表示選択:

FEATURE 視覚機能療法学専攻の特色

  • 安定した国家試験合格率と豊富な就職先

  • 少人数制教育により疑問点・質問事項はすぐに解決

  • 最先端の話題提供と最新の医療機器による充実したカリキュラム

  • 隣接の大学病院にて教科書に捉われない実践的な臨床教育を実施

  • 卒業研究を通して独創性あふれる研究教育を実施

PICK UP 授業紹介

  • 眼科学、神経眼科学
    (3群:3年次)
    眼科医療チームの一員として臨床現場で必要な眼疾患の知識を学びます。
  • 視覚臨床生理学実習
    (3群:3年次)
    臨床現場にて多用される医療機器の安全で正しい扱い方や管理方法を学びます。
  • 生理光学
    (3群:3年次)
    眼球光学系の特徴を理解し、視力・屈折などの検査や矯正方法を学びます。
  • 視能矯正学総論実習Ⅱ (3群:3年次)
    眼や脳の解剖・働きに関する知識をふまえ、斜視や弱視の検査・訓練方法を学びます。

DATA 卒業生データ

主な就職先
  • 学校法人北里研究所 北里大学病院
  • 国立大学法人大阪大学 大阪大学医学部付属病院
  • 国立大学法人東京医科歯科大学 東京医科歯科大学医学部付属病院
  • 国立大学法人秋田大学 秋田大学医学部附属病院
  • 公立大学法人横浜市立大学 横浜市立大学医学部付属病院
  • 学校法人近畿大学 近畿大学医学部付属病院
  • 学校法人神奈川歯科大学 神奈川歯科大学附属横浜クリニック
  • 独立行政法人国立病院機構 横浜市南西部地域中核病院 横浜医療センター
  • 独立行政法人労働者健康安全機構 東京労災病院
  • 医療法人社団済安堂 井上眼科病院
  • 医療法人社団オリンピア会 オリンピア眼科病院
  • 社会医療法人メディカルアライアンス 海老名総合病院
  • 長野県厚生農業協同組合連合会 佐久総合病院
  • 医療法人 上岡眼科医院
  • 社会福祉法人親善福祉協会 国際親善総合病院
  • 医療法人社団緑成会 横浜総合病院
  • 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
  • 後藤眼科医院
  • 株式会社ニコン
  • 株式会社オグラ(南旺グループ)
学科目 視能矯正学
職位 教授
氏名 石川 均
研究内容
  • 眼球運動障害と眼窩構造の解析
  • 対光反射とサーカディアンリズム
  • 視神経炎の疫学調査
学科目 視覚生理学
職位 教授
氏名 神谷 和孝
研究内容
  • 人工知能(AI)を用いた前眼部疾患の自動診断
  • 次世代有水晶体眼内レンズの開発とその臨床応用
  • トポガイド角膜クロスリンキングの最適化と屈折矯正への応用
学科目 視能検査学
職位 教授
氏名 半田 知也
研究内容
  • 他覚的視能検査法の開発
  • Gamificatonを用いた視能検査・訓練の提案
  • 視覚から考える照明環境の提案
学科目 視能検査学
職位 准教授
氏名 川守田 拓志
研究内容
  • 眼光学
  • 視覚と運転
  • 視覚中心設計
学科目 視能矯正学
職位 講師
氏名 榊原 七重
研究内容
  • 知覚心理学
  • 視能矯正学
  • 大学病院では発達障害児の検査
学科目 視覚生理学
職位 講師
氏名 藤村 芙佐子
研究内容
  • 健康診断時眼科検査の取り組み(三歳児・就学時)
  • 近見視作業による調節機能への影響の検討
学科目 視能矯正学
職位 講師
氏名 浅川 賢
研究内容
  • 視覚情報科学
  • 形態機能学(視覚器)
学科目
職位 助教
氏名 岩田 遥
研究内容
  • 両眼開放下の弱視治療に関する研究
  • 立体視機能に関する研究
  • 視機能評価装置に関する研究
学科目
職位 助手
氏名 干川 里絵
研究内容
  • 白内障術後の視機能についての研究

在学生Message
 
実践的なスキルから体系的な知識まで身に付けた、視覚のエキスパートに。
現在、視能訓練士を目指して「視覚機能療法学」を学んでいます。具体的な学習内容は、医療機器の扱い方や視力検査の方法、そして目の構造や脳との関係などです。現場ですぐに実践できる技術から、目の病気を根本的に理解するうえで欠かせない生物学的な知識まで身に付くため、日々気概を持って学ぶことができています。北里大学には熱心な先生方が多く、ささいな質問にも丁寧に答えてくれます。また、病院での実習も経験し、視能訓練士として働いている自分の姿を明確にイメージできるようになりました。以前に視力が落ち、不便な思いをしたことが視能訓練士を目指したきっかけですが、そうした自身の経験を生かし、一人ひとりに寄り添った対応ができる人になりたいですね。視覚のエキスパートは、幅広い業界で求められているため、大きな可能性を感じています。
長與 里沙さん
リハビリテーション学科
視覚機能療法学専攻 4年
[青山学院高等部出身]

OB/OG Interview
 
充実した学生生活を送り視能訓練士の道へ
白内障を患う祖母の存在が視能訓練士を目指すきっかけでした。北里大学を目指したのは、国家試験の合格率が高く、少人数制教育を行っている点に魅力を感じたからです。知識や技術、ホスピタリティの精神など、授業で学んだ一つ一つは視能訓練士として働く今に生きています。学業の他にも、クラブ活動では他学部の友人ができ、大学祭や球技大会を通して、充実した大学生活を送ることができました。
小林 薫さん
[慶應義塾大学病院 勤務]
リハビリテーション学科
視覚機能療法学専攻
2016年度卒業

リハビリテーション学科
視覚機能療法学専攻