北里大学 一般教育部

北里大学一般教育学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 一般教育部長より
  • 組織
  • 沿革
  • 懇和会
  • 一般教育部暦
  • 開講科目

【2017キャンパスリポートNo.19(2017.11.20)】第22回一般教育セミナーが開催されました

トップ キャンパスリポート・ファカルティリポート【2017キャンパスリポートNo.19(2017.11.20)】第22回一般教育セミナーが開催されました

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

11月20日、相模原キャンパス L1 号館 4 階 42 講義室において、第22回一般教育部セミナーが行われました。講師は人間科学センター人文社会科学単位の前田崇先生で、講演の表題は「『社会』とは何か?『社会人』とは誰か?―『社会人』言説の歴史社会学序説」でした。前田崇先生は社会学、教育社会学を専門にされ、北里大学では今学期「個人と社会」の講義を担当されています。講演では「社会人」という概念が、日本の社会の変遷を知るうえで非常に重要な手がかりになることが明らかにされました。また講演内容をイメージしやすいようにと、ときにマグリットやモネ、ダリの絵を援用した解説は初心者にもわかりやすく、参加者は熱心に耳を傾けていました。さらに学生時代のエピソードを織り交ぜながら、前田先生がなぜ社会学、教育社会学へ関心を持つようになったかも話題になり、興味深い講演でした。講演後の議論も白熱したものとなり、実り多き講演となりました。

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。