球面眼内レンズと硝子体コンタクトレンズの組み合わせによる眼底中央視認性の比較.
加賀達志, 魚里博, 川守田拓志, 吉田則彦 : 日眼会誌. 116(4) : 383-386, 2012
Interferometry in the evaluation of precorneal tear film thickness in dry eye.
Hosaka E, Kawamorita T, Ogasawara Y, Nakayama N, Uozato H, Shimizu K, Dogru M, Tsubota K, Goto E : Am J Ophthalmol. 151 : 18-23, 2011
Modulation transfer function of intraocular collamer lens with a central artificial hole.
Uozato H, Shimizu K, Kawamorita T, Ohmoto F : Graef Arc Clin Exp. 249 : 1081-1085, 2011
新しい光干渉式眼軸長測定装置の測定精度と再現性.
中山奈々美, 魚里博, 川守田拓志 : あたらしい眼科. 28(9) : 1337-1340, 2011
乱視の瞳孔依存性 視機能への影響.
山本真也, 魚里博, 川守田拓志, 中山奈々美, 中谷勝己, 恩田健 : 視覚の科学. 31(4) : 134-139, 2011
ヘッドマウントディスプレイを用いた新しい両眼視機能検査装置の使用経験.
進藤真紀, 柴田優子, 中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 視覚の科学. 32(4) : 90-94, 2011
瞳孔の神経眼科入門④ 瞳孔と眼光学.
川守田拓志, 魚里博, 石川均 : 神経眼科. 27(4) : 436-440, 2010
Optical performances of Implantable Collamer Lenses with and without a central perforation.
Ohmoto F, Shimizu K, Uozato H, Kawamorita T, Uga S : Kitasato Med J. 40 : 150-153, 2010
コントラスト感度と視力に影響するフレネル膜プリズムの最小度数.
浅川賢, 中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 視覚の科学. 31 : 129-133, 2010
非球面眼内レンズ挿入眼における非球面硝子体コンタクトレンズの有用性.
加賀達志, 吉田則彦, 清水公也, 魚里博, 川守田拓志, 小川和宏, 菱沼康宏 : 眼科臨床紀要. 3(8) : 812-817, 2010
Influence of refractive correction on ocular dominance.
Nakayama N, Kawamorita T, Uozato H : Opt Rev. 17 : 421-424, 2010
非球面硝子体コンタクトレンズによる眼底視認性.
加賀達志, 清水公也, 高野雅彦, 魚里博, 川守田拓志, 小川和宏, 菱沼康宏 : 眼科臨床紀要. 3(2) : 124-127, 2010
Relationship between ciliary sulcus diameter and anterior chamber diameter and corneal diameter.
Kawamorita T, Uozato H, Kamiya K, Shimizu K : J Cataract Refract Surg. 36 : 617-624, 2010
Effect of pupil size on visual acuity in a laboratory model of pseudophakic monovision.
Kawamorita T, Uozato H, Handa T, Ito M, Shimizu K : J Refract Surg. 26 : 378-380, 2010
Repeatability of corneal curvature measured by Scheimpflug photography in healthy subjects.
Kawamorita T, Nakayama N, Uozato H : J Refract Surg. 25 : 539-544, 2009
Optical performance in ReZoom and Array multifocal intraocular lenses in vitro
Kawamorita T, Uozato H, Aizawa D, Kamiya K, Shimizu K : J Refract Surg. 25:467-469, 2009
Repeatability, reproducibility, and agreement characteristics of rotating scheimpflug photography and scanning-slit corneal topography for corneal power measurement.
Kawamorita T, Uozato H, Kamiya K, Bax L, Tsutsui K, Aizawa D, Shimizu K : J Cataract Refract Surg. 35 : 127-133, 2009
Changes in vaulting and the effect on refraction after phakic posterior chamber intraocular lens implantation.
Kamiya K, Shimizu K, Kawamorita T : J Cataract Refract Surg. 35 : 1582-1586, 2009
特集;手術と瞳孔;瞳孔の評価.
川守田拓志, 魚里博 : IOL&RS. 23(2) : 172-176, 2009
瞳孔径が調節微動高周波成分出現頻度に及ぼす影響.
中山奈々美, 川守田拓志, 山本真也, 魚里博 : 視覚の科学. 30(1) : 9-11, 2009
瞬目後の一過性縮瞳が視機能に及ぼす影響.
山本真也, 魚里博, 川守田拓志, 中山奈々美 : 視覚の科学. 30 : 84-89, 2009
幼小児におけるOCT3000TM黄斑部網膜厚測定の再現性.
高橋慶子, 石川均, 清水公也, 大本文子, 庄司信行, 川守田拓志, 高野雅彦 : 臨床眼科. 63 : 1933-1938, 2009
動体視力における屈折矯正状態と高次波面収差の影響.
川守田拓志, 魚里博, 半田知也, 中山奈々美, 清水公也 : 臨床眼科. 62(3) : 739-742, 2008
眼鏡,laser in situ keratomileusis,有水晶体眼内レンズが空間周波数特性および網膜像倍率に及ぼす影響.
神谷和孝, 清水公也, 川守田拓志, 魚里博 : 日本眼科学会雑誌. 112(6) : 519-524, 2008
光視標と調節視標による屈折値と瞳孔径の変化.
中山奈々美, 川守田拓志, 山本真也, 魚里博 : 臨床眼科. 62 (8) : 1383-1386, 2008
遠見立体視検査におけるdefocusの影響について.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 眼科臨床紀要. 1(2) : 166-168, 2008
過矯正が調節微動日内変動に及ぼす影響.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : あたらしい眼科. 25(2) : 259-261, 2008
瞬目による瞳孔径と高次波面収差の経時的変化.
川守田拓志, 山本真也, 中山奈々美, 魚里博 : 視覚の科学. 28(4) : 168-171, 2007
瞬目が瞳孔径と他覚屈折値に与える影響.
山本真也, 川守田拓志, 中山奈々美, 魚里博 : 視覚の科学. 28(4) : 162-167, 2007
Effects of ocular dominance and visual input on body sway.
Asakawa K, Ishikawa H, Kawamorita T, Fujiyama Y, Shoji N, Uozato H : Jpn J Ophthalmol. 51 : 375-378, 2007
グレアが他覚屈折値と瞳孔径に及ぼす影響.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 視覚の科学. 28(2) : 72-76, 2007
嚢内に圧縮固定された眼内レンズの光学特性変化.
魚里博, 川守田拓志 : 眼科手術. 19(4) : 541-545, 2006
Changes of corneal aberrations in sitting and supine position.
Kawamorita T, Handa T, Uozato H : Am J Ophthalmol.141 : 412-414, 2006
Quantitative measurement of ocular dominance using binocular rivalry induced by retinometers.
Handa T, Uozato H, Higa R, Nitta M, Kawamorita T, Ishikawa H, Shoji N, Shimizu K : J Cataract Refract Surg. 32 : 831-836, 2006
正常眼における調節微動高周波成分と屈折異常,眼優位性の関係.
川守田拓志, 魚里博, 中山奈々美, 半田知也 : 臨床眼科. 60(4) : 497-500, 2006
Modulation transfer function and pupil size in multifocal and monofocal IOL in vitro.
Kawamorita T, Uozato H : J Cataract Refract Surg. 31 : 2379-2385, 2005
Effects of ocular dominance on binocular summation after monocular reading adds.
Handa T, Shimizu K, Mukuno K, Kawamorita T, Uozato H : J Cataract Refract Surg. 31 : 1588-1592, 2005
調節微動と外斜位の偏位量との関係.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 視覚の科学. 26(4) : 110-113, 2005
両眼視と単眼視下における瞳孔径が昼間視と薄暮視下の視機能に与える影響.
川守田拓志, 魚里博 : 視覚の科学. 26(3) : 71-75, 2005(第11回日本眼光学学会学術奨励賞受賞)
単焦点IOLと多焦点IOLにおける空間周波数特性(MTF)の比較..
川守田拓志, 魚里博 : 眼科手術. 18(1) : 93-95, 2005
涙液が角膜収差の時間的変化に与える影響.
川守田拓志, 魚里博 : 眼紀. 56(1) : 3-6, 2005
[準原著論文・総説など]
Aging of the eye and vision centerd design of display.
Kawamorita T : The 22nd International Display Workshops, Proceeding, 2015
Safety and efficacy of head-up display from a physiological optics standpoint.
Kawamorita T : The 8th SIGGRAPH Asia 2015, Proceeding, 2015
これからの眼光学~日本眼光学学会の3つの魅力~
川守田拓志 : 視覚の科学50周年記念特別号 : 59-61, 2015
目から考える交通安全.
川守田拓志 : 北里大学医療衛生学部同窓会報45巻 : 13-14, 2015
【白内障とQOL】 白内障と運転.
川守田拓志 : 日本白内障学会誌27巻(1) : 45-46, 2015
視覚中心設計を考える
川守田拓志 : EIZO株式会社White Paper. 14(3) : 14-15, 2015
学会トピックス 第53回日本白内障学会 軸外入射光における水晶体と眼内レンズの光学シミュレーション解析.
川守田拓志, 伊藤美沙絵, 庄司信行, 佐々木洋, 清水公也 : 日本眼科学会誌. 119(2) : 77, 2015
夕暮れ時の視認性について-2-見えやすさの視線解析.
川守田拓志:おもいやりライトウェブサイト(http://www.omoiyari-light.com/TOPICS/LAB/000203.html), 2015
光学入門 眼球光学特性から考える視力の推定と偽解像の影響.
川守田拓志 : 視覚の科学. 35(1) : 1-7, 2014
白内障症例検討会 核白内障.
川守田拓志 : 日本白内障学会誌. 26 : 38-40, 2014
Theoretical comparison of optical quality with a spherical and two aspheric intraocular lenses.
Kawamorita T, Uozato H, Shimizu K : Invest Ophthalmol Vis Sci. 52 : E-Abstract, 2014
夕暮時の視認性研究レポート.
川守田拓志 : おもいやりライトウェブサイト(http://www.omoiyari-light.com/TOPICS/LAB/000148.html), 2014
相模原市における交通事故多発地点の原因調査と改善策の提案.
川守田拓志 : 相模原市平成25年度自主研究報告書 : 19-42, 2013
最近のトピックス Hole Implantable Collamer Lens KS-AquaPORTTM.
川守田拓志 : 視覚の科学. 34(4) : 148-151, 2013
期待のホープ.
川守田拓志 : IOL&RS. 27(1) : 115-118, 2013
干渉光測定を用いたドライアイにおける角膜前涙液層厚の評価(外国誌要覧).
保坂絵理, 川守田拓志, 小笠原優子, 中山奈々美, 魚里博, 清水公也, 村戸ドール, 坪田一男, 後藤英樹 : 日眼会誌. 115(7) : 630, 2011
第64回日本臨床眼科 一般口演「屈折矯正・IOL」学会印象記.
川守田拓志 : 眼科. 53(4) : 593-594, 2011
瞳孔と視機能最適化に関する研究.
川守田拓志 : 北里大学大学院医療系研究科博士論文(優秀論文賞受賞), 2008
アリゾナ大学眼科に留学して : 留学体験記.
川守田拓志 : 視覚の科学. 28(1) : 51-52, 2007
Effect of Pupil Size on Binocular and Monocular Visual Functions.
Kawamorita T, Uozato H : Jpn Orthopt J. 34 : 210, 2005
多焦点眼内レンズの瞳孔径と空間周波数特性.
川守田拓志 : 北里大学大学院医療系研究科修士論文(優秀論文賞受賞), 2005
[著書]
オートレフラクトメータ
川守田拓志 : 今日の眼疾患治療指針(第3版), 医学書院, 東京, 2016
レンズメータ
川守田拓志 : 今日の眼疾患治療指針(第3版), 医学書院, 東京, 2016
装置別測定法 Pentacam HR
川守田拓志 : 前眼部画像診断A to Z, メジカルビュー, 東京 : 130-137, 2016
生理的観点から見た車載ヘッドアップディスプレイの安全性とその評価.
川守田拓志 : 車載ディスプレイの開発とHMI技術、視認性の向上, 株式会社技術情報協会, 東京 : 281-289, 2015
オートレフラクトメータ
川守田拓志:眼科ケア. しくみを知ると検査が深くなる!眼科の検査機器10, メディカ出版, 大阪, 58, 2015
スペキュラマイクロスコープ
川守田拓志 : 眼科ケア. しくみを知ると検査が深くなる!眼科の検査機器10, メディカ出版, 大阪, 56 ,64, 2015
アノマロスコープ
川守田拓志 : 眼科ケア. しくみを知ると検査が深くなる!眼科の検査機器10, メディカ出版, 大阪, 56, 66, 2015
IOLマスター
川守田拓志 : 眼科ケア. しくみを知ると検査が深くなる!眼科の検査機器10, メディカ出版, 大阪, 66, 2015
自動車用ヘッドアップディスプレイに求める生理的観点から見た安全性・実験
川守田拓志 : 株式会社&TECH主催セミナーテキスト自動車用ヘッドアップディスプレイにおける各部材の最新動向と要求特性第4部, 株式会社&TECH出版, 49-84, 2014
水晶体の光学特性
川守田拓志 : あたらしい眼科. 31, メディカル葵出版, 東京, 1431-1436, 2014
自動車用ヘッドアップディスプレイに求める生理的観点から見た安全性・実験,自動車を中心としたヘッドアップディスプレイの高機能化に向けた開発・市場動向と将来展望
川守田拓志, 魚里博 : 株式会社&Tech, 神奈川, 101-108, 2014
屈折矯正 保存療法と手術療法の違い(光学的観点から)
川守田拓志, 魚里博 : Monthly Book OCULISTA. 全日本病院出版会, 東京, 11-17, 2014
バイオメカニクス:ORA
川守田拓志, 魚里博 : 専門医のための眼科診療クオリファイ24. 中山書店, 東京, 122-126, 2014
調節微動のしくみと臨床的意義
川守田拓志, 魚里博 : あたらしい眼科. メディカル葵出版, 東京, 645-649, 2014
眼内レンズの光学特性
川守田拓志, 魚里博 : 専門医のための眼科診療クオリファイ20. 中山書店, 東京, 21-28, 2014
Effect of axis orientation on visual performance in astigmatic eyes.
Kobashi H, Kamiya K, Shimizu K, Kawamorita T, Uozato H : Advances in Medicine and Biology. 61, Nova Science Publishers, NY, USA, 197-212, 2013
白内障と眼内レンズの光学特性
川守田拓志 : 日本眼科医会第63回生涯教育講座 白内障のすべて テキスト. 日本眼科医会, 9-19, 2012
屈折矯正の基礎 1. 眼の屈折系
川守田拓志, 魚里博 : あたらしい眼科臨時増刊号28巻. 屈折矯正の新しい流れ, メディカル葵出版, 東京, 3-7, 2012
屈折検査 2. 成人
川守田拓志,魚里博 : あたらしい眼科臨時増刊号28巻. 屈折矯正の新しい流れ, メディカル葵出版, 東京, 28-33, 2012
その他の検査
川守田拓志, 魚里博 : 眼科ケア. 198の質問と回答例で説明力がぐぐんとUP!眼科の患者説明BOOK, メディカ出版, 大阪, 214-224, 2011
2.眼表面・角膜疾患 1)検査 前眼部画像解析装置(ペンタカムなど)
川守田拓志,魚里博 : 臨床眼科増刊号. 眼科診療:5年前の常識は,現在の非常識!, 医学書院, 東京, 91-100, 2011
屈折検査 1. オートレフラクトメータ
川守田拓志, 魚里博 : 眼科ケア. 眼科の検査・手術機器完全マニュアル, メディカ出版, 大阪, 24-29, 2011
屈折検査 2. レンズメータ
川守田拓志, 魚里博 : 眼科ケア. 眼科の検査・手術機器完全マニュアル, メディカ出版, 大阪, 30-37, 2011
調節力の測定
川守田拓志, 魚里博 : 専門医のための眼科診療クオリファイ. 中山書店, 東京, 214-220, 2010
[角膜厚測定]どのような角膜厚測定機器がよいでしょうか
川守田拓志, 魚里博 : あたらしい眼科臨時増刊号27巻. 眼科の新しい検査法, メディカル葵出版, 東京, 54-59, 2010
高機能レンズ 非球面眼内レンズ
川守田拓志, 魚里博 : 臨床眼科増刊号64(11). 新しい時代の白内障手術, 医学書院, 東京, 148-154, 2010
満足度の高い眼内レンズ度数決定 異常眼軸長に対する度数決定
魚里博, 川守田拓志 : 臨床眼科増刊号64(11). 新しい時代の白内障手術, 医学書院, 東京, 114-117, 2010
特集:眼の光学 オートレフラクトメーター 最新の進歩と医療からのニーズ
魚里博, 川守田拓志 : O plus E 31. 文光堂, 東京, 306-311, 2009
他覚屈折
川守田拓志, 魚里博 : 眼科プラクティス 25. 眼のバイオメトリー 眼を正確に測定する, 文光堂, 東京, 247-251, 2009
【日常診療に役立つ眼科検査機器とその利用法】 視力・色覚・視野 オートレフラクト・ケラトメーター
魚里博, 川守田拓志 : 眼科49(10). 金原出版, 東京, 1521-1526, 2007
診療の手順 屈折検査
魚里博, 川守田拓志, 眼科プラクティス 10. 眼科外来必携, 文光堂, 東京, 70-76, 2006
[学会発表:一般講演・学術展示]
重心動揺計UM-BAR Ⅱを用いた再現性の検討.
金澤正継, 浅川賢, 川守田拓志, 魚里博 : 第57回日本産業・労働・交通眼科学会, 2015
流体力学解析を用いたHole ICLの房水動態が角膜内皮に与える影響.
川守田拓志, 清水公也, 伊藤美沙絵, 庄司信行:第69回日本臨床眼科学会総会, 2015
3次元精密水晶体モデルを用いた調節の力学シミュレーション解析.
川守田拓志, 清水公也 : 第51回日本眼光学学会総会, 2015
Effect of readability of Japanease characters on the font types and pixel density of the electronic displays.
Hisatake Y, Kawamorita T, Kanno Y, Takahashi S, Ito M, Takahashi H : The 21st International Display Workshops, 2015
Association between ocular dominance and anisometropic hyperopia.
Hoshikawa R, Ito M, Kawamorita T, Yano T, Tsusui K, Sato T, Shimizu K : 12th Meeting of the International Strabismological Association, 2015
Hole ICLのレンズ傾斜が眼球内房水挙動に与える影響.
川守田拓志, 伊藤美沙絵, 庄司信行, 清水公也 : 第119回日本眼科学会総会, 2015
東京都小笠原村の小中学生における視力の経年推移.
伊藤美沙絵, 清水公也, 川守田拓志, 庄司信行, 清水公也 : 第119回日本眼科学会総会, 2015
Water Cleftにおける光学シミュレーション.
高橋依子, 川守田拓志, 関祐介, 三田哲大, 久保江理, 佐々木洋 : 第119回日本眼科学会総会, 2015
相模原市就学前健康診断における視力検査実施報告.
藤村芙佐子, 半田知也, 川守田拓志, 岩田遥, 庄司信行, 清水公也 : 第119回日本眼科学会総会, 2015
遠視眼における屈折差についての検討.
干川里絵, 伊藤美沙絵, 川守田拓志, 庄司信行, 清水公也 : 第119回日本眼科学会総会, 2015
円錐角膜の前面・後面および全乱視の分布.
五十嵐章史, 神谷和孝, 三宅俊之, 池内梨絵, 川守田拓志, 庄司信行, 清水公也 : 第119回日本眼科学会総会, 2015
Theoretical comparison of optical quality with a spherical and two aspheric intraocular lenses.
Kawamorita T, Uozato H, Shimizu K : ARVO, 2014
Relationship between central and peripheral corneal astigmatism in elderly people.
Kawamorita T, Uozato H, Hoshikawa R, Kamiya K, Shimizu K : WOC, 2014
健常若年眼における高次波面収差と年齢の関係.
齋藤彩, 伊藤美沙絵, 川守田拓志, 須長桂, 小松真理, 清水公也 : 第70回日本弱視斜視学会総会・第39回日本小児眼科学会総会・アメリカ小児眼科斜視学会合同学会, 2014
光学シミュレーションソフトを用いた眼内レンズ挿入眼の眼球光学特性.
三田哲大, 川守田拓志, 佐々木麻衣, 高橋依子, 久保江理, 清水公也, 佐々木洋 : 金沢医科大学研究会, 2014
Water Cleftにおける光学シミュレーション.
高橋依子, 川守田拓志, 関祐介, 三田哲大, 久保江理, 佐々木洋 : 日本臨床眼科学会総会, 2014
就学前健康診断における視力検査実施法の検討.
藤村芙佐子, 半田知也, 川守田拓志, 庄司信行, 種田芳郎, 清水公也 : 日本臨床眼科学会総会, 2014
自動車用ヘッドアップディスプレイにおける各部材の最新動向と要求特性第4部 自動車用ヘッドアップディスプレイに求める生理的観点から見た安全性・実験
川守田拓志 : 株式会社&TECH主催セミナー, 2014
軸外入射光における水晶体と眼内レンズの光学シミュレーション解析
川守田拓志, 伊藤美沙絵, 庄司信行, 佐々木洋, 清水公也 : 第53回日本白内障学会総会, 2014
回折型多焦点眼内レンズの偏位に関する光学シミュレーション.
渋谷恵理, 川守田拓志, 三田哲大, 高橋依子, 柴田哲平, 久保江理, 清水公也, 佐々木洋 : 第53回日本白内障学会総会, 2014
北里大学×おもいやりライト共同研究計画「夕方の視覚に関する研究の実証実験(仮)」
川守田拓志 : 夕方安全創造会議2014, 2014
回折型多焦点眼内レンズの眼光学シミュレーション.
三田哲大, 川守田拓志, 高橋依子, 久保江理, 清水公也, 佐々木洋 : 第50回日本眼光学学会総会, 2014
眼内レンズ度数決定のコツ モノビジョンにおける度数決定のコツ
川守田拓志 : 第29回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, 2014
自然瞳孔下の貫通孔付き有水晶体後房レンズと従来の有水晶体後房レンズ術後の視機能比較
安藤和歌子, 神谷和孝, 五十嵐章史, 川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第29回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, 2014
眼球収差の基本と臨床応用 ~身近な症例から最近のトピックスまで~
川守田拓志 : 第52回京滋臨床懇話会, 2014
Schematic eye model based on the regression of age-dependent changes of the crystalline lens.
Kawamorita T, Uozato H, Sasaki H, Shibata Y, Kanazawa M, Hirota M, Jang Y, Arai S, Shimizu K : ARVO, 2013
Effect of ocular dominance and equilibrium function on postural control.
Kanazawa M, Asakawa K, Kawamorita T, Uozato H : ARVO, 2013
Optical simulation for sub-surface nano glistening.
Takahashi Y, Kawamorita T, Mita N, Hatsusaka N, Shibuya E, Kubo E, Sasaki H : ARVO, 2013
Gender differences in ocular biometric data.
Jang Y, Uozato H, Kawamorita T, Shibata Y : ARVO, 2013
Change of corneal curvature under the open eye condition and the slightly closed eye condition.
Shibata Y, Uozato H, Hirota M, Kawamorita T : ARVO, 2013
ドライビングシミュレーターを用いた自動車運転能力に与えるDefocusの影響.
川守田拓志, 魚里博, 柴田優子, 張允娥, 新井慎司, 清水公也 : 第55回日本産業・労働・交通眼科学会, 2013
目を細めた時の眼球屈折値と角膜形状の変化.
柴田優子, 新井慎司, 張允娥, 川守田拓志, 魚里博 : 第55回日本産業・労働・交通眼科学会, 2013
Hole ICLにおけるHole径の最適化~光学と流体力学シミュレーションの連携~.
川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第67回日本臨床眼科学会総会, 2013
軸外入射光がHole implantable collamer lensの光学特性に与える影響.
川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第49回日本眼光学学会総会, 2013
CGT-2000を用いたコントラスト感度測定の再現性.
金澤正継, 中山奈々美, 浅川賢, 川守田拓志, 魚里博 : 第49回日本眼光学学会総会, 2013
角膜前後面における非球面性と球面収差の関係.
張允娥, 柴田優子, 川守田拓志, 魚里博 : 第49回日本眼光学学会総会, 2013
Hole implantable collamer lensにおける偏心・傾斜の光学シミュレーション解析.
川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第28回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, 2013
有水晶体眼内レンズの実瞳孔径を反映した高次収差.
安藤和歌子, 神谷和孝, 五十嵐章史, 川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第28回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, 2013
液晶ディスプレイで表示可能な可読性評価装置の試作.
川守田拓志, 魚里博, 半田知也, 柴田優子, 金澤正継, 広田雅和, 張允娥, 新井慎司, 清水公也 : 第54回日本人間工学学会総会, 2013
重心動揺検査における視覚系とロンベルグ率との関係-プリズムを用いた疑似的な上下複視の場合-
金澤正継, 浅川賢, 川守田拓志, 魚里博 : 第17回日本眼鏡学会総会, 2013
水晶体の加齢と眼高次収差.
川守田拓志 : 第117回日本眼科学会総会, シンポジウム, 2013
水晶体の加齢変化を考慮した精密水晶体眼球モデルの開発.
川守田拓志, 魚里博, 佐々木洋, 清水公也 : 第117回日本眼科学会総会, 2013
Sub-Surface Nano Glisteningにおける光学シミュレーション.
高橋依子, 川守田拓志, 三田哲大, 初坂奈津子, 渋谷恵理, 久保江理, 佐々木洋 : 第117回日本眼科学会総会, 2013
広視野両眼開放型電子瞳孔計を用いた片眼遮閉下の眼位測定法.
半田知也, 庄司信行, 藤村芙佐子, 川守田拓志, 戸塚悟, 斉藤彩, 清水公也 : 第117回日本眼科学会総会, 2013
Fluid dynamic characteristics of aqueous humour in a posterior-chamber phakic intraocular lens with a central perforation using computational fluid dynamics.
Kawamorita T, Uozato H, Shibata Y, Shindo M, Kanazawa M, Hirota M, Shimizu K : ARVO, 2012
Imaging properties of astigmatic eyes at near vision.
Uozato H, Shindo M, Shibata Y, Kawamorita T : ARVO, 2012
調節負荷に伴う他覚乱視度数の変化.
中山奈々美, 坂本保夫, 川守田拓志, 魚里博 : 第53回日本視能矯正学会, 2012
ヘッドアップディスプレイの虚像提示位置と他覚屈折値および瞳孔径の変化
川守田拓志, 魚里博, 古賀哲郎, 橋田雅也, 清水公也 : 第66回日本臨床眼科学会, 2012
次世代カーナビゲーションシステム ヘッドアップディスプレイにおける視線解析.
川守田拓志, 魚里博, 古賀哲郎, 橋田雅也, 清水公也 : 第48回日本眼光学学会総会, 2012
多焦点ソフトコンタクトレンズ装用下の眼球高次収差の検討.
柴田優子, 川守田拓志, 魚里博 : 第48回日本眼光学学会総会, 2012
Dual Scheimpflug Analyzerを用いた視覚負荷前後における前眼部形状の変化.
広田雅和, 川守田拓志, 魚里博 : 第48回日本眼光学学会総会, 2012
2機種のScheimpflug式前眼部解析装置における角膜厚の再現性と互換性.
張允娥, 川守田拓志, 魚里博 : 第48回日本眼光学学会総会, 2012
遠近両用ソフトコンタクトレンズ装用による高次収差・球面収差の変化.
柴田優子, 川守田拓志, 魚里博 : 第55回日本コンタクトレンズ学会総会, 2012
有水晶体眼内レンズおよびLASIK術後屈折ずれが裸眼視力に及ぼす影響の基礎的・臨床的検討.
神谷和孝, 五十嵐章史, 清水公也, 小橋英長, 小松真理, 川守田拓志, 魚里博 : 第27回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, 2012
液晶ディスプレイの自動輝度調整機能と眼疲労緩和効果.
川守田拓志, 柴田優子, 金澤正継, 広田雅和, 魚里博 : 第53回日本人間工学学会, 2012
KS-AquaPORT挿入眼におけるレーザー虹彩切開術必要性の理論的検討~流体力学的解析~
川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第116回日本眼科学会総会, 2012
近見時における直乱視と倒乱視の結像特性.
魚里博, 進藤真紀, 柴田優子, 川守田拓志 : 第116回日本眼科学会総会, 2012
3-dimentional lens densitometry measured with Scheimpflug imaging in eyes with cataract.
Kawamorita T, Uozato H, Iida Y, Nakayama N, Shibata Y, Shindo M, Shimizu K : ARVO, 2011
Modulation transfer function of intraocular collamer lens (ICL) with a central artificial hole.
Uozato H, Kawamorita T, Shimizu K, Ohmoto F : ARVO, 2011
The effect of astigmatic blur on stereopsis.
Shindo M, Shibata U, Nakayama N, Kawamorita T, Uozato H : ARVO, 2011
主経線方向の視標による乱視眼の結像状態.
進藤真紀, 柴田優子, 広田雅和, 川守田拓志, 魚里博 : 第52回日本視能矯正学会, 2011
超音波画像診断装置を用いた毛様溝間距離測定.
中山奈々美, 坂本真由美, 坂本保夫, 川守田拓志, 魚里博, 佐々木一之 : 第52回日本視能矯正学会, 2011
眼鏡レンズのプリズム効果が姿勢維持に及ぼす影響.
金澤正継, 浅川賢, 川守田拓志, 魚里博 : 第53回日本産業・労働・交通眼科学会, 2011
白内障が網膜結像特性に与える影響.
川守田拓志, 魚里博, 宇賀茂三, 清水公也 : 第65回日本臨床眼科学会総会, 2011
乱視眼における瞳孔径が眼光学特性に及ぼす影響.
小橋英長, 神谷和孝, 清水公也, 川守田拓志, 魚里博 : 第65回日本臨床眼科学会総会, 2011
広視野両眼開放型電子瞳孔計の開発.
半田知也, 庄司信行, 川村亮, 清水紀芳, 小岩弘子, 澤田一哉, 川守田拓志, 魚里博, 石川均, 清水公也 : 第65回日本臨床眼科学会総会, 2011
乱視軸が視機能に及ぼす影響~直乱視と倒乱視の比較~
山本真也, 魚里博, 川守田拓志, 恩田健 : 第47回日本眼光学学会総会, 2011
省スペース視力表固視時の他覚的屈折値と瞳孔径
中山奈々美, 坂本保夫, 川守田拓志, 魚里博, 佐々木一之 : 第47回日本眼光学学会総会, 2011
上下偏位が水平眼位と調節力に与える影響.
金澤正継, 柴田優子, 川守田拓志, 魚里博 : 第47回日本眼光学学会総会, 2011
直・倒・斜乱視が眼球光学特性に及ぼす影響.
小橋英長, 神谷和孝, 清水公也, 川守田拓志, 魚里博 : 第47回日本眼光学学会総会, 2011
周辺視標輝度の差による瞳孔と調節の変化.
柴田優子, 進藤真紀, 浅川賢, 川守田拓志, 魚里博 : 第47回日本眼光学学会総会, 2011
近見時における乱視眼の結像状態.
進藤真紀, 柴田優子, 金澤正継, 広田雅和, 川守田拓志, 魚里博 : 第47回日本眼光学学会総会, 2011
涙液層の安定性が眼球高次収差に及ぼす影響.
広田雅和, 柴田優子, 進藤真紀, 金澤正継, 山本真也, 浅川賢, 川守田拓志, 魚里博 : 第47回日本眼光学学会総会, 2011
モノビジョン法において眼内レンズの球面収差が近見視機能に与える影響.
川守田拓志,魚里博,清水公也 : 第115回日本眼科学会総会, 2011
周辺情報に伴う調節の変化.
柴田優子, 進藤真紀, 中山奈々美, 浅川賢, 川守田拓志, 魚里博 : 第115回日本眼科学会総会, 2011
Hole ICLにおける房水の流体力学的解析.
川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第34回日本眼科手術学会, 2011
水晶体偏位による視機能の眼光学シミュレーション.
柴田優子, 川守田拓志, 進藤真紀, 中山奈々美, 田中明子, 魚里博 : 第34回日本眼科手術学会, 2011
Waxy vision; an electrophysiology study.
Shimizu K, Ito M, Iida Y, Kawamorita T, Ohmoto F : ESCRS, 2010
Relationship between visual acuity, pupil size and refractive difference in pseudophakic monovision.
Kawamorita T, Uozato H, Nakayama N, Shindo M, Handa T, Ito M, Shimizu K : ARVO, 2010
Waxy vision ~ dissatisfaction after multifocal intraocular lens implantation ~.
Shimizu K, Ito M, Kawamorita T, Iida Y : ASCRS, 2010
乱視と調節微動高周波成分出現頻度.
中山奈々美, 進藤真紀, 柴田優子, 川守田拓志, 魚里博 : 第51回日本視能矯正学会, 2010
乱視が立体視機能に与える影響.
進藤真紀, 柴田優子, 中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 第51回日本視能矯正学会, 2010
トーリック眼内レンズの偏心・傾斜および眼球軸が他覚屈折度に与える影響.
川守田拓志, 魚里博, 神谷和孝, 三宅俊之, 清水公也 : 第64回日本臨床眼科学会, 2010
異形瞳孔における乱視と高次収差が視機能に及ぼす影響.
山本真也, 魚里博, 川守田拓志, 恩田健 : 第64回日本臨床眼科学会, 2010
立体視映像視聴時の輻湊運動と瞳孔径の変化.
柴田優子, 進藤真紀, 中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 第64回日本臨床眼科学会, 2010
新しいコントラストグレアテスターを用いた検査距離によるコントラスト感度の変化.
中山奈々美, 進藤真紀, 柴田優子, 川守田拓志, 魚里博 : 第64回日本臨床眼科学会, 2010
コントラスト感度と視力に影響を及ぼすフレネル膜プリズム度数の検討.
浅川賢, 中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 第46回日本眼光学学会総会, 2010
ランダムドットステレオグラムによる立体視知覚時の調節反応量の検討.
柴田優子, 川守田拓志, 進藤真紀, 中山奈々美, 魚里博 : 第46回日本眼光学学会総会, 2010
乱視眼において瞳孔サイズが視機能に及ぼす影響.
山本真, 魚里博, 川守田拓志, 中山奈々美, 恩田健 : 第46回日本眼光学学会総会, 2010
非接触眼圧・角膜厚測定装置の使用経験.
戸塚悟, 川守田拓志, 魚里博, 神谷和孝, 庄司信行, 清水公也 : 第46回日本眼光学学会総会, 2010
新しいオートレフラクトメータによる調節微動高周波成分出現頻度の測定.
中山奈々美, 進藤真紀, 柴田優子, 川守田拓志, 魚里博 : 第46回日本眼光学学会総会, 2010
新しい両眼視機能検査の臨床的有用性.
進藤真紀, 中山奈々美, 柴田優子, 川守田拓志, 魚里博 : 第46回日本眼光学学会総会, 2010
トーリック眼内レンズの光学特性に影響を与える因子.
川守田拓志, 魚里博, 神谷和孝, 三宅俊之, 清水公也 : 第25回日本眼内レンズ屈折手術学会, 2010
新しい角膜厚測定装置の測定精度と再現性.
戸塚悟, 時澤えり子, 川守田拓志, 魚里博, 神谷和孝, 清水公也 : 第25回日本眼内レンズ屈折手術学会, 2010
非白内障手術における角膜乱視が偽調節に及ぼす影響の基礎的・臨床的検討.
神谷和孝, 春日井紘子, 清水公也, 川守田拓志, 魚里博 : 第25回日本眼内レンズ屈折手術学会, 2010
健常眼におけるκ角の検討.
梅田京子, 伊藤美沙絵, 神谷和孝, 川守田拓志, 清水公也 : 第25回日本眼内レンズ屈折手術学会, 2010
非球面眼内レンズの光学特性に影響を与える因子.
川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第114回日本眼科学会総会, 2010
二種類の装置間におけるコントラスト感度の比較.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 第114回日本眼科学会総会, 2010
モノビジョン法における瞳孔径が網膜像に与える影響.
川守田拓志, 魚里博, 半田知也, 伊藤美沙絵, 清水公也 : 第33回日本眼科手術学会総会, 2010
新しい光干渉式眼軸長測定装置の測定精度と再現性.
魚里博, 中山奈々美, 川守田拓志 : 第33回日本眼科手術学会総会, 2010
モノビジョン法における瞳孔径が立体視に与える影響.
半田知也, 庄司信行, 川守田拓志, 伊藤美沙絵, 清水公也 : 第33回日本眼科手術学会総会, 2010
瞳孔径を考慮したモノビジョン法の臨床成績.
輿水学, 伊藤美沙絵, 飯田嘉彦, 天野理恵, 橋本篤文, 戸塚悟, 川守田拓志, 半田知也, 清水公也 : 第33回日本眼科手術学会総会, 2010
視力検査中における瞳孔挙動解析の有用性.
川守田拓志, 魚里博, 中山奈々美, 山本真也, 清水公也 : 第113回日本眼科学会総会, 2009
瞬目による一過性縮瞳の環境照度依存性と視機能に及ぼす影響.
魚里博, 山本真也, 川守田拓志, 中山奈々美 : 第113回日本眼科学会総会, 2009
コントラスト感度測定中の瞳孔径変化について.
中山奈々美, 川守田拓志, 山本真也, 魚里博 : 第113回日本眼科学会総会, 2009
2種類の屈折型多焦点眼内レンズにおける瞳孔径と空間周波数特性の関係.
川守田拓志, 魚里博, 相澤大輔, 清水公也 : 第32回日本眼科手術学会総会, 2009
非球面硝子体コンタクトレンズ挿入眼における非球面硝子体コンタクトレンズの眼底視認性
加賀達志, 清水公也, 魚里博, 川守田拓志, 小川和宏, 菱沼泰宏 : 第48回日本網膜硝子体学会総会, 2009
偽解像と視力の関係.
川守田拓志, 中山奈々美, 山本真也, 中谷勝己, 魚里博 : 第50回日本視能矯正学会, 2009
コントラスト感度測定における視標と両眼加算.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 第50回日本視能矯正学会, 2009
瞳孔サイズが高次波面収差と視力に及ぼす影響.
山本真也, 魚里博, 川守田拓志, 中山奈々美, 中谷勝己, 恩田健 : 第50回日本視能矯正学会, 2009
回折型および屈折型多焦点眼内レンズにおける瞳孔と空間周波数特性の関係.
川守田拓志, 魚里博, 飯田嘉彦, 清水公也 : 第63回日本臨床眼科学会, 2009
立体視検査と屈折矯正精度.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 第63回日本臨床眼科学会, 2009
眼内レンズにおけるモノビジョン法と瞳孔径.
伊藤美沙絵, 清水公也, 輿水学, 川守田拓志, 戸塚悟, 天野理恵, 石川均 : 第63回日本臨床眼科学会, 2009
多焦点眼内レンズのモノビジョン法への応用.
伊藤美沙絵, 清水公也, 輿水学, 飯田嘉彦, 川守田拓志, 半田知也 : 第1回神奈川眼科学会, 2009
乱視矯正における瞳孔径が網膜像に与える影響.
川守田拓志, 魚里博, 半田知也, 伊藤美沙絵, 清水公也 : 第24回日本眼内レンズ屈折手術学会・第45回日本眼光学学会合同学会, 2009
視標呈示時間が視機能に及ぼす影響.
中山奈々美, 川守田拓志, 山本真也, 魚里博 : 第24回日本眼内レンズ屈折手術学会・第45回日本眼光学学会合同学会, 2009
非球面硝子体コンタクトレンズ.
加賀達志, 清水公也, 高野雅彦, 魚里博, 川守田拓志, 小川和宏, 菱沼泰宏 : 第47回日本網膜硝子体学会総会, 2008
プリズム中和が屈折値・瞳孔径に及ぼす影響.
中山奈々美, 川守田拓志, 山本真也, 魚里博 : 第49回日本視能矯正学会総会, 2008
視力検査結果に影響を与える因子~瞬目後の短時間縮瞳~
山本真也, 川守田拓志, 中山奈々美, 魚里博 : 第49回日本視能矯正学会総会, 2008
Scheimpflug式前眼部解析装置とSlit scanning式Topographyにおけるエリア別角膜後面形状とその再現性.
郷右近博康, 山口華奈子, 筒井健太, 神谷和孝, 清水公也, 川守田拓志, 魚里博 : 第49回日本視能矯正学会総会, 2008
両眼開放および単眼視下における瞳孔計測.
川守田拓志, 魚里博, 中山奈々美, 山本真也, 清水公也 : 第62回日本臨床眼科学会総会, 2008
暗順応と両眼開放および単眼視下瞳孔径の関係.
川守田拓志, 中山奈々美, 山本真也, 魚里博 : 第44回日本眼光学学会, 2008
Scheimpflugの原理を用いた前眼部解析装置による白内障の定量化.
川守田拓志, 魚里博 : 第1回眼科画像診断研究会, 2008
定屈折刺激による調節反応と瞳孔径の同時計測.
中山奈々美, 川守田拓志, 山本真也, 魚里博 : 第44回日本眼光学学会, 2008
瞬目後の縮瞳が視機能検査結果に及ぼす影響.
山本真也, 中山奈々美, 川守田拓志,魚里博 : 第44回日本眼光学学会, 2008
調節負荷による屈折値と瞳孔径への影響.
中山奈々美, 川守田拓志, 山本真也, 魚里博 : 第64回日本弱視斜視学会, 2008
超音波生体顕微鏡を用いたsulcus to sulcusとwhite to whiteの比較.
川守田拓志, 魚里博, 神谷和孝, 清水公也 : 第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, 2008
瞳孔径に及ぼす眼球光学系結像特性の影響.
川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第112回日本眼科学会総会, 2008
自動眼屈折計による測定時の瞬目が瞳孔径と屈折値に与える影響.
魚里博, 山本真也, 中山奈々美, 川守田拓志 : 第112回日本眼科学会総会, 2008
角膜および前房深度が瞳孔径に与える影響.
川守田拓志, 魚里博, 神谷和孝, 清水公也 : 第31回日本眼科手術学会総会, 2008
瞳孔径の年齢変化.
張永潔, 天野理恵, 伊藤美沙絵, 川守田拓志, 清水公也 : 第31回日本眼科手術学会総会, 2008
Age-Related changes in pupil size.
Zhang B, Amano R, Itou M, Kawamorita T, Shimizu K : Pupil Colloquium, 2007
Effect of aging and corneal shape on individual effective refractive index of human cornea.
Kawamorita T, Uozato H, Iida Y, Shimizu K : ARVO, 2007
Optical properties change of intracapusular foldable-IOLs – Experimental vertification –.
Uozato H, Kawamorita T, Nakayama N : ARVO, 2007
The SureSightTM autorefractor: the difference between sphere readings in "Adult" and "Child" modes.
Miller JM, Kawamorita T, Dobson V, Harvey EM : ARVO, 2007
During variation of accommodative microfluctuations.
Nakayama N, Kawamorita T, Uozato H : ARVO, 2007
光視標と調節視標による屈折値と瞳孔径の変化.
中山奈々美, 川守田拓志, 山本真也, 魚里博 : 第48回日本視能矯正学会, 2007
動体視力におけるDefocusの影響.
川守田拓志, 半田知也, 清水公也, 中山奈々美, 魚里博 : 第61回日本臨床眼科学会総会, 2007
視力検査中の瞬目が瞳孔と調節に与える影響.
魚里博, 山本真也, 川守田拓志, 中山奈々美 : 第61回日本臨床眼科学会総会, 2007
角膜形状解析によるエリア別前面屈折力とその再現性.
山口華奈子, 郷右近博康, 筒井健太, 川守田拓志, 神谷和孝, 清水公也, 魚里博 : 第61回日本臨床眼科学会総会, 2007
視力検査中の瞬目が瞳孔と高次波面収差に与える影響.
川守田拓志, 山本真也, 中山奈々美, 魚里博 : 第43回日本眼光学学会, 2007
手持ちオートレフラクトメータにおけるTiltとFocusの誤差が計測値に与える影響.
魚里博, 川守田拓志, 中山奈々美, 山本真也 : 第43回日本眼光学学会, 2007
瞳孔径が調節微動高周波出現頻度に及ぼす影響.
中山奈々美, 川守田拓志, 山本真也, 魚里博 : 第43回日本眼光学学会, 2007
瞬目が瞳孔と他覚屈折値に与える影響.
山本真也, 川守田拓志, 中山奈々美, 魚里博 : 第43回日本眼光学学会, 2007
涙液がScheimpflug式前眼部解析装置の角膜曲率半径とその再現性に与える影響.
川守田拓志, 魚里博, 中山奈々美, 清水公也 : 第22回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, 2007
前房深度の測定方法による再現性の比較.
筒井健太, 神谷和孝, 相澤大輔, 川守田拓志, 清水公也 : 第22回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, 2007
遠見立体視検査におけるdefocusの影響.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 第63回日本弱視斜視学会総会, 2007
前眼部解析装置PentacamとOrbscanにおける角膜屈折力の比較.
川守田拓志, 魚里博, 神谷和孝, 筒井健太, 山口華奈子, 郷右近博康, 相澤大輔, 清水公也 : 第111回日本眼科学会総会, 2007
屈折矯正状態が眼優位性に及ぼす影響.
魚里博, 中山奈々美, 川守田拓志, 半田知也, 新田任里江 : 第111回日本眼科学会総会, 2007
測定方法によるwhite to whiteの再現性の比較.
相澤大輔, 神谷和孝, 筒井健太, 川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第111回日本眼科学会総会, 2007
角膜後面形状および補正された角膜屈折力評価の重要性.
川守田拓志, 魚里博, 飯田嘉彦, 清水公也 : 第30回日本眼科手術学会総会, 2007
Changes of natural pupil size and ocular wavefront aberrations under the binocular and monocular conditions.
Kawamorita T, Uozato H : 6th OSA Fall Vision Meeting, 2006
Effect of pupil size and ocular wavefront aberration under binocular and monocular conditions.
Kawamorita T, Uozato H : ARVO, 2006
Corneal shape and astigmatism measurements with Pentacam.
Uozato H, Kawamorita T : ARVO, 2006
Effect of exophoria on accommodative microfluctuations
Nakayama N, Kawamorita T, Uozato H : ARVO, 2006
Ocular dominance test for evaluating patients undergoing cataract who opt for monovision.
Handa T, Uozato H, Ishikawa S, Hikita T, Nitta M, Ito M, Kawamorita T, Shoji N, Shimizu K : ARVO, 2006
屈折矯正と眼優位性の関係.
中山奈々美, 半田知也, 川守田拓志, 魚里博 : 第47回日本視能矯正学会, 2006
単眼視下視機能検査時における遮蔽眼の網膜照度が瞳孔径と高次波面収差に与える影響.
魚里博, 川守田拓志, 中山奈々美 : 第60回日本臨床眼科学会, 2006
過矯正が調節微動日内変動に及ぼす影響.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 第60回日本臨床眼科学会, 2006
両眼視と単眼視下における瞳孔径が昼間視と薄暮視下の視機能に与える影響.
川守田拓志 : 学術奨励賞受賞記念講演, 第42回日本眼光学学会, 2006
異径瞳孔での波面収差推定:Schwiegerlingアルゴリズムの精度.
川守田拓志, 魚里博 : 第42回日本眼光学学会, 2006
グレアが他覚的屈折値と瞳孔径に及ぼす影響.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 第42回日本眼光学学会, 2006
近見視作業が波面収差再現性におよぼす影響.
川守田拓志, 魚里博, 半田知也, 清水公也 : 第21回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, 2006
視機能検査中における瞳径孔と他覚屈折値の変動.
魚里博, 川守田拓志, 中山奈々美 : 第21回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, 2006
日中と夜間における調節微動の変化―屈折異常・眼位が及ぼす影響―
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博, 第62回日本弱視斜視学会総会, 2006
Scheimpflug式前眼部解析装置による健常眼の角膜形状解析.
川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第110回日本眼科学会総会, 2006
Scheimpflug式前眼部解析装置における角膜後面の形状解析.
川守田拓志, 魚里博 : 第29回日本眼科手術学会総会, 2006
嚢内に圧縮固定されたフォールダブル眼内レンズの光学特性変化.
魚里博, 川守田拓志 : 第29回日本眼科手術学会総会, 2006
Changes of corneal aberrations in sitting and supine position.
Kawamorita T, Handa T, Uozato H : ARVO, 2005
High frequency component in myopes and emmetropes.
Uozato H, Kawamorita T : ARVO, 2005
両眼視下における眼優位性の調節機能への影響.
半田知也, 石川均, 藤村芙佐子, 川守田拓志, 魚里博, 庄司信行,清水公也 : 第43回日本神経眼科学会, 2005
正常眼における調節微動と屈折異常,眼優位性との関係.
川守田拓志, 半田知也, 中山奈々美, 魚里博 : 第59回日本臨床眼科学会, 2005
昼間視と薄暮視における瞳孔径と収差が視機能に与える影響.
川守田拓志, 魚里博 : 第41回日本眼光学学会, 2005
調節微動と外斜位の偏位量.
中山奈々美, 川守田拓志, 魚里博 : 第41回日本眼光学学会, 2005
眼疲労と調節微動.
川守田拓志, 中山奈々美, 魚里博 : 第5回眼科CFS研究会, 2005
Scheimpflug式前眼部解析装置における角膜前面屈折力の再現性.
川守田拓志, 魚里博, 清水公也 : 第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, 2005
角膜屈折矯正手術が眼内レンズの有効光学径に及ぼす影響.
魚里博, 川守田拓志, 桝田浩三, 清水公也 : 第109回日本眼科学会総会, 2005
仰臥位における角膜形状の変化.
川守田拓志, 半田知也, 魚里博 : 第28回日本眼科手術学会総会, 2005
[特別講演・シンポジウムなど]
Invited lecture; Aging of the eye and vision centerd design of display.
Kawamorita T : The 22nd International Display Workshops, 2015
補償光学網膜イメージングカメラrtx1の原理と特徴.
川守田拓志 : 眼科臨床機器研究会, 2015
パネリスト講演;視覚から交通事故を減らすアプローチ.
川守田拓志 : 内閣府主催平成27年度交通安全フォーラム, 2015
教育講演, 加齢と高速運転時の視機能.
川守田拓志 : 首都高速株式会社交通管理・交通安全対策(中上級)研修会, 2015
特別講演, 熱流体解析ソフトウェアの医療応用.
川守田拓志 : SBDソリューションカンファレンス2015, 2015
Invited lecture, Safety and efficacy of head-up display from a physiological optics standpoint.
Kawamorita T : The 8th SIGGRAPH Asia 2015, 2015
特別講演, 眼球光学系および視覚系の加齢変化と交通安全.
川守田拓志 : 第57回日本産業・労働・交通眼科学会, 2015
車載用ディスプレイ・コクピットの開発動向と求める要素技術 コクピット搭載・自動車用ディスプレイに求める生理的観点から見た安全性・実験.
川守田拓志 : 株式会社&TECH主催セミナー, 2015
教育セミナー, 視力検査に関する多施設アンケート調査.
川守田拓志 : 第51回日本眼光学学会総会, 2015
ランチョンセミナー, 白内障副病型の種類と検査・視機能.
川守田拓志 : 第54回日本白内障学会総会・第41回水晶体研究会, 2015
特別講演,視能矯正学と眼光学の接点~新しい屈折矯正法が施行された患者の検査を考える.
川守田拓志 : 中四国視能訓練士会第25回研究会, 2015
教育講演, 視覚特性と加齢変化から視覚中心設計を考える.
川守田拓志 : 第4回日本高視認性安全服研究所(JAVISA)高視認性安全服講習会, 2015
プラクティス 眼光学, 屈折矯正法と眼光学~保存療法と手術療法の違い~.
川守田拓志 : 第30回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, 2015
夕方の視覚に関する研究のコラボレーション研究.
川守田拓志 : おもいやりライト運動 ゆうがたカフェ, 2015
視覚機能低下のメカニズムと高齢者事故防止への視覚からのアプローチ.
川守田拓志 : 平成27年「春の全国交通安全運動」推進連絡会議, 特別講演, 2015
文字品種や電子ディスプレイの精細度が日本語文字の可読性に与える影響.
川守田拓志 : フラットパネルディスプレイの人間工学シンポジウム, シンポジウム, 2015
加齢による視覚変化と交通安全.
川守田拓志 : 本田技研工業株式会社安全運転普及本部内 交通安全教育研究会総会, 特別講演, 2014
加齢と高速運転時の視機能.
川守田拓志 : 首都高速株式会社交通管理・交通安全対策(中上級)研修会, 教育講演, 2014
視覚中心設計を考える.
川守田拓志 : 日産自動車講演会, 教育講演, 2014
眼鏡光学の視能矯正への応用.
川守田拓志, 魚里博 : 日本眼鏡学会オープンセミナー, シンポジウム, 2014
ここまできた各社前眼部解析装置 ペンタカム.
川守田拓志 : 第2回JSCRSサマーセミナー, 2014
Hole ICLの光学・流体力学特性.
川守田拓志 : The 18th IRSJ 2014, 基調講演, 2014
歩行者もクルマも光って
川守田拓志 : 静岡県交通安全対策協議会, 教育講演, 2014
白内障とQOL 白内障と運転.
川守田拓志 : 第53回日本白内障学会総会, シンポジウム, 2014
視力・屈折検査に活かす眼光学.
川守田拓志 : 第50回日本眼光学学会総会, シンポジウム, 2014
インストラクションコース;ORTが知っておくべき白内障術前検査の基礎知識 一般的なIOL度数計算法.
川守田拓志 : 第29回日本白内障屈折矯正手術学会学術学会, 2014
Hole ICLの光学特性.
川守田拓志 : 第29回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, ランチョンセミナー, 2014
眼光学から考える理想の眼内レンズと再生水晶体.
川守田拓志 : 第40回水晶体研究会, イブニングセミナー, 2014
ICLの光学特性は,LAISKを超えたか?
川守田拓志 : 第67回日本臨床眼科学会総会, ランチョンセミナー, 2013
IOLのトレンドを光学特性の観点から検証する.
川守田拓志 : 第67回日本臨床眼科学会総会, ランチョンセミナー, 2013
徹底検証!IOLの光学機能:モノフォーカルIOLにおける光学特性の基礎.
川守田拓志 : 第49回日本眼光学学会総会, ランチョンセミナー, 2013
白内障症例検討会 核白内障.
川守田拓志 : 第52回日本白内障学会総会, シンポジウム, 2013
白内障術後評価法 波面収差.
川守田拓志 : 第28回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, 教育セミナー, 2013
白内障・屈折矯正手術に必須の基礎眼光学 眼屈折と収差特性・調節・瞳孔径.
川守田拓志 : 第28回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, インストラクションコース, 2013
IOL度数計算でORTに必要な知識 一般的なIOL度数計算法.
川守田拓志 : 第28回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, インストラクションコース, 2013
白内障と眼内レンズの光学特性.
川守田拓志 : 日本眼科医会第63回生涯教育講座 白内障のすべて 札幌講座, 2012
新しい測定装置を極める Ocular Response Analyzer.
川守田拓志 : 第27回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, シンポジウム, 2012
最新の検査法を習得しよう 角膜形状解析~コツと落とし穴~
川守田拓志 : 第27回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, 視能訓練士プログラム, 2012
白内障・屈折矯正手術に必須の眼光学知識 眼屈折と収差特性・調節・瞳孔径.
川守田拓志 : 第27回日本白内障屈折矯正手術学会学術総会, インストラクションコース, 2012
白内障と眼内レンズの光学特性.
川守田拓志 : 日本眼科医会第63回生涯教育講座 白内障のすべて 名古屋講座, 2012
白内障と眼内レンズの光学特性.
川守田拓志 : 日本眼科医会第63回生涯教育講座 白内障のすべて 神戸講座, 2012
白内障と眼内レンズの光学特性.
川守田拓志 : 日本眼科医会第63回生涯教育講座 白内障のすべて 福岡講座, 2012
視能訓練士に必要な角膜形状検査の基礎知識.
川守田拓志 : 第1回神奈川県視能訓練士の会, 2012
白内障と眼内レンズの光学特性.
川守田拓志 : 日本眼科医会第63回生涯教育講座 白内障のすべて 東京講座, 2012
光学設計ソフトの医療応用 眼球光学系とカメラ光学系の違いを探る.
川守田拓志 : CODEV特別セミナー2011, 2011
波動光学の基本(回折,散乱など).
川守田拓志 : 第47回日本眼光学学会総会, 教育セミナー, 2011
スリットスキャン角膜トポグラファー.
川守田拓志 : 第47回日本眼光学学会総会, 教育セミナー, 2011
各種屈折矯正法のドライビングシミュレーション.
川守田拓志 : 第46回日本眼光学学会総会, シンポジウム, 2010
Scheimpflug式前眼部解析装置Pentacamの実力.
川守田拓志 : 第46回日本眼光学学会総会, ランチョンセミナー, 2010
眼内レンズと瞳孔.
川守田拓志 : The IRSJ 2008, 特別講演, 2008
最近の屈折矯正法.
川守田拓志, 魚里博 : TOCセミナー2008, 教育講演, 2008
白内障術前後検査ニューデバイス;Scheimpflug式前眼部解析装置Pentacam.
川守田拓志 : 第21回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, シンポジウム, 2006
前眼部解析装置PentacamTMの使用法
川守田拓志 : 第6回眼科臨床機器研究会, 2006