• 学科・専攻 独自サイト
  • 学術国際交流
  • 研究・産学連携
  • 各種証明書の申請手続方法

作業療法学専攻

  • HOME
  • 学科・専攻 : リハビリテーション学科 作業療法学専攻[学科専攻の紹介]
  • 学科専攻の紹介
  • 教員紹介
  • シラバス
  • 在学生・卒業生インタビュー
  • 就職実績
  • 資料請求はこちら

学科・専攻の紹介

専攻の理念・目的

入学後、1年次から病院・施設での実習を体験し、早期から臨床に親しむ教育を展開します。
病院・地域の施設・在宅・企業など、ますます広がる作業療法士のニーズに対応した実践力を習得し、子どもから高齢者まで、障害を持つすべての人のQOL(生活の質)向上を支える専門家を養成します。

「作業療法」とは?

作業療法とは、身体や精神に障害を受けた人、または障害が予測される人が、主体的な生活を送ることができるようにすることです。作業療法士は、その人が日常の作業をできるようにするために必要な機能や能力について、回復・維持または開発を促すための適切な作業活動を提供したり、その環境を整えることが主な役割です。

作業療法の役割と目的

「作業療法士」の活躍するフィールド

医療施設・福祉施設

医師の指示を受けて、作業療法を検討し(処方)、患者さまの状態を検査、測定をして状況を把握します。 家族や医師、理学療法士、看護師、臨床心理士、医療ソーシャルワーカーなどの他の専門職も含めた会議を行い、治療内容の計画を立てていきます。 治療の目標と具体的なプログラムを作成したら、その計画に沿って治療を行い、必要に応じてプログラムを修正します。 一言にリハビリといっても作業療法士が担当する範囲は広く、患者さまが社会復帰するまで見守ることになるため、一件一件の仕事は長期間に及びます。

作業療法士の活躍の場の一例

作業療法学専攻の特色

作業を通じて身体や精神の回復を促すための専門知識・技術を身につけます。

基礎医学や臨床医療学、心理学をはじめ、身体障害、発達障害、老年期障害、精神保健等の幅広い作業療法を学び、障害のある人が、家庭や学校・職場・地域社会で自立し、適応できるように、個々の障害に応じた働きかけやアドバイスができる人材を養成します。

作業療法士として必要な人間性と知識・技術を段階的に学習

作業療法士として必要な人間性と知識・技術を段階的に学習

多様な教養科目から人間・社会・自然への理解を深め、豊かな人間性を育みます。

他の専攻との交流を通してチーム医療の一員としての自覚を身につける

他の専攻との交流を通してチーム医療の一員としての自覚を身につける

チームの中で自分が果たす役割や立場、医療人としての心構えを学びます。

臨床経験豊富な教員が担任となり、きめ細やかなサポートを実施

臨床経験豊富な教員が担任となり、きめ細やかなサポートを実施

担任は臨床経験豊富な教員が担当し、親身な授業や実習を行います。

病院、地域の施設、在宅、企業等、広がるニーズに対応した実践力を習得

病院、地域の施設、在宅、企業等、広がるニーズに対応した実践力を習得

早い時期から病院などの見学を行い、臨床現場に親しんだ教育を実施します。

世界作業療法士連盟(WFOT)認可校トーマスジェファーソン大学(米)との学術国際交流

世界作業療法士連盟(WFOT)認可校トーマスジェファーソン大学(米)との学術国際交流

アメリカのトーマスジェファーソン大学との学術国際交流もさかんです。

作業療法とは、作業をできるようにすることです。作業には仕事、遊び、日課、休息などが含まれ、作業ができるということは、人々が仕事を適切にやり遂げられる、心から楽しく遊ぶことができる、日々の生活習慣を整えられる、上手に休養することができる、という意味です。作業療法の基本目標は"人々が日常の作業をできるようにする"です。作業療法士の仕事は、作業ができるようクライエントの能力を強化したり、環境を整えることです。
本専攻では、障害のある人が地域社会で自立し、適応できるように、個々の障害に応じた訓練を指導し、アドバイスができる人材を養成します。そのため、基礎医学、臨床医療学、心理学などをはじめ、幅広い作業療法を学びます。医療の現場と密接に結びついた講義と実習を行い、豊富な臨床実習で実践力を磨いているのが特長となっています。

授業紹介

身体障害作業療法学実習

身体障害作業療法学実習(3群:3年次)

身体障害者の身辺動作や家事動作の改善、仕事への復帰、在宅の障害者が生活しやすいようにするための、治療・訓練・支援を学びます。

老年期作業療法学実習

老年期作業療法学実習(3群:3年次)

身体障害や認知症をもつ高齢者の生活機能を支える作業療法技能を身につけるとともに、高齢者の生きてきた時代を学び、高齢者への理解を深めます。

基礎作業学実習Ⅰ・Ⅱ

基礎作業学実習Ⅰ・Ⅱ(3群:2・3年次)

手工芸等の制作体験を通して、作業の特性や工程を理解するとともに、治療として用いるための分析的視点を獲得します。

日常生活活動学実習

日常生活活動学実習(3群:3年次)

入浴などの日常生活におけるさまざまな活動を分析し、障害に伴う諸問題の解決方法を学びます。 

理学療法学専攻 卒業生データ

 調整中

取得できる資格

  • 作業療法士(国家試験受験資格)

作業療法士国家試験 合格率

  • 平成26年度(全国平均77.5%)
  • 平成25年度(全国平均86.6%)
  • 平成24年度(全国平均77.3%)