表示選択:

FEATURE 臨床工学専攻の特色

  • 医工学を学ぶ・人の生命維持に直結する医療機器の操作や機器開発力を養うために、医学と工学を基礎から学習

  • 医療機器の動作原理を学ぶ・医療機器の基本的な原理と機能や性能を把握し、操作方法や保守管理に必要な工学技術を習得

  • 病態シミュレーションなどから医療機器の操作方法を身につける・実際の医療現場さながらの実習を経験し、即戦力となるスキルを習得

  • 4年次には最先端医療とチーム医療を体験する・先端医療現場での臨床実習を通じて多くの患者さんや医療従事者とふれあい、チーム医療における臨床工学技士の役割について学習

  • 4年次にカリキュラムの総仕上げとして「卒業研究」を実施

PICK UP 授業紹介

  • 医用機器学Ⅰ・Ⅱ (演習含)(3群科目:1年次)
    臨床における医用機器と臨床工学技士との関わりについて学びます。
  • 生体機能代行装置学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ (3群科目:2・3年次)
    臨床業務に必要な人工呼吸、人工心肺、血液浄化等の原理や機器の構造・操作法について学びます。
  • 生体計測装置学実習
    (3群科目:2年次)
    臨床工学の分野で取り扱う生体計測装置について、実習を通して体系的に学びます。
  • 電子工学実習
    (2群科目:3年次)
    医用機器や医療現場で起こる様々な現象を理解するために、電子工学の基礎を実習を通して体系的に学びます。

DATA 卒業生データ

主な就職先
  • 学校法人北里研究所 北里大学病院
  • 学校法人聖路加国際大学 聖路加国際病院
  • 学校法人自治医科大学 自治医科大学附属病院
  • 学校法人埼玉医科大学 埼玉医科大学国際医療センター
  • 学校法人昭和大学 昭和大学病院
  • 平塚市民病院
  • 春日井市民病院
  • 地方独立行政法人 総合病院国保旭中央病院
  • 国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院
  • 川崎市立川崎病院
  • 富岡地域医療企業団
  • 石川県立 石川県立中央病院
  • 医療法人財団東京勤労者医療会 東葛病院
  • 社会福祉法人三井記念病院
  • 神奈川県厚生農業協同組合連合会 伊勢原協同病院
  • 社会医療法人社団三思会 東名厚木病院
  • 医療法人同愛会 小澤病院
  • 社会福祉法人恩賜財団済生会 横浜市東部病院
  • 社会医療法人財団石心会 川崎幸病院
  • 長野県厚生農業協同組合連合会 佐久総合病院
主な進学先
  • 北里大学大学院
  • 東京大学大学院
学科目 生体工学
職位 教授
氏名 氏平 政伸
研究内容
学科目 生体工学
職位 准教授
氏名 酒井 利奈
研究内容
学科目 生体工学
職位 助教
氏名 吉田 和弘
研究内容
学科目 臨床工学
職位 教授
氏名 久保田 勝
研究内容
学科目 臨床工学
職位 准教授
氏名 小久保 謙一
研究内容
学科目 臨床工学
職位 助教
氏名 小林 こず恵
研究内容
学科目 医療電子工学
職位 教授
氏名 熊谷 寛
研究内容
  • 医療用レーザーシステムの設計・開発
  • 3D超解像顕微鏡開発と生物学利用
  • 微小磁場計測技術の開発と医療応用
学科目 医療電子工学
職位 講師
氏名 小川 恵美悠
研究内容
  • レーザー治療・診断学のの基礎検討
  • システム手法による治療学研究
学科目 医療電子工学
職位 助教
氏名 小菅 智裕
研究内容
  • 生体信号の伝播波解析技術に関する研究
  • 表面筋電図による骨格筋組成推定技術の研究
  • トレーニング効果評価技術の研究
学科目 医療安全工学
職位 教授
氏名 廣瀬 稔
研究内容
  • 医療におけるリスク解析と信頼性に関する研究
  • 医療機器等の安全使用に関する研究
  • 医療機器とヒューマンファクターに関する研究
学科目 医療安全工学
職位 講師
氏名 塚尾 浩
研究内容
学科目 医療安全工学
職位 助教
氏名 小川 貴康
研究内容

在学生Message
 
チーム医療だからできる
最先端の医療機器の活用
幼い頃から医療の道に興味がありました。人と接する事が好きだった事、得意な理工学系を学びたいと考え、この学科を専攻しました。医療を学ぶ上で、隣接した大学病院があることは、勉強に対するモチベーションに大きな影響があると実感しています。特に北里大学医療衛生学部は医療に関わる学科が大変多く、目指す先が近い仲間と時間を共にすることで自らを高められると思います。
チーム医療という単語を世間でも耳にするようになってきましたが、実習やグループワークで仲間と助け合いながら課題をクリアしていくことで、医療現場で大切なチームワークという考え方をより意識できるようになりました。これからは、より患者さんを意識した、現場で生かせる知識を身につけていきたいと思います。将来、実際の現場で最新の医療機器をもって患者さんにあたれるような臨床工学技士を目指して勉強に励んでいきたいです。
川端 友大さん
医療工学科 臨床工学専攻 3年
[佐渡高等学校出身]

OB/OG Interview
 
2つの視点から医療を学ぶということ
進路を考えていた頃、聞き慣れない臨床工学という専攻名、そして「工学と医療の交わる分野」に興味を持ちました。現在は臨床工学技士として働いています。1人の患者さんに対し、複数のメディカルスタッフが連携して治療やケアに当たる現場では臨床工学技士も重要な役割を担います。私は北里大学の医療工学科で学んだからこそ、工学的視点、医学的視点、両方の視点をもって「患者さん中心のチーム医療」に積極的に取り組めていると感じます。
市川 智貴さん
[北里大学病院 ME部 勤務]
医療工学科 臨床工学専攻
2016年度卒業

医療工学科 臨床工学専攻

シラバス