VOICE

  • photo
  • 少人数制について

    篠原 沙織さん
    4年生

学内の実習は8~9人の少人数で行われ、機器の扱いや患者との接し方、臨床での経験談など、先生が一人ひとり丁寧に指導して下さります。生徒同士もペアを組んで実習を行うため仲良くなりやすい環境です。

他にも二年次に履修した保育実習では、実際に保育園に毎週通い、正常な小児の視覚、小児との接し方を間近で学ぶことができ、貴重な体験をさせていただくとともに、学内の教室だけに留まらない多角的な学びが得られました。

北里大学には多くの医療関係の学部、学科、専攻もあり、チーム医療についてなど、"視覚"の枠にとらわれない医療現場での役割、考え方を学べたことも私の中で医療従事者としての自覚について考えさせてくれ、現実で自分が視能訓練士として働くイメージが浮かびやすかったように感じます。

先生方との距離も近く、わからないことを質問しやすいため、先生と話すことに気後れしがちな私でも講義についていくことができたのだと感じています。今後は、これらの貴重な経験を生かし、臨床の場で応用していく力を身につけていきたいです。