北里大学 一般教育部

北里大学一般教育学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 一般教育部長より
  • 組織
  • 沿革
  • 懇和会
  • 一般教育部暦
  • 開講科目

【2016キャンパスリポートNo.6(2016.5.23)】相模原キャンパス総合防災訓練が実施されました

トップ キャンパスリポート・ファカルティリポート【2016キャンパスリポートNo.6(2016.5.23)】相模原キャンパス総合防災訓練が実施されました

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

5月23日(月)16時から、地元相模原南消防署に協力していただき、相模原キャンパス総合防災訓練が実施されました。相模原キャンパスでは、建物の耐震・免震化を進めるとともに、年に1度キャンパス全体で総合防災訓練を実施して、災害時行動の確認および防災意識の向上に努めています。

今回は<震度6強の地震が発生し、その後L1号館2階学生食堂より火災が発生した>との想定で、L1号館内の学生を避難誘導し、初期消火活動を行うという訓練でした。一般教育部の教職員は、1週前に説明会および打ち合わせを行っていたこと、訓練実施日がL1号館での授業が少なかったことなどから、比較的混乱も少なく訓練を無事に終了することができました。

その後、海洋生命科学部(MB)棟では、はしご車による残留者救出も実施されました。また訓練後には、地元相模原南消防署の協力で、煙ハウス体験、水消火器の使用体験、AED利用方法の指導も行われました。

実際の災害の際には、なかなか訓練通りに行かないと思いますが、訓練をしておくことで役立つことも多いです。地震等の自然災害は、いつどこで起こるか分かりません。いつでも起こり得るとの認識に基づき、防災意識を常に持ちたいと思います。


こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。