表示選択:

FEATURE 保健衛生学科の特色

  • すべての学生が第一種衛生管理者資格(国家資格)を取得できる(国家試験免除)

  • インターンシップや企業研究会もあり,高い就職率と多岐にわたる業界への就職実績を維持

  • 環境保健学コースは甲種危険物取扱者,公害防止管理者,健康食品管理士など目指せる資格が豊富

  • 臨床心理学コースは隣接する病院での実習や基礎医学教育など,医療系大学ならではの公認心理師カリキュラムが充実

COURSE 保健衛生学科の専門コース

<2020年度入学生まで>
※3年次進級時にコース選択。一部のコースには定員があります。
MORE
  • 食品安全機能学コース
    食品は、私たちの日常の活動や健康維持に欠かせないものです。本コースでは、基礎医学の修得とともに、病気にならないためには食品をどのように活用するか、食品の安全性はどのように確保されているのか等の知識を身につけ、食を基盤とした予防医学の推進に貢献する人材を育成します。

    PICK UP実習紹介

    健康食品学実習(3群:3年次)
    3~4名のグループで、食品の安全性、機能性に関する実験を行います。ヒスタミン食中毒の原因となるヒスタミンが魚に含まれているかどうか測定したり、野菜、フルーツ等から抗酸化物質であるポリフェノールを抽出し、種類や量、抗酸化能を測定したりします。どの食材を使うか、どのようなタイムスケジュールで実験するかについてはグループで話し合って決めます。実習の最終日には研究発表会を行い、意見交換をして理解を深めます。

  • からだの健康
    産業保健・作業環境学コース
    企業で働く人々の労働環境を整えるため、リスク解析やその改善を学び、衛生管理を担う職業人を養成します。

    PICK UP実習紹介

    産業衛生管理学 (環境保健学コース、臨床心理学コース・必修科目)
    作業環境中の様々な有害要因(物理因子、化学因子)の計測・捕集、解析・分析、評価を実際の職場環境において行い、有害要因の管理技術を実践的に習得しています。

  • 環境
    共生環境学コース
    あらゆる生物の生存に必須な水を中心として、環境を衛り、豊かで安心・安全な生活環境を創出するための知識と技術を学び、人類の持続可能な発展に貢献できる人材を育成します。

    PICK UP実習紹介

    環境衛生学・工学実習(3群:3年次)
    水環境汚染の実態調査と評価手法、安全・安心な飲み水を供給するための上水処理や、水環境汚染を防止するための下水処理に用いる各種要素技術の原理と効果を、実習を通して学びます。

  • こころの健康
    臨床心理学・精神保健学コース
    職場・地域等での精神保健活動に必要な基本的知識を習得し、様々な領域でこころの健康の維持・増進にかかわる人材を養成します。より専門的な資格取得を希望する学生に対応するため、大学学部での公認心理師カリキュラムに対応しています。本コースのカリキュラムは医療系大学の強みをいかした実習・演習が特色です。心理職を目指す学生だけでなく,学部卒業後に一般企業に就職する学生も多く,本コースで修得した知識と技術は社会人としても生かされると考えます。

    PICK UP実習紹介

    心理実習I(3群:3年次)
    医療系大学の強みを生かし,北里大学病院をはじめとした医療機関等での実習を予定しています。その他,企業でのメンタルヘルス活動について、問題提起・対策立案の方法を学びます(写真)。この実習を通して主体的に学び解決する能力を養います。

<2021年度入学生以降>
※2022年度入学生は受験時にコース選択の予定です。
最新の情報は受験生サイトを確認してください。
MORE
  • 環境保健学コース
    食品の機能性や安全性,水を中心とした環境汚染の防止,衛生的な労働環境について学びます。実践的な技術を学べる実習や最先端の研究に取り組むことで科学的視点を持ったプロフェッショナルを養成します。 甲種危険物取扱者,健康食品管理士,公害防止管理者など目指せる資格が多数あるので就職活動では様々な業界に挑戦できます。また,インターンシップや企業研究会があり,高い就職率と,多岐にわたる業界への就職実績を維持しています。 本コースで学ぶ過程で研究に興味を持ち,研究・開発職を目指して大学院に進学する学生も少なくありません。医療衛生学部での成績が上位50%以内の学生は推薦入試を受験できます。

    PICK UP実習紹介

    健康食品学実習(3年次、選択科目)
    3~4名のグループで、食品の安全性、機能性に関する実験を行います。ヒスタミン食中毒の原因となるヒスタミンが魚に含まれているかどうか測定したり、野菜、フルーツ等から抗酸化物質であるポリフェノールを抽出し、種類や量、抗酸化能を測定したりします。どの食材を使うか、どのようなタイムスケジュールで実験するかについてはグループで話し合って決めます。実習の最終日には研究発表会を行い、意見交換をして理解を深めます。

    環境衛生学・工学実習(3年次、選択科目)
    水環境汚染の実態調査と評価手法、安全・安心な飲み水を供給するための上水処理や、水環境汚染を防止するための下水処理に用いる各種要素技術の原理と効果を、実習を通して学びます。

    産業衛生管理学実習(3年次,必修科目)
    労働環境に存在する有害要因(有機溶剤、重金属、騒音等)による労働者の健康への影響を評価する方法やその予防対策、疲労の評価法、救急法等の基礎を実習を通して修得します。

  • 臨床心理学コース
    こころの理論,分析・評価,支援方法について学びます。医療系大学ならではの基礎医学教育,隣接する病院での実習,チーム医療演習が特徴です。心理学だけでなく,医学や多職種連携の知識も修得し,実践力のあるプロフェッショナルを養成します。 北里大学大学院も公認心理師カリキュラムに対応していますので、大学・大学院で連続した公認心理師カリキュラムを受けることもできます。医療衛生学部での成績が上位50%以内の学生は推薦入試を受験できます。 心理職を目指して大学院に進学する学生だけでなく,学部卒業後に民間企業に就職する学生も多く,本コースで修得した知識と技術は社会人としても生かされると考えます。

    PICK UP実習紹介

    心理実習I(3年次、コース指定科目)
    医療系大学の強みを生かし,北里大学病院をはじめとした医療機関等での実習を予定しています。その他,企業でのメンタルヘルス活動について、問題提起・対策立案の方法を学びます(写真)。この実習を通して主体的に学び解決する能力を養います。

    PICK UP演習紹介

    チーム医療演習(1-4年次,必修科目)
    北里大学の医療系四学部(医学部、薬学部、看護学部、医療衛生学部)と附属病院等が連携して行うプログラム。医療職を目指す学生がチームとなり「末期がん患者の緩和ケア」「大災害時の避難所における医療」等のテーマに取り組みます。他の医療職を目指す学生とともに医療の課題に取りむことで,他職種の考え方を知り,チームの中で心理師に求められる役割を学びます。

LICENCE 資格について

<2020年度まで>
<2021年度以降>

PICK UP 資格紹介

  • 第一種衛生管理者
    働く環境には、仕事の内容により様々な有害な要因(化学物質、暑熱、放射線、病原体、ストレス等)があります。衛生管理者はその有害要因から労働者の健康と安全を守ります。従業員50人以上の職場では衛生管理者を選任する必要があるため、多くの企業・団体では従業員に国家試験を受験させています。健康科学科では国家試験を受けることなく、卒業と同時に資格を取得できます。写真は血液中の鉛を測定する実習風景です。

  • 公認心理師
    心理専門職として唯一の国家資格です。心理検査や心理面接を行い、医療スタッフ等と連携しながら患者さんやご家族に心理的支援を行います。職場は病院、学校、児童相談所、企業など多岐にわたります。国家試験を受験するには、大学で公認心理師カリキュラムを受けた後、大学院修了または実務経験を経る必要があります。
    さらに詳しく

  • 健康食品管理士
    健康食品管理士は、「何に気をつけて食品を摂取すれば病気を予防でき、さらに今よりもっと健康になることができるのか」という疑問に対して解決する知識を持っていることを示す資格です(一般社団法人日本食品安全協会認定)。認定校に指定されている健康科学科において必要単位を取得すると、協会主催の講座を受講することなく認定試験の受験資格を得られます。また、就職活 動が本格化する前の3年次後期に実施される試験を受験できることも学生にとっての利点となっています。健康食品管理士は、食品関連企業だけでなく、医学の基礎知識が必要とされる医薬品、化粧品、生活用品等の分野で活躍しています。
    さらに詳しく

CAREER 卒業後の進路

進路状況(2019年度卒業生)
就職先内訳

DATA 卒業生データ

主な就職先
  • JFEスチール株式会社
  • アイワイフーズ株式会社
  • シミックキャリア株式会社
  • テルモ株式会社
  • 株式会社EP綜合
  • 株式会社アイロムグループ
  • 株式会社コーセー
  • 株式会社ゼンショーホールディングス
  • 株式会社ニッセーデリカ
  • 株式会社ファンケル
  • 株式会社フォーカスシステムズ
  • 株式会社荏原製作所
  • 株式会社協和企画
  • 株式会社富士薬品
  • 神奈川中央交通株式会社
  • 水ing株式会社
  • 日本ゼトック株式会社
  • 日本製鉄株式会社
主な進学先
  • 北里大学大学院
  • 東京大学大学院

在学生Message
 
労働災害を未然に防ぎ
職場環境を快適にする仕事に就きたい
この学科を志望したのは、医療のみならず労働、環境、食品など様々な分野について学ぶことができるからです。また、もともと予防医学に関心があったことや、高い就職率や資格取得率も魅力に感じました。予防医学を学び続けるうちに、今後高齢者が増加していく中で、私達の学ぶ1次予防はもっと世間に知られる必要があると感じています。将来について入学当初は漠然としていましたが、様々な分野を学んだ今は「作業環境測定」に強い興味を抱くようになりました。
山内 玲奈さん
産業保健・作業環境学コース(現 環境保健学コース)4年
[八王子学園八王子高等学校出身]
 
基礎医学の知識を身につけた
公認心理師になりたい
医療分野の心理職に興味があり、医学教育も充実している健康科学科に入学しました。カリキュラムは予防医学が多く、医学的な分野も学べるので、医療従事者になる上での基礎知識が身につきます。また、3年次に参加したチーム医療演習では、専門職各々の知識をアウトプットしながら一つの課題に取り組んだため、自分の専門分野への理解をより深める機会になったと感じています。今は医療分野だけでなく福祉や産業分野の心理職にも関心が広がっています。大学院に進学して専門技術を身につけると共に将来を模索したいと考えています。
松隈 芽衣さん
臨床心理学・精神保健学コース(現 臨床心理学コース)4年
[湘南白百合学園高等学校出身]

卒業生Message
 
学びが多領域にわたっているから
様々な業界に挑戦できた
大学院への進学も視野に入れていましたが、私は新薬を待ち望むたくさんの患者さんの役に立つ仕事がしたいと思い治験業界を目指しました。様々な業界に挑戦できたのは、本学科の講義が多領域にわたっていたためだと思います。本コースで学んだことは対人職としての確かな知識とスキルです。患者さんが抱く不安を少しでも減らすことができる治験コーディネーターになりたいと考えています。
吉田 知佳さん
[株式会社アイロムグループ 勤務]
精神保健学コース(現 臨床心理学コース)
2019年卒業
[横須賀大津高等学校卒業]
 
大学と大学院が連続しているから
就職活動の計画も立てやすかった
大学2年の時に心理学や精神保健学の講義を受けて心理職に興味を持ち大学院に進学したいと思うようになりました。本コースから心理職を目指す学生の多くは、北里大学大学院医療系研究科臨床心理学コースへの進学を希望します。大学、大学院と連続したカリキュラムを受けられることはやはり魅力的です。一貫した教育を受けられますし、就職活動の計画も立てやすかったです。今後は犯罪捜査や被害者の支援活動など、様々な場面で活かしていきたいと考えています。
寄川 兼汰さん
[警視庁 勤務]
精神保健学コース(現 臨床心理学コース) 2017年卒業
大学院医療系研究科臨床心理学コース 2019年修了
[鹿沼高等学校卒業]

OB/OG Interview
 
進路のきっかけとなった
大学での講義
私が水処理で環境に貢献する企業に入社したきっかけは、在学中の環境衛生学や環境工学、資源循環科学の講義でした。生物の代謝を活用した技術は、昨今の環境問題の顕在化や資源・エネルギー需要の観点から、今後特に重要です。特に汚水処理技術を学ぶ機会が得られたことは、大学院進学やエンジニアリング会社への就職を決定づける出会いでした。大学受験時に進路を決めていない高校生でも、幅広い学びを通してやりたいことを探せるこの学科は、貴重な存在だと思います。
大津留 知樹さん
[水ingエンジニアリング株式会社 勤務]
サスティナビリティ実践学コース(現 環境保健学コース)
2017年卒業

保健衛生学科(2021年4月、健康科学科から保健衛生学科に名称変更しました)

※[  ]内は2021年度以降のコース名

公衆衛生学研究室(食品安全機能学コース担当[環境保健学コース担当])

超高齢化社会の日本では、「いかに元気な状態で長生きするか」は重要課題の一つです。そこで私たちは、人々の疾病予防だけでなく健康増進にも貢献するため、消費者の関心の高い「食」等の身近な生活環境と疾病予防に関する研究を行っています。
職位 教授
氏名 内藤 由紀子
研究内容
  • 食用植物油摂取の循環器疾患に対する影響の研究
  • 多価不飽和脂肪酸の機能性と生活習慣病に関する研究
  • 腸内細菌叢が関与する短鎖脂肪酸の生活習慣病に対する影響解析
  • 食品の安全性に関する研究
職位 講師
氏名 伊与 亨
研究内容
  • 温水洗浄便座の衛生学的評価に関する研究
  • バチルス属細菌の有効利用とその制御に関する研究
職位 講師
氏名 飯塚 佳子
研究内容
  • 肝星細胞におけるリン脂質代謝酵素の役割の解明
職位 助教
氏名 片桐 裕史
研究内容
  • ナノバブル発生装置から得られるナノバブル水(活性水)の持つ活性効果の検討および実用化の開発

環境衛生学研究室(共生環境学コース担当[環境保健学コース担当])

人を含めた全ての生物が生きていくために必要な『水』に注目して、「水環境や都市域における薬剤耐性菌や病原微生物、衛生動物の遺伝子モニタリングとそのデータに基づいた安全・安心な水資源や都市環境の確保に関する研究」、「薬剤耐性菌を含む各種病原性微生物に適用可能な新規消毒技術開発」、「下水や廃水の生物処理技術の開発研究」などの研究を実施しています。
研究室ホームページ filter_none
職位 教授
氏名 清 和成
研究内容
  • 環境水/生活水/飲用水中の病原性細菌や衛生動物のモニタリングと、そのデータに基づいた安全・安心な水資源や都市環境の確保
  • 薬剤耐性菌を含む各種病原性微生物に適用可能な新規消毒技術の開発
  • 各種工場等からの排水の生物学的処理技術開発
職位 講師
氏名 古川 隼士
研究内容
  • 環境水/生活水/飲用水中の病原性細菌や衛生動物のモニタリングと、そのデータに基づいた安全・安心な水資源や都市環境の確保
  • 薬剤耐性菌を含む各種病原性微生物に適用可能な新規消毒技術の開発
  • 各種工場等からの排水の生物学的処理技術開発
職位 講師
氏名 AMARASIRI MOHAN
研究内容
  • 環境水/生活水/飲用水中の病原性細菌や衛生動物のモニタリングと、そのデータに基づいた安全・安心な水資源や都市環境の確保
  • 薬剤耐性菌を含む各種病原性微生物に適用可能な新規消毒技術の開発
  • 各種工場等からの排水の生物学的処理技術開発

衛生管理学・産業保健学研究室(産業保健・作業環境学コース担当[環境保健学コース担当])

私たちが生活する環境、特に労働環境に着目し、労働環境で健康に影響を及ぼす様々な有害因子から人々を守るための方策などについて研究を行っています。
職位 講師
氏名 大場 謙一
研究内容
  • 環境及び食品中の有害な化学物質の健康影響に関する遺伝子の疫学調査
  • マイクロアレイを用いたカドミウムの継続投与による骨代謝への影響

精神保健学研究室(臨床心理学・精神保健学コース担当[臨床心理学コース担当])

精神保健(メンタルヘルス)活動とは、職場・学校・地域などあらゆる領域で、人々の精神の健康を増進・維持し、精神面の不調が生じた場合には早期に発見・評価・治療し、社会復帰をサポートするための活動をいいます。当研究室では精神保健にかかわる研究を、各教員の専門分野で行っています。
職位 教授
氏名 田ヶ谷 浩邦
研究内容
  • 睡眠負債,概日リズムが生理機能,認知機能に及ぼす影響に関する研究
  • 睡眠不足・睡眠障害が心身の健康に及ぼす影響に関する研究
  • 精神障害の早期発見と治療・社会復帰に関する研究
職位 准教授
氏名 深瀬 裕子
研究内容
  • 高齢者を対象にした老いに適応するための心理プログラムの開発
  • 老化の過程における人格や認知機能の変化と,精神的健康および身体機能との関連
  • 長期化するストレス状況における現実的で効果的な対処法の検証
職位 講師
氏名 市倉 加奈子
研究内容
  • 終末期医療に対する医療者の認識・態度・困難感に関する研究
  • 身体疾患患者における精神科・心理カウンセリング受療行動促進に関する研究
  • がんや心不全患者における抑うつ・不安発生メカニズムに関する研究

心理学研究室(臨床心理学・精神保健学コース担当[臨床心理学コース担当])

心理学とは人の「こころ」を科学的に理解し、人の福祉に役立てる学問です。こころに関する問題の原因やメカニズムを解明し、効果的に支援・治療するための方法についての研究を行っています。
職位 教授
氏名 村瀬 華子
研究内容
  • アディクションや飲酒問題のリスク因子(衝動性、感情制御、愛着など)の研究
  • 女性や大学生などの若年者の飲酒問題に関する研究
  • 認知行動療法、動機付け面接の手法に基づいたアディクションへの介入に関する研究