• 学科・専攻 独自サイト
  • 学術国際交流
  • 研究・産学連携
  • 各種証明書の申請手続方法

北里大学医療衛生学部は、公認心理師カリキュラムに対応しています

  • HOME
  • 受験生の方へ
  • 北里大学医療衛生学部は、公認心理師カリキュラムに対応しています

新着情報

2018年5月9日 学科・コースについて2018年度の情報に更新しました。
2018年4月4日 健康科学科で取得できる資格の情報を更新しました。
2018年3月27日 精神保健学コースとオープンキャンパスの情報を更新しました。

公認心理師は心理専門職の国家資格です

  • 公認心理師は心理専門職の国家資格です。国家資格となることで医療機関等での安定した雇用が増える見込みです。

心理職が働く場所

職域職場
医療・保健病院、クリニック(精神科、心療内科、小児科)など
教育スクールカウンセリング、教育センター、適応指導教室 など
福祉児童相談所、心身障害者福祉施設、障害者作業所 など
司法・矯正家庭裁判所、警察関係の相談室 など
労働・産業企業内の相談室、障害者職業センター など
  • 国家試験を受験するには、大学で公認心理師法に基づくカリキュラムを受けた後、大学院修了または実務経験を経る必要があります。

公認心理師と臨床心理士の資格取得プロセス

公認心理師と臨床心理士の資格取得プロセス図

※公認心理師と臨床心理士は、どちらも心理学の視点から人間の健康に取り組む心理専門職ですが臨床心理士は民間資格、公認心理師は国家資格です。

医療衛生学部健康科学科は、公認心理師のカリキュラムに対応しています

  • 健康科学科では一次予防(健康の保持・増進)について学びます。本学科は3年次からコース制を導入しており、「健康」・「食」・「こころ」・「環境」をテーマにした4つのコースから選択します。このうち「こころ」をテーマにする「精神保健学コース」が2017年度から公認心理師カリキュラムに対応しています。健康科学科紹介ビデオでは精神保健学コースに所属する学生のインタビューもご覧になれます。

    ※一部のコースには定員があります。

  • 健康科学科は一学年約40人,一コースの平均は10人程度の少人数制です。医療衛生学部ニュース21号(2面)では研究室での精神保健学コース4年生の様子をご覧になれます。

健康科学科の各コースで学ぶこと(2018年度現在)

健康科学科の各コース

健康科学科の公認心理師カリキュラムは、医療系大学ならではの講義・演習・実習が特徴です

  • 健康科学科精神保健学コースは、チーム医療演習基礎医学部門の教員による講義、北里大学病院・北里大学東病院をはじめとした医療機関等での実習など、医療系大学の強みを生かしたカリキュラムが特徴です。
  • 例えば「チーム医療演習」では、医療専門職を育成する4学部(薬学部、医学部、看護学部、医療衛生学部)及び併設する専門学校の学生が参加し、事例やテーマを通してチームのメンバーとしての技術を磨きます。「チーム医療演習の動画」で演習風景がご覧になれます。

北里大学が育成する15の医療専門職

医師、薬剤師、看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、衛生管理者、管理栄養士、公認心理師

健康科学科では、第一種衛生管理者(国家試験免除)などを取得できます

  • 健康科学科の全ての学生が第一種衛生管理者、食品衛生管理者、食品衛生監視員・環境衛生監視員の資格を取得できますので、大学卒業後の一般企業への就職にも有利です。

    ※食品衛生管理者、食品衛生監視員・環境衛生監視員は任用資格です。任用資格とは、特定の業務に任用されて初めてその資格を得ることを指します。

  • 衛生管理者は労働者の健康障害や労働災害を防止するために作業環境・労働者の健康管理などをする国家資格です。従業員50人以上の職場には最低一人の衛生管理者を配置することとされており、多くの企業・団体では従業員に国家試験を受験させています。健康科学科ではこの国家試験を受けることなく、卒業と同時に資格を取得できます。
  • 健康科学科において指定された科目を履修すれば、第二種作業環境測定士の資格(国家試験免除)や、第一種作業環境測定士、健康食品管理士の受験資格も得ることができます。

健康科学科での在学中・卒業後のプロセス

健康科学科での在学中・卒業後のプロセス

卒業後の主な進路は一般企業への就職、大学院への進学です

 ※健康科学科がコース制を導入した2011年度以降の入学生のうち、卒業研究が精神保健学コース所属の学生。

 ※臨床心理学コースは臨床心理士第1種指定大学院ですので、臨床心理士試験の受験資格も得ることができます。

  • 一般企業(医療職含む)・公務員への就職を希望する学生を対象に、毎年度、通算2週間、相模原キャンパスで「合同企業研究会」を開催しています。合同企業研究会では約100社の企業・公務員・北里関連病院の採用担当者が、業界・企業・採用選考に関する説明を行います。合同企業研究会の動画で当日の様子がご覧になれます。

広大なキャンパスと充実した施設が学びをサポートします

  • 東京ドーム8個分の広さをもつ相模原キャンパスには、大学病院、臨床教育研究棟(IPE棟:InterprofessionalEducation)などが配置されています。このキャンパスで医学部、看護学部、医療衛生学部を含む6学部の学生が講義・実習、クラブ活動、大学祭などの大学行事に取り組みます。北里大学の広報誌Sophia kai Ergon No231.卒業式号(10面)には、大学祭実行委員を務めた精神保健学コース4年生の記事が掲載されています。
  • 高校の学習内容を復習・再学習できる学習サポートセンター・アスク(ASC: Academic Support Center)では、高等学校で教鞭を取っていたチューターからマンツーマン方式で英語、数学、物理、化学、生物の指導を受けられます。
  • 医療衛生学部はクラス主任制度を導入しています。クラス主任は学生と随時面接を行い、科目履修、就職、学生生活上の不安などの相談に乗ります。
  • 奨学金は、各種団体の制度のほか大学・学部独自の制度も用意しています。詳細は「奨学金・特待生・教育ローン」でご確認ください。

入試資料とパンフレットの請求、オープンキャンパスの時期について

  • 健康科学科の入試制度は、公募制推薦入試と一般入試(前期・後期)の2種類です。詳細は学部入試サイトでご確認ください。
  • 入試ガイド、問題集、医療衛生学部のパンフレットは資料請求サイトからお申込みいただけます。医療衛生学部のパンフレットはデジタルパンフレットでもご覧になれます。
  • オープンキャンパスは2018年8月4日(土)5日(日)、26日(日)です。精神保健学コースの学生と教員、大学院臨床心理学コースの大学院生が模擬実習・個別相談を行う予定です。