表示選択:

FEATURE 理学療法学専攻の特色

  • 体験を通した実習を重視し、1 年次から病院や施設での実習を実施

  • 大学病院との連携による、実践的な実習を展開

  • 少人数体制によるきめ細やかで親身な指導

  • スポーツに対する理学療法など専門科目が充実

  • 教育・研究者も見据えた研究能力の養成

PICK UP 授業紹介

  • 理学療法評価学実習 (3群:2年次)
    理学療法における基本的な検査手技について、実習を通じて学びます。
  • 臨床理学療法学Ⅱ実習
    (3群:3年次)
    理学療法を実施するために必要な臨床的問題解決能力を、病院でのグループ実習を通じて学びます。
  • 小児理学療法学
    (3群:3年次)
    子どもの運動器・神経・内部障害の病態を理解し、成長・発達に即した評価や介入方法を学びます。
  • 内部障害系理学療法学実習 (3群:3年次)
    内科疾患に対する理学療法を学び、北里大学病院 集中治療室、救命救急病棟、および心臓リハビリ部門での実習を行います。

DATA 卒業生データ

主な就職先
  • 学校法人北里研究所 北里大学病院
  • 学校法人北里研究所 北里大学メディカルセンター
  • 学校法人順天堂 順天堂大学医学部附属浦安病院
  • 学校法人埼玉医科大学 埼玉医科大学総合医療センター
  • 学校法人東邦大学 東邦大学医療センター 大森病院
  • 医療法人新都市医療研究会君津会 南大和病院
  • 医療法人平成博愛会 世田谷記念病院
  • 医療法人社団温知会 間中病院
  • 医療法人社団成仁会 市ヶ尾カリヨン病院
  • 社会福祉法人恩賜財団済生会支部 神奈川県済生会若草病院
  • 社会福祉法人恩賜財団済生会 神奈川県病院
  • 医療法人社団愛友会 津田沼中央総合病院
  • 社会医療法人財団石心会 川崎幸病院
  • 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
  • 公益財団法人横浜勤労者福祉協会 汐田総合病院
  • 社会福祉法人恩賜財団済生会 横浜市東部病院
  • 国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院
  • らいおんハート整形外科 リハビリクリニック
  • 千葉県千葉リハビリテーションセンター
  • 横浜市役所
主な進学先
  • 北里大学大学院
学科目 基礎理学療法学
職位 教授
氏名 松永 篤彦
研究内容
  • 循環器疾患に対する理学療法介入の方法と効果
  • 腎疾患に対する理学療法介入の方法と効果
  • 運動処方とトレーニング効果
学科目 基礎理学療法学
職位 准教授
氏名 佐藤 春彦
研究内容
  • 脳性麻痺児の障害予防
  • 加齢による歩行能力低下の予防
  • 市販品を活用した臨床評価機器の開発
学科目 基礎理学療法学
職位 講師
氏名 柴 喜崇
研究内容
  • 専門:予防理学療法学、公衆衛生学、死生学、老年学
  • 興味ある対象:地域在住高齢者、パーキンソン病に罹患されている人々
  • 主な研究活動:地域における多様なセクターとの協働から”Aging in Place”構築に資する取り組みを実践する。
学科目 理学療法評価学
職位 教授
氏名 東條 美奈子
研究内容
  • 地域連携システムを基軸とした循環器病予防戦略
  • 包括的疾病管理としての内部障害リハビリテーション
学科目 理学療法評価学
職位 講師
氏名 清水 忍
研究内容
  • 運動学習による皮質脊髄興奮性の変化に関する検討
  • 非侵襲性脳刺激(経頭蓋電流刺激)が運動学習効果に与える影響
  • 脳卒中片麻痺者の身体活動量に関する検討
学科目 理学療法評価学
職位 講師
氏名 坂本 美喜
研究内容
  • 物理療法の効果検証(基礎研究)
  • 低出力超音波療法による筋損傷への効果検討
  • 温熱療法による廃用性筋萎縮への効果検討
学科目 理学療法治療学
職位 教授
氏名 高平 尚伸
研究内容
  • スポーツ外傷と傷害
  • 整形外科手術と歩行解析
  • 整形外科手術と理学的静脈血栓塞栓症予防
学科目 理学療法治療学
職位 准教授
氏名 上出 直人
研究内容
  • 高齢者の運動機能における効果的な判定方法の開発
  • 地域診断に基づく効果的な介護予防戦略の確立
  • 神経難病に対するリハビリテーションの効果の検証
学科目 理学療法治療学
職位 講師
氏名 渡邊 裕之
研究内容
  • スポーツ外傷・障害の予防方法の開発
  • 成長期スポーツ障害の疫学調査
  • スポーツパフォーマンスのバイオメカニクス研究
学科目 地域理学療法学
職位 准教授
氏名 神谷 健太郎
研究内容
  • 内部障害患者のリハビリテーションに関する臨床研究
  • フレイル・サルコペニアの評価・予防・治療に関する研究
学科目 地域理学療法学
職位 講師
氏名 横山 美佐子
研究内容
  • 小児期における内部障害者に対する効果的な理学療法の開発
  • 運動発達に基づく効果的な小児期のリハビリテーションおよび運動障害予防に関する研究
  • 1/fゆらぎが生体および自律神経活動に与える影響
学科目
職位 助教
氏名 小倉 彩
研究内容
  • 生活習慣病と動脈硬化の進展予防
  • 心血管疾患と自律神経機能
  • 理学療法教育の効果判定

在学生Message
 
今度は自分が助ける番視野の広い理学療法士になりたい。
高校1年生の頃、リハビリテーションセンターへ通ったことがきっかけで、理学療法士に興味を持ちました。この仕事は当時、整形外科疾患のみを扱うものだと思っていましたが、心疾患や呼吸器疾患など、呼吸循環系の疾患を持った人にも関わっていることを授業で学びました。世界各国で活躍されている先生の講義では、病院以外にも就職の選択肢があることや、他の理学療法士とどう差をつけていくのか……など、教科書には載っていないことまで教えてくれるので、視野を広げて学習できていると肌で感じています。理学療法士は、さまざまな分野で活躍の場があります。私は、入学当初はスポーツ分野へ進みたいと考えていましたが、現在では病院勤務に興味を持ち始めました。進路先の選択肢が多いのもこの職業の魅力。じっくり考えて、将来に向けた答えを出していきたいです。
柳 尚弥さん
リハビリテーション学科
理学療法学専攻 4年
[東京都立城東高等学校出身]

OB/OG Interview
 
夢の実現を後押しする絶好の学習環境
北里大学は、私学の理学療法学専攻として最も歴史があり、最新の知識を学べる講義や卒業研究をはじめ、夢を全力で応援してくれる環境が整っています。特に医学図書館には参考書や文献が豊富に蔵書されており、卒業後も学習の場として利用しています。部活動や球技大会などを通じて身に付いたコミュニケーション力は、患者さんとの関わり方が重視されるリハビリの仕事に役立っています。
前田 拓也さん
[北里大学東病院 勤務]
リハビリテーション学科
理学療法学専攻2014年度卒業

リハビリテーション学科
理学療法学専攻