• 学科・専攻 独自サイト
  • 学術国際交流
  • 研究・産学連携
  • 各種証明書の申請手続方法

北里大学医療衛生学部では、公認心理師カリキュラムに対応します

  • HOME
  • 受験生の方へ
  • 北里大学医療衛生学部では、公認心理師カリキュラムに対応します

平成29年9月、公認心理師法が施行され、心理専門職としては我が国で初めての国家資格である公認心理師が誕生しました。
これまであった臨床心理士と公認心理師はどちらも 心理専門職ですが、臨床心理士は民間資格、公認心理師は国家資格です。

医療衛生学部健康科学科では、平成30年度から公認心理師のカリキュラムに対応します。

健康科学科の公認心理師カリキュラムは、医療系大学ならではの充実した講義・演習・実習が特徴です。

健康科学科では、資格試験を受けなくても第一種衛生管理者(国家資格)が取得できます。
(~H30年度)

臨床心理士は民間資格、公認心理師は心理職で初めての国家資格です。
公認心理師になるには、大学で国が指定する科目を修める必要があります。

  • 公認心理師と臨床心理士は、どちらも心理学の視点から人間の健康に取り組む心理専門職です。
  • 公認心理師は、心理専門職で初めての国家資格としてスタートし、大学で国が指定する科目を修めて卒業し、大学院修了または実務経験を経ると、国家試験の受験資格を取得できます。国家資格となることで医療機関等での安定した雇用が増える見込みです。
  • 臨床心理士は、指定大学院を修了すると受験資格を取得できます。臨床心理士は民間資格ですが、幅広い活躍をしています。
    北里大学大学院医療系研究科臨床心理学コースは、修了と同時に受験資格を得られる第1種指定大学院です。

公認心理師と臨床心理士の資格取得プロセス

臨床心理士と公認心理師の資格取得プロセス

健康科学科では、平成30年度入学生から公認心理師カリキュラムに対応します。

  • 健康科学科では、一次予防(健康の保持・増進、疾病予防)を学びます。本学科は3年次からコース制を導入し、「こころ」・「健康(からだ)」・「食」・「環境」をテーマにした4つのコースの一つを選択します。
  • このうち「こころの健康」をテーマにする「精神保健学コース」が平成30年度から公認心理師カリキュラムに対応します。

健康科学科の各コースで学ぶこと(平成29年度現在)

健康科学科の各コース

健康科学科の公認心理師カリキュラムは、医療系大学ならではの充実した講義・演習・実習が特徴です。

  • 健康科学科(精神保健学コース)の公認心理師カリキュラムは、臨床心理士、医師等の医療の専門家による講義、チーム医療演習や附属病院での実習など、北里ブランドを生かしたカリキュラムが特徴です。
  • 例えば「チーム医療演習」は、医療専門職を育成する4学部(薬学部、医学部、看護学部、医療衛生学部)及び併設する専門学校の学生が参加し、オール北里として実施します。学生はこの演習を通して他職種への理解を深め、チームのメンバーとしての技術を磨きます。

北里大学が育成する15の医療専門職

医師、薬剤師、看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師、 理学療法士、
作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、衛生管理者、管理栄養士、公認心理師←New

健康科学科では、第一種衛生管理者などの国家資格を取得(国家試験免除)できるので、大学卒業後の一般就職にも有利です。

  • 健康科学科では、公認心理師に対応したカリキュラム(精神保健学コース)の他にも、全てのコースの学生が、第一種衛生管理者、食品衛生管理者、食品衛生監視員・環境衛生監視員の資格を取得できますので、大学卒業後の一般就職にも有利です。
  • 衛生管理者は国家資格で、従業員50人以上の職場には最低一人の衛生管理者を配置することとされており、多くの企業・団体では従業員に取得させています。
  • 健康科学科では、試験を受けることなく、卒業と同時に第一種衛生管理者資格を取得できます。

 ※任用資格です。任用資格とは、特定の業務に任用されて初めてその資格を得ることを指します。

健康科学科での在学中・卒業後のプロセス

健康科学科での在学中・卒業後のプロセス

入試制度は、公募制推薦入試と一般入試(前期・後期)の2種類です。