北里大学 一般教育部

北里大学一般教育学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 一般教育部長より
  • 組織
  • 沿革
  • 懇和会
  • 一般教育部暦
  • 開講科目

【2016キャンパスリポートNo.14(2016.11.24)】アイスホッケー部による清掃活動

トップ キャンパスリポート・ファカルティリポート【2016キャンパスリポートNo.14(2016.11.24)】アイスホッケー部による清掃活動

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

北里会体育会に所属するアイスホッケー部では、毎回の練習前に自主的に30分間の清掃活動を実施してくれています。
活動範囲は第1グラウンド周辺から大学西側の「さがみの仲よし小道」周辺、体育館周辺までで、毎回ゴミ袋がいっぱいになる程のゴミ(多くはタバコの吸い殻)が集まるそうです。
「我々アイスホッケー部は昨年度発足したばかりの、まだ何の実績もないチームですが、支援して下さる学内外の方々への感謝の気持ちを忘れないために、できることを最大限やっていこうということで昨年の秋から清掃活動を始めました。いつかチームが大学の公認を得られ、公式戦に出場できるような大きな組織になったとしても、いまの謙虚な気持ちを忘れずに活動を続けていきたいと思っています。また、このような活動が他の体育会団体にも広がって、大学全体が地域の人からも愛される存在になればいいなと思います。」と部員の1人が話してくれました。
「ゴミは拾えば護美になる」と言われます。彼らの活動を見習い、皆が気持ちよく過ごせるキャンパスを目指したいですね。

※大学構内が全面禁煙化されて以降、構内から一歩外に出たキャンパス周辺での喫煙、吸い殻のポイ捨てが後を絶ちません。マナーを守り、迷惑行為や環境を破壊する行動はやめましょう。


こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。