• 学科・専攻 独自サイト
  • 学術国際交流
  • 研究・産学連携
  • 各種証明書の申請手続方法

理学療法学専攻

  • HOME
  • 学科・専攻 : リハビリテーション学科 理学療法学専攻[学科専攻の紹介]
  • 学科専攻の紹介
  • 教員紹介
  • シラバス
  • 在学生・卒業生インタビュー
  • 就職実績
  • 資料請求はこちら

学科・専攻の紹介

専攻の理念・目的

理学療法学専攻では、豊富な医学的知識と最新の医療技術を身につけ、リハビリテーションの分野ばかりではなく、福祉や予防医学の分野にも対応できる理学療法士を養成します。
また、1年次から病院・施設での実習を実施するなど、大学病院スタッフと連携した実践的な授業を展開し、社会性に富んだ全人教育を実践。理学療法学における専門性の向上を目的として、大学教育との一貫性を保持した大学院医療系研究科を設け、研究および教育の両面から人材の養成を行います。

「理学療法」とは?

理学療法とは、身体的治療の技術および科学を意味します。運動療法や温熱、水、光線、マッサージを治療手段とし、痛みの緩和や循環の改善、障害の予防や軽減、筋力やその可動性、協調性を最大限に高め、人間の尊厳を回復することを目的としています。

理学療法の役割と目的

「理学療法士」の活躍するフィールド

業務

労働災害や交通事故、疾病により、身体機能に障害を抱える人が多くいます。
理学療法士は、高齢者や交通事故に遭った方などの身体機能障害を回復するためのトレーニングだけでなく、幅広く活躍できる場があります。脳卒中での片麻痺などから、新生児の運動能力の発達の遅れや身体的な障害を持つ人に対して、医師の指示の下で基本的動作能力の回復を図ることを目的に、治療体操やその他運動を行わせること(運動療法)、また、電気刺激・温熱・マッサージなどの物理的手段を加えたり(物理療法)といった業務を担当します。

理学療法士を必要とする対象

理学療法士による訓練が必要なのは、次のような人が挙げられます。
・ 先天性の身体的障害を持っている人
・ 年齢を重ねたことで身体機能が低下した高齢者
・ 交通事故などで後天性の身体的障害を負った人
・ 脳血管障害の後遺症を持つ人
・ スポーツでけがを負ってしまったアスリート など

理学療法士の活躍の場の一例、理学療法が用いられる可能性のある病気例

理学療法学専攻の特色

身体機能の回復を助ける理学療法のプロフェッショナルを養成します。

体の構造と機能、運動のメカニズム、病気の概念とその原因、患者さまの生活機能等を学び、患者さまの年齢や症状にあわせて理学療法を展開するための専門知識・技術を習得し、チーム医療の一員として、医師やコ・メディカルと連携しながら、幅広い領域で活躍できる理学療法士を養成します。

体験を通した実習を重視し、1年次から病院や施設での実習を実施

体験を通した実習を重視し、1年次から病院や施設での実習を実施

隣接する大学病院などで1年次から実践的な実習や授業を行います。

大学病院スタッフと連携した、実践的な授業や実習を展開

大学病院スタッフと連携した、実践的な授業や実習を展開

2年次からは本格的な専攻の専門的な講義や演習・実習がスタートします。

少人数体制による親身できめ細やかな指導

少人数体制による親身できめ細やかな指導

少人数制なので、指導が行き届き、クラスメートとの意見交換もさかんです。

豊富な選択科目でより専門的な知識を習得

豊富な選択科目でより専門的な知識を習得

豊富な選択科目から、自分が深めたい専門的な知識や技術を選べます。

教育・研究者も見据えた研究能力の養成

教育・研究者も見据えた研究能力の養成

卒業研究で研究法の基礎を学び、より科学的に考える態度を身につけます。

本専攻では、からだの構造と機能、運動のメカニズム、病気の概念とその原因、患者心理などを学ぶ専門基礎科目をべ一スに、患者さまの年齢や症状にあわせて、理学療法を展開するための専門知識と技術を身につけます。
学生の自主性を促進するため、自分で体験しながら学ぶ実習施設を充実させており、例えば義肢装具室は実際に義肢を作れるほどに設備が整い、高度な専門知識を持つ教員の指導によって実践的な知識、技術が習得できます。
高齢化社会となり、理学療法士は病院だけでなく、地域医療や福祉の場でいっそうの活躍が期待されています。本専攻では、チーム医療の一員として、医師や看護師、コ・メディカルスタッフ、福祉関係の専門家と連携しながら、医療・福祉の各分野で欠かせない人材を養成します。

授業紹介

整形外科系理学療法学

整形外科系理学療法学(3群:3年次)

骨や関節の障害に対する理学療法、整形外科疾患のX 線読影法、徒手療法を中心に、検査法・評価法・治療法を学習します。

小児理学療法学

小児理学療法学(3群:3年次)

脳性麻痺や脊髄髄膜瘤などの病態を理解し、小児に対する理学療法を健常児の観察などを通して理解します。

内部障害系理学療法学

内部障害系理学療法学(3群:3年次)

運動中の心拍数、血圧、酸素摂取量を実際に計測して、適切な運動強度を処方する技術を学びます。

物理療法学

物理療法学
(3群:3年次)

物理的な刺激を治療として用いる場合の治療前後の状態把握や評価、治療効果の検討方法を講義・実習によって理解します。

理学療法学専攻 卒業生データ

 調整中

取得できる資格

  • 理学療法士(国家試験受験資格)

理学療法士国家試験 合格率

  • 平成26年度(全国平均82.7%)
  • 平成25年度(全国平均83.7%)
  • 平成24年度(全国平均88.7%)