表示選択:

FEATURE 視覚機能療法学専攻の特色

  • 安定した国家試験合格率と豊富な就職先

  • 少人数制教育により疑問点・質問事項はすぐに解決

  • 最先端の話題提供と最新の医療機器による充実したカリキュラム

  • 隣接の大学病院にて教科書に捉われない実践的な臨床教育を実施

  • 卒業研究を通して独創性あふれる研究教育を実施

PICK UP 授業紹介

  • 眼科学
    (3群科目:3年次)
    眼科医療チームの一員として臨床現場で必要な眼疾患の知識を学びます。
  • 視覚臨床生理学実習
    (3群科目:3年次)
    臨床現場にて多用される医療機器の安全で正しい扱い方や管理方法を学びます。
  • 神経眼科学
    (3群科目:3年次)
    眼球運動、瞳孔、調節の異常などから障害部位や原因疾患を特定し、疾患の鑑別ができるよう学びます。
  • 視能矯正学総論実習Ⅱ (3群科目:3年次)
    眼や脳の解剖・働きに関する知識をふまえ、斜視や弱視の検査・訓練方法を学びます。

DATA 卒業生データ

主な就職先
  • 学校法人北里研究所 北里大学病院
  • 学校法人北里研究所 北里大学北里研究所病院
  • 学校法人慶應義塾 慶應義塾大学病院
  • 学校法人杏林学園 杏林大学医学部付属病院
  • 学校法人順天堂 順天堂大学医学部附属練馬病院
  • 学校法人東京女子医科大学 東京女子医科大学病院
  • 学校法人愛知医科大学 愛知医科大学病院
  • 学校法人東邦大学 東邦大学医療センター大橋病院
  • 富山県立中央病院
  • 横浜市立市民病院
  • 医療法人社団済安堂 井上眼科病院
  • 医療法人明徳会 総合新川橋病院
  • 地方独立行政法人 総合病院国保旭中央病院
  • 医療法人上岡眼科医院
  • 社会医療法人 ジャパンメディカルアライアンス 海老名メディカルプラザ
  • 二本松眼科病院
  • 株式会社ダブリュ・アイ・システム
  • 株式会社オグラ
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
学科目 視能矯正学
職位 教授
氏名 石川 均
研究内容
  • 眼球運動障害と眼窩構造の解析
  • 対光反射とサーカディアンリズム
  • 視神経炎の疫学調査
学科目 視覚生理学
職位 教授
氏名 神谷 和孝
研究内容
  • 人工知能(AI)を用いた前眼部疾患の自動診断
  • 次世代有水晶体眼内レンズの開発とその臨床応用
  • トポガイド角膜クロスリンキングの最適化と屈折矯正への応用
学科目 視能検査学
職位 教授
氏名 半田 知也
研究内容
  • 他覚的視能検査法の開発
  • Gamificatonを用いた視能検査・訓練の提案
  • 視覚から考える照明環境の提案
学科目 視能検査学
職位 准教授
氏名 川守田 拓志
研究内容
  • 眼光学
  • 視覚と運転
  • 視覚中心設計
学科目 視能矯正学
職位 講師
氏名 榊原 七重
研究内容
  • 知覚心理学
  • 視能矯正学
  • 大学病院では発達障害児の検査
学科目 視覚生理学
職位 講師
氏名 藤村 芙佐子
研究内容
  • 健康診断時眼科検査の取り組み(三歳児・就学時)
  • 近見視作業による調節機能への影響の検討
学科目 視能矯正学
職位 講師
氏名 浅川 賢
研究内容
  • 視覚情報科学
  • 形態機能学(視覚器)
学科目
職位 助教
氏名 岩田 遥
研究内容
  • 両眼開放下の弱視治療に関する研究
  • 立体視機能に関する研究
  • 視機能評価装置に関する研究
学科目
職位 助手
氏名 干川 里絵
研究内容
  • 白内障術後の視機能についての研究

在学生Message
 
活躍の幅が広がる視能訓練士として
どう生きていくか
北里大学は、4年制大学で視能訓練士の勉強ができる、関東でも数少ない大学の一つです。私自身が幼少時より眼科へ通院していた理由である斜視について学ぶことができ、実際に自分が行っていた矯正訓練やプリズム眼鏡、眼位ずれ量を学べたことは非常に有意義でした。他にも、様々な企業と仕事をしている先生や、講演に参加している先生が授業でお話をしてくれます。たとえばスポーツ選手のフォームや眼鏡を改善したお話で、視覚という観点からスポーツと関わりのある仕事ができるということに驚きました。ほかにも、検査のコツや実体験のお話を聞けたことが、印象深かったです。また3年生の学内実習によって先生との距離が近くなり質問しやすくなることが、この専攻の良さだと思います。
小山 和沙さん
リハビリテーション学科
視覚機能療法学専攻 4年
[厚木高等学校出身]

OB/OG Interview
 
視能訓練士に対する眼科系企業からの信頼は厚い
3年次の学内実習では、少人数のグループに分かれ、測定練習や症例検討をより実践的な形で行いました。毎実習後に提出したレポートを添削して頂くことで、カルテの読み方や記載方法、結果から主体的に考えて分析する力が身に付きました。他にも、医学部や薬学部、看護学部と系列の専門学校など、1000名を超える本学の学生が集まるチーム医療演習では、それぞれの専門的役割への認識をお互いに深める良い機会を得たと実感しています。
櫨本 慧治さん
[株式会社ニコンヘルスケアジャパン 勤務]
リハビリテーション学科/視覚機能療法学専攻
2012年卒業

リハビリテーション学科
視覚機能療法学専攻