• 学科・専攻 独自サイト
  • 学術国際交流
  • 研究・産学連携
  • 各種証明書の申請手続方法

視覚機能療法学専攻

  • HOME
  • 学科・専攻 : リハビリテーション学科 視覚機能療法学専攻[学科専攻の紹介]
  • 学科専攻の紹介
  • 教員紹介
  • シラバス
  • 在学生・卒業生インタビュー
  • 就職実績
  • 資料請求はこちら

学科・専攻の紹介

専攻の理念・目的

北里大学ならではの少人数教育や、隣接する北里大学病院で行われる病院見学などを通じて、生きた医療を学びます。
安全で良質な医療を実践するために不可欠となっている「チーム医療教育」を実施する中で、早期発見・治療、予防の観点から視機能スクリーニングや検診を行う知識・技術を習得し、視機能検査と斜視・弱視などの治療プログラムに関わる専門家「視能訓練士」を養成します。

「視覚機能療法学」とは?

「ものが見える」とはどういうことなのか。眼の構造と機能や、視覚を含む五感と脳の関係等を正しく理解するとともに、各種視機能検査によって得られたデータをもとに眼科医療のための専門的知識・技術を身につける学問分野です。その視機能検査と視能矯正を行う専門家が、視能訓練士(Orthoptist)です。

視能訓練士の仕事

「視能訓練士」の活躍するフィールド

業務

視能訓練士は、視機能検査全般に加え、斜視や弱視などを発見・評価し、医師とともに適切なプログラムを組んで実際の治療にも携わる専門家です。眼科診療チームの一員として重要な役割を果たしていることから、1971年に視能訓練士法が制定され、国家資格として認められました。

具体的な内容

視能訓練士のおもな活躍の場は、病院や保健・福祉施設などになります。
医師とともに眼や脳の病気の診断・治療を行うための「視機能検査」や、子どもから高齢者までの視機能(=みる能力)の回復・維持・向上を図る「視能矯正・訓練」、視機能障害のある方の生活指導や補助具の選定などを行う「視機能リハビリテーション」、3歳児健康診査や生活習慣病検診などで視能のスクリーニングを行う「視機能の健康管理」などが主な業務内容です。

視能訓練士の活躍の場の一例

視覚機能療法学専攻の特色

視機能の検査・診断や視能矯正・訓練を行い、研究もできるスペシャリストを養成します。

視能訓練士は、視機能検査全般と、斜視や弱視などを発見し、医師とともに適切なプログラムを組んで実際の治療に携わる専門家です。眼科学の最新研究成果まで踏まえた新しい分野の教育・研究を行い、高度化する医療現場を支える視能訓練士、研究者を養成します。

高い国家試験合格率、 高い就職率

高い国家試験合格率、 高い就職率

綿密な国家試験対策と就職ガイダンスにより、高い国家試験合格率、就職率を維持。

少人数制教育により 疑問点・質問事項は すぐに解決

少人数制教育により 疑問点・質問事項は すぐに解決

学年定員28人に対して専任教員9人の少人数制教育を実施。

最先端の話題と医療機器による充実した教育カリキュラム

最先端の話題と医療機器による充実した教育カリキュラム

眼科学・眼光学の充実した講義と、豊富な医療機器による学内実習を実施。

隣接の大学病院にて教科書に捉われない実践的な臨床教育を実施

隣接の大学病院にて教科書に捉われない実践的な臨床教育を実施

医学部や大学病院眼科と連携を図ることで実践的な教育を実施。

学部の枠を越えた独創性あふれる研究教育

学部の枠を越えた独創性あふれる研究教育

高度専門教育と多彩な研究活動により、大学院進学や研究職の進路も充実。

視能訓練士の活躍するフィールド

病院・診療所等医療施設、保健所、養成校、福祉センター等

視覚機能療法学専攻で取得できる資格

視能訓練士(国家試験受験資格)

視機能に障害がある人に対し、医療技術を用いて、視機能診断や回復のために必要な検査や訓練を行います。

授業紹介

眼科臨床機器学

眼科臨床機器学(2群:3年次)

臨床現場にて多用される医療機器の扱い方を学びます。

眼科学・神経眼科学

眼科学・神経眼科学(3群:3年次)

臨床現場にて必要な眼疾患の知識を学びます。

生理光学

生理光学(3群:3年次)

眼球光学系を理解し、視力などの矯正方法を学びます。

視能矯正学総論実習

視能矯正学総論実習(3群:3年次)

脳や眼の解剖・働きに関する知識をふまえ、斜視や弱視の検査・訓練方法を学びます。

視覚機能療法学専攻 卒業生データ

 調整中

取得できる資格

  • 視能訓練士(国家試験受験資格)

視能訓練士国家試験 合格率

  • 平成26年度(全国平均88.9%)
  • 平成25年度(全国平均90.6%)
  • 平成24年度(全国平均73.5%)