• 学科・専攻 独自サイト
  • 学術国際交流
  • 研究・産学連携
  • 各種証明書の申請手続方法

言語聴覚療法学専攻

  • HOME
  • 学科・専攻 : リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻[学科専攻の紹介]
  • 学科専攻の紹介
  • 教員紹介
  • シラバス
  • 在学生・卒業生インタビュー
  • 就職実績
  • 資料請求はこちら

学科・専攻の紹介

専攻の理念・目的

「言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist, ST)」は、言語、聴覚、摂食・嚥下(えんげ)機能の回復や発達を促す専門職です。
心理学・医学・脳科学・言語学など多様な領域から最新知識を得て、広く深く人間を理解し、かつ十分な専門知識と技術、科学的な態度を備えた「言語聴覚士」を養成します。

「言語聴覚療法学」とは?

聴く、話す、読む、書く、ものを飲み込む。そのとき脳で、身体で、いったい何が起こっているのでしょう? そのメカニズムとリハビリテーションについて学びます。

「言語聴覚療法学」とは?

「言語聴覚士」の仕事を知っていますか?

言語聴覚士は、言語・聴覚の障害によりコミュニケーションに支障のある方、嚥下障害で食べたり飲んだりすることが難しい方のリハビリテーションを担う専門家です。
種々の検査や行動観察によって障害を評価し、それに基づいて目標を決め計画を立てて、訓練や助言・指導を行います。
生後間もない乳児から高齢者まで、さまざまな年齢の方の臨床に携わります。医療・福祉・教育などの多様な職場で、多くの言語聴覚士が求められています。

言語聴覚士の仕事

言語聴覚士の仕事は、下記の4つに分かれます。

言語聴覚士の仕事は、下記の4つに分かれます。

言語聴覚士は、多くの診療科、多様な専門家と連携し、チームを組んで仕事を進めます。

作業療法士の活躍の場の一例

言語聴覚士の活躍するフィールド

病院・診療所、リハビリテーションセンター、介護老人保健施設、地域福祉センター、難聴幼児通園施設、地域療育センター、肢体不自由児施設、重症心身障害児(者)施設、教育相談機関、医療機器(補聴器、人工内耳等)関連企業 ほか

言語聴覚療法学専攻の特色

個々のニーズに応じた質の高い支援ができる「言語聴覚士」を養成します。

大学病院を備えた医療系総合大学の特性を最大限に活かし、早期から関連職種との連携を意識しながら学びます。高度の専門知識・技術とともに、協調性豊かな人間性を身につけたスペシャリストとして、多くの卒業生が活躍しています。

医療系総合大学の利点を活かした医療系基礎科目と大学病院実習

医療系総合大学の利点を活かした医療系基礎科目と大学病院実習

大学病院の医師から直接指導を受ける実習も経験します。

心理学、音響・音声学、言語学等多様な専門基礎科目の充実

心理学、音響・音声学、言語学等多様な専門基礎科目の充実

文系と理系、両方の幅広い知識を学んで、基礎的な力を身につけます。

臨床経験豊かな教員による、高度で実践的な専門教育

臨床経験豊かな教員による、高度で実践的な専門教育

実際に機器を操作して専門技術を習得します。

少人数教育だからできるきめ細やかな臨床教育と卒業研究指導

少人数教育だからできるきめ細やかな臨床教育と卒業研究指導

実践的な臨床のコツを、教員から直接学びます。

全国平均より抜群に高い国家試験合格率と安定した就職率

全国平均より抜群に高い国家試験合格率と安定した就職率

質の高い講義と細やかな支援が、高い合格実績や就職率を支えています。

「歩行訓練は受けたけれど言語訓練は無かった」と、かつて多くの患者さまが残念そうに訴えました。「ことばのリハビリ」を受け難い時代は長く続き、1999年になりようやく初めての国家試験で待望の「言語聴覚士」が誕生しました。最近は、多くの病院や施設でその姿を見かけるようになり、卒業生もあちらこちらで活躍しています。
北里大学は、日本における言語聴覚士の大学教育のパイオニアです。

授業紹介

聴覚検査学実習

聴覚検査学実習(3群:2年次)

小児から成人までのさまざまな聴覚機能検査法について実習を中心に理解を深めます。

構音障害学Ⅰ

構音障害学Ⅰ(実習含)(3群:2年次)

発音の正常発達から各種検査法、訓練法までの講義と実習を行います。

心理学測定法

心理学測定法(2群:2年次)

多様な心理現象の測定や研究に不可欠な方法論と、それに関わる基礎知識を身につけます。

言語発達障害学実習

言語発達障害学実習(3群:3年次)

言語の正常発達から各種検査法、訓練法まで、実習を通して学びます。

言語聴覚療法学専攻 卒業生データ

 調整中

取得できる資格

  • 言語聴覚士(国家試験受験資格)

言語聴覚士国家試験 合格率

  • 平成26年度(全国平均70.9%)
  • 平成25年度(全国平均74.1%)
  • 平成24年度(全国平均68.1%)