表示選択:

FEATURE 作業療法学専攻の特色

  • 作業療法士として必要な人間性と知識・技術を段階的に学習

  • 第一線で活躍している教員によるきめ細かい教育

  • 1 年次から4 年次まで、充実した病院実習を通じ知識と技術を統合

  • 未来の作業療法を創造する研究能力を育成

  • 海外でも作業療法士として働ける資格を取得

PICK UP 授業紹介

  • 運動学/実習
    (3群科目:2年次)
    人間の筋肉や関節の機能・構造を理解し、日常生活で行う動作を観察および分析する視点を学びます。
  • 作業療法評価学/実習
    (3群科目:2年次)
    対象者の障がい像や生活像を把握するために必要となる面接、計測、検査、観察の技術を学びます。
  • 発達障害作業療法学/実習 (3群科目:3年次)
    発達障害のある子どもの状態や能力を理解し、家族や学校での生活を支える治療・訓練を学びます。
  • 生活環境調整学/実習 (3群科目:3年次)
    障がい者が直面する生活環境との隔たりを理解し、義肢装具や福祉用具の適応を通した社会復帰支援の方法を学びます。

DATA 卒業生データ

主な就職先
  • 学校法人埼玉医科大学 埼玉医科大学病院
  • 学校法人日本医科大学 千葉北総病院
  • 学校法人東京女子医科大学 東京女子医科大学病院
  • 横浜市立市民病院
  • 国民健康保険 富士吉田市立病院
  • 医療法人社団永生会 永生病院
  • 医療法人財団明理会 東戸塚記念病院
  • 公益社団法人地域医療振興協会 横須賀市立うわまち病院
  • 医療法人財団青山会 福井記念病院
  • 一般社団法人巨樹の会 蒲田リハビリテーション病院
  • 医療法人社団総生会 麻生リハビリ総合病院
  • 医療法人社団清心会 藤沢病院
  • 社会医療法人財団大和会 東大和病院
  • 一般財団法人脳神経疾患研究所 東京リバビリテーションセンター世田谷
  • 諏訪中央病院
  • 社会福祉法人恩賜財団 済生会支部神奈川県済生会 東神奈川リハビリテーション病院
  • 医療法人平成博愛会 世田谷記念病院
  • 医療法人社団幸隆会 多摩丘陵病院
  • 川崎医療生活協同組合 川崎協同病院
学科目 基礎作業療法学
職位 教授
氏名 今井 忠則
研究内容
  • 作業中心の実践(OFP, OBP)の効果検証(臨床研究,介入研究)
  • 作業参加と健康・幸福(Well-being,QOL,生きがい)に関する疫学的研究
  • 作業遂行中の脳血流量変化に関する脳科学的研究(実験的研究)
  • 作業の形態・機能・意味に関する作業科学的研究(質的,量的研究)
学科目 基礎作業療法学
職位 講師
氏名 坂本 豊美
研究内容
  • 作業の心的作用の測定
  • 精神科作業療法の治療構造論
  • 地域精神保健における作業療法士の実践(障害者家族の精神保健)
  • 障害者への就労支援
学科目 臨床作業療法学
職位 准教授
氏名 天野 暁
研究内容
学科目 臨床作業療法学
職位 講師
氏名 幅田 智也
研究内容
  • 介護,介助動作と作業療法
  • 上肢用装具とsplintにおける治療効果と作業療法
  • 福祉機器開発と住環境整備と作業療法
  • パーキンソン病における動作機序と作業療法
学科目 生涯発達作業療法学
職位 教授
氏名 髙橋 香代子
研究内容
  • 作業療法における心理的効果(自己効力感)の検討と定量的測定方法の開発
  • 上肢機能・ADLなどの評価表の開発
  • コミュニケーション障害を呈する患者および家族のニーズの調査
  • 重度心身障害のためのコミュニケーション機器の開発および効果検討
学科目 生涯発達作業療法学
職位 講師
氏名 渡邊 愛記
研究内容
  • 動機づけに配慮した整形外科トレーニングと効果的な介入方法の開発
  • 急性期脳血管障害患者における目標設定(ADLとQOLとの関連)
  • 脳血管障害患者の長期在宅介護における介護負担軽減・継続要因の検討
学科目 コミュニティ作業療法学
職位 教授
氏名 福田 倫也
研究内容
  • 後期高齢者の自立生活と作業活動の関連性
  • 障害者の就労支援における作業療法士の役割
  • 障害当事者主体の地域生活支援アプローチの確立
学科目 コミュニティ作業療法学
職位 講師
氏名 渡邉 誠
研究内容
  • 行動および運動学習を促進するためのメカニズムの探索
  • 作業バランスと作業役割の形成過程に関する研究
  • 神経難病の地域支援システム構築のための制度設計
  • 作業従事が人に与える影響についてのライフヒストリー研究
学科目
職位 助教
氏名 河村 晃依
研究内容
  • 地域高齢者のエンパワーメントを重視した介護予防活動の効果に関する研究
  • 生活習慣に着目した認知症予防活動の開発
学科目
職位 助教
氏名 前場 洋佑
研究内容

在学生Message
 
患者さんの辛さが和らぐために
一緒に乗り越える力をつけていきたい
私自身、過去に入院やケガなどで思い通りに生活できない日々が多く、悲しい思いをたくさん経験しました。そのため、自分が関わる誰かの人生は、悲しさや辛さより、幸せなこと、嬉しいことが多くある人生であってほしいと願い、作業療法士を目指しました。幸せや喜びを生むのは何気ない日常であり、そんな日常を大切にする作業療法士の仕事に就いて、患者さんと一緒に喜べる日常を送れたら素晴らしいと考えています。本専攻は、臨床に出ている先生の授業を受けられることが魅力であり、先生方の人柄はあたたかく、励ましてくださることがよくあります。授業も、私たちに少しでもわかりやすくなるよう工夫され、この専攻の良い雰囲気を作っているのだと感じています。
山本 早紀さん
リハビリテーション学科
作業療法学専攻 4年
[希望ヶ丘高等学校出身]

OB/OG Interview
 
大学での学びや出会いは、
今も途切れず私の力に
身体障害領域で作業療法士として仕事をしています。病状・心境の違う患者さん一人ひとりとの関わりがとても大切です。ここで役に立ったと特に実感するのが、在学中に多く行ったグループワークでした。ただの意見交換ではなく、いかに相手にわかりやすく伝えるか、また相手が話しやすい雰囲気を作ることができるかなどを実践で学べたのです。今後は、一人ひとりの患者さんに合った関わり方を見つけ、寄り添える医療人になりたいと思っています。
福田 萌さん
[北里大学病院 勤務]
リハビリテーション学科/作業療法学専攻
2019年卒業

リハビリテーション学科
作業療法学専攻