リハビリテーション学科

リハビリテーション学科
言語聴覚療法学専攻

ことばは人の尊厳を支えている。
そのことばを支えているのが
「言語聴覚士」
icon-facebookInstagram
言語聴覚療法学専攻

専攻紹介

言語聴覚士国家試験の受験資格が取得できる専攻です。聞こえ・ことば・コミュニケーション・飲み込みのリハビリテーションを通し、人との触れ合いの大切さと、子どもから大人まで、障害のある幅広い年齢層の方に寄り添う気持ちを学びます。叡智と思慮を兼ね備えた専門家として、思いやりと共感性に満ちた人間性を養い、社会に貢献できる人材を育てます。

石坂 郁代 教授
石坂郁代教授

言語聴覚療法学専攻の特色

医療系総合大学の利点を活かした医療系基礎科目と大学病院実習
北里大学病院(学科の特色)
北里大学病院で臨床実習を行うことができるのも大きなメリットです。現場で活躍する言語聴覚士の指導のもと,実際に患者さんと接することができます。
心理学、音響・音声学、言語学など多様な専門基礎科目の充実
ST特色06
医療系総合大学である北里大学には各医療分野の専門家が在籍し,多様な専門基礎科目をプロフェッショナルから学ぶことができます。
豊かな専門知識と経験をもつ教員による、高度で実践的な専門教育
ST特色03
本専攻の教員は、言語聴覚療法学についての高度な専門知識はもちろん、言語聴覚士としての豊富な臨床経験をもち、実践的な指導・助言を行っています。
高い国家試験合格率と安定した就職率
ST特色02
開設以来,国家試験は全国レベルを常に上回り,就職率は毎年100%を維持しています。
少人数教育だからできるきめ細かな臨床教育と卒業研究指導
ST特色05
学生一人ひとりの個性や特性を踏まえ,臨床や研究に必要な専門的な知識や技術に加えて,高いコミュニケーション技術についても学んでいきます。

取得できる資格

国家試験受験資格
  • 言語聴覚士
言語聴覚士とは?

言語聴覚士は、聴覚・言語の障害によりコミュニケーションに障害のある方や、摂食・嚥下障害で食べたり飲んだりすることが難しい方のリハビリテーションを担う専門家です。病院、リハビリテーションセンターをはじめ、介護老人保健施設、地域福祉センター、教育相談施設、医療機器関連企業など、医療・福祉・教育に関する多様な職場で、多くの言語聴覚士が求められています。
言語聴覚士

進路状況

言語聴覚士国家試験 合格率



2022年
100
(全国平均 75.0%)
過去5年

北里大学
全国平均
202193.169.4
202010065.4
201996.868.9
201810079.3%
201710075.9


就職先の内訳

2021年度ST専攻進路
主な就職先
学校法人北里研究所 北里大学病院
学校法人帝京大学 帝京大学医学部附属溝口病院
横浜市立大学附属病院
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
医療法人社団三成会 新百合ヶ丘総合病院
医療法人社団明芳会 横浜新都市脳神経外科病院
医療法人真正会 霞ヶ関南病院
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
医療法人徳洲会 湘南藤沢徳洲会病院
医療法人永生会 永生病院
小田原市立病院
公立藤岡総合病院
医療法人社団輝生会 初台リハビリテーション病院
医療法人社団協友会 横浜なみきリハビリテーション病院
医療法人社団協友会 東川口病院
医療法人社団健育会 竹川病院
社会医療法人財団仁医会 牧田総合病院
社会医療法人信愛会 畷生会脳神経外科病院
医療法人財団健貢会 総合東京病院
上尾中央医科グループ 医療法人社団協友会 柏厚生総合病院
補聴器専門店エイド株式会社
主な進学先
北里大学大学院