• 学科・専攻 独自サイト
  • 学術国際交流
  • 研究・産学連携
  • 各種証明書の申請手続方法

臨床工学専攻

  • HOME
  • 学科・専攻 : 医療工学科 臨床工学専攻[学科専攻の紹介]
  • 学科専攻の紹介
  • 教員紹介
  • シラバス
  • 在学生・卒業生インタビュー
  • 就職実績
  • 資料請求はこちら

学科・専攻の紹介

専攻の理念・目的

倫理問題に対応できる人間性やチーム医療の担い手となる自覚・能力を育て、患者さまの命と最先端医療機器を結ぶスペシャリスト「臨床工学技士」をめざします。
医療機器の動作原理と医学・工学の基礎を学び、医療機器の研究・開発能力を養います。

「臨床工学」とは?

臨床工学とは、医学と工学の学際的領域として誕生し、電子工学、計測工学、情報処理工学、材料工学などのさまざまなテクノロジーを、いかに有効に医療に結びつけるかが重要となる、独立した学問分野です。
医療機器が複雑・高度化する医療現場で、患者さまの命と医療機器を結ぶスペシャリストが「臨床工学技士」です。

「臨床工学」と「臨床工学技士」の関係性

「臨床工学技士」の活躍するフィールド

業務

1. 臨床技術提供

生命維持管理装置を医療現場(臨床)で使用するために、技術を提供します。生命維持管理装置とは、呼吸療法:人工呼吸器、心臓手術(開心術):人工心肺装置、血液浄化療法:血液浄化装置などを指し、その操作や保守点検を、臨床工学技士が医師の指示のもとに行います(生命維持管理装置使用時に血圧や心電図などの生体情報モニタを行うための技術提供等を含みます)。

2.医療機器の管理(保守点検、関連する情報管理など)

臨床技術提供で使用される機器の日常点検や医療施設内の医療機器および在宅医療などで使用している医療機器の定期点検、故障時の対応などを担当します。また、医療機関内外で起こった医療機器や関連設備で起こったトラブル情報の収集や、対応策などの情報を提供することも重要な業務になっています。

ME教育
ME:Medical Engineering(医療工学)

各種医療機器を効率的かつ安全で適正に操作するには、各種医療機器の原理、構造、操作及びトラブル時の対応などについて、臨床工学技士が使用者である医師や看護師を教育することが必須です。これは臨床工学技士の資質の向上にも役立っています。

臨床工学技士の業務と関連機器、業務場所・業務内容・他医療職種との関わり

臨床工学専攻の特色

日々進歩し高度化する生命維持管理装置の操作・保守管理や研究開発を行う専門家を養成します。

臨床工学専攻は、わが国で最初に4年制大学に設置された、臨床工学技士養成コースの専攻のひとつです。
1年次から医学や工学に関する科目を受講し、医療機器の取扱いと保守管理に必要な知識・技術を習得し、日進月歩の医療機器に対応できる臨床工学技士を養成します。

生命維持管理装置等最先端の医療機器の保守・管理技術を学ぶ

生命維持管理装置等最先端の医療機器の保守・管理技術を学ぶ

人の生命に関わる医療機器を扱うための工学を基本から学びます。

医療機器の動作原理と医学・工学の基礎を学び、機器の研究開発力を養う

医療機器の動作原理と医学・工学の基礎を学び、機器の研究開発力を養う

医療機器の原理や役割、操作や保守管理に必要な知識・技術を習得します。

患者さまとのふれあいを重視し、倫理問題に対処できる人間性を養う

患者さまとのふれあいを重視し、倫理問題に対処できる人間性を養う

病院での実習を通して現場を知り、患者さまへの接遇、会話などを学びます。

コ・メディカルとしてチーム医療の担い手となる自覚・能力を身につける

コ・メディカルとしてチーム医療の担い手となる自覚・能力を身につける

実際の医療現場さながらの実習を経験し、即戦力となるスキルを習得します。

4年次に先端医療現場を体験し、総仕上げに「卒業研究」を行う

4年次に先端医療現場を体験し、総仕上げに「卒業研究」を行う

研究室に所属し、総仕上げとして、卒業研究を経て、卒業論文を執筆します。

本専攻は、わが国で最初に設置された4年制大学の臨床工学技士養成コースです。そのため本専攻は、医学と工学の学際領域として誕生した臨床工学を、独立した学術分野として発展させる責務を負っています。
臨床工学では、計測工学、情報処理工学、材料工学といったさまざまなテクノロジーをいかに有効に医療に結びつけるかが重要になります。
本専攻では、1年次から医学や医療に関する科目を開講し、同時に医療機器の取扱いと保守管理の基礎を固め、併せて数学や統計学、物理学など、工学を支える基礎知識も学びます。
日進月歩の医療機器に対応できるよう、電気工学、電子工学、機械・システム工学など、講義や実習によって、エレクトロニクスやエンジニアリングの知識も習得し、即戦力をめざします。

授業紹介

医用工学総論

医用工学総論(3群:1年次)

臨床工学および臨床工学技士とは何か、臨床工学技士に求められる思考法、医学と工学との関係、医用工学の本質と問題点などを学ぶことで医用工学の全体像を把握します。

生体機能代行装置学Ⅱ・Ⅲ

生体機能代行装置学Ⅱ・Ⅲ(3群:2・3年次)

実際に臨床工学技士が臨床現場で扱う、血液浄化器、体外循環装置などの原理・構造や操作法について学びます。

システム工学実習

システム工学実習(2群:2年次)

システムという概念は臨床工学にきわめて重要です。概念を身につけるために、多くのテーマで実習を行います。

卒業研究

卒業研究
(3群:4年次)

医療工学分野の研究を行い、その成果を専攻内研究発表会で発表し、卒業論文としてまとめます。学外の学会で成果発表する場合も多くあります。

臨床工学専攻 卒業生データ

 調整中

取得できる資格

  • 臨床工学技士(国家試験受験資格)
  • 第1種、第2種ME技術実力検定(日本生体医工学会)

臨床工学技士国家試験 合格率

  • 平成26年度(全国平均83.2%)
  • 平成25年度(全国平均78.8%)
  • 平成24年度(全国平均75.3%)