一般教育部SNSガイドライン

はじめに

大学の活動にコミュニケーションは欠かせません。学生同士、学生と教職員、個人と組織、組織と組織、大学と社会など、様々なコミュニケーションの場面に、ソーシャル・ネットワーキング・サービスが新しい可能性を生み出し続けています。「事を処してパイオニアたれ」を建学の精神の一つに掲げる北里大学は、高等教育および研究に、この新しいサービスを積極的に採り入れ、安全に上手に使いたいと考えています。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは

ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは、人と人との関わり合いをインターネット上で構築するサービスのことです。具体的にはFacebook、Twitter、mixi、Google+などのように、利用者が情報を投稿したり、その情報に対してコメントやレビューを投稿したりしながら、他の利用者と情報を共有することや緩やかにつながることのできるサービスです。

SNSガイドライン

北里大学ソーシャル・ネットワーキング・サービス・ガイドライン

1.北里大学の一員であることを自覚し、責任をもって積極的に利用しましょう

ソーシャル・ネットワーキング・サービスにおける活動は、あなた個人のイメージではなく、北里大学のイメージで受け取られる可能性があることを十分に自覚しましょう。北里大学に関連した内容について、個人的見解を発信する際には、北里大学の見解ではなく自身の見解であることを明確にしましょう。

2.社会の一員であることを自覚しましょう

ソーシャル・ネットワーキング・サービスが公共の場であることを理解し、閲覧者に貢献できる情報を投稿することに心がけましょう。コミュニケーション活動の基本として、一人一人の個性や多様性を尊重し、異なる意見や考え、生き方を互いに認め合う姿勢を持ちましょう。

3.社会に還元しましょう

ソーシャル・ネットワーキング・サービスに参加することにより、学び得た情報や経験などを広く学内外に還元することで、多くの個人やコミュニティの成長に貢献しましょう。正しい情報を発信する姿勢を持ち、誠実な態度で、モラルのある活動を心がけましょう。

4.発言内容に責任を持ちましょう

発言内容に対する責任は、発言者が負います。発言する前に、その内容に虚偽が無いことを確かめましょう。情報を転送する際も同様です。誤った内容を公開してしまった際には、そのことをただちに認め、早急に訂正しましょう。そして、訂正したことを公開しましょう。

5.法令を守り、権利を尊重しましょう

日本国の法令を守りましょう。また、基本的人権、肖像権、プライバシー権、著作権、商標権などを侵害しないように注意しましょう。
特に、次のような情報を発信してはいけません。

6.自分自身を守りましょう

個人情報の公開範囲について十分に検討しましょう。一度ネットワーク上に公開すると完全には削除できないこと、第三者によって保存され将来にわたり人物情報として利用される恐れがあることを認識し、自分自身のプライバシーの保護に留意しましょう。各ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約を知り、個人情報の公開範囲に十分な注意を払いましょう。

補足  授業利用にあたっての留意点

教職員がソーシャル・ネットワーキング・サービスを授業等で利用する際には、以下の点に留意しましょう。

  1. 受講者にソーシャル・ネットワーキング・サービスを利用させる場合、自身のプライバシーの保護や発言の影響範囲に関して、十分な説明とリスク管理方法について周知徹底したうえで、事故が発生しないような配慮をしましょう。
  2. 使用環境や本人の意向により、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを利用できない受講生がいることにも配慮しましょう。

SNSガイドライン2