• 学科・専攻 独自サイト
  • 学術国際交流
  • 研究・産学連携
  • 各種証明書の申請手続方法

再生医療・細胞デザイン研究施設

  • HOME
  • 再生医療・細胞デザイン研究施設
  • 部門紹介
  • 教員紹介

北里大学医療衛生学部付属研究施設は、学部内外の専門家による臓器再生および細胞治療を中核とした生命科学領域の基礎研究・応用研究と高度専門教育に取り組み、本学部の教育目標とする「人の健康を考え、人間性豊かな高度な専門知識と技術を実践する人材の養成」を図ることを目的としています。

再生医療・細胞デザイン研究施設

 施設長:佐藤 雄一

センター部門 構成員 概要
細胞デザイン研究開発センター ◎市川 尊文
佐藤 雄一
北里 英郎
古田 玲子
小島 文章
太田 悦朗
佐藤 隆司
土屋 紅緒
長塩  亮
川上 文貴
鉢村 和男
川島  麗
前川 達則
中村 正樹
生体防御、細胞・組織構造、脳神経機能、腫瘍を含めた各種疾患、遺伝子制御等に関する細胞デザインの基礎及び応用の研究を、ゲノム解析、トランスクリプトーム解析、プロテオーム解析技術や、各種ベクターを用い目的の遺伝子を導入した細胞を用いて研究し、作用機序の解明や治療を含めた臨床応用の礎を築くことを目的とする。
臓器再生研究開発センター ◎門谷 裕一
石川  均
稲岡 秀検
小林 弘祐
小久保謙一
小畑 秀一
佐々木 徹
林   徹
木村 武俊
臓器再生の基盤技術の確立と臨床応用に関する研究開発:血管の新生および角膜・網膜・心筋・神経・肝臓・膵臓・骨・軟骨組織などの臓器再生の基盤技術を取り入れ、倫理的課題に留意しながら研究開発を行う。臨床応用技術の確立を目指し、社会性のある活動を行う。
機能再生研究開発センター 増田 卓 
松永 篤彦
高平 尚伸
東條美奈子
横山美佐子
臓器や器官、身体や精神の機能維持・回復再生に関する研究開発:身体や精神の働きは、加齢変化に加えて、生活環境や活動状況によって修飾される。その加齢変化の機序を解明し、生体機能をより高いレベルに維持するための方法や、障害された機能を回復するための介入手段を開発する。合わせて、機能障害の発生を未然に防ぐための予防医学についても多面的に研究を進める。
動物実験部門 ◎丸山 弘子
太田 久吉
石井 直仁
石橋  仁
久保  誠
緒形 雅則
幅田 智也
ティ  ティ  ルイン
坂本 美喜
井本 明美
黒崎 祥史
再生医療研究を動物個体レベルで行うため、遺伝子組換え動物を含む実験動物の飼育・管理を行う。また、行動実験及び病理学的・生化学的・分子生物学的解析を行うための研究設備・機器を提供する。さらに、動物実験に関する倫理の理解啓発を図るための講習会を開催する。

◎センター長・部門長

詳しくは「最先端研究」で紹介しています