北里大学 一般教育部

北里大学一般教育学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 一般教育部長より
  • 組織
  • 沿革
  • 懇和会
  • 一般教育部暦
  • 開講科目

【2017ファカルティリポートNo.11(2017.12.22)】スポーツ医科学セミナーが開催されました

トップ キャンパスリポート・ファカルティリポート【2017ファカルティリポートNo.11(2017.12.22)】スポーツ医科学セミナーが開催されました

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

12月22日午後1時より、相模原キャンパスL1号館(一般教育部棟)42講義室において、北里大学スポーツ医科学研究会(仮称)主催の「スポーツ医科学セミナー」が開催されました。

研究会メンバーの小野高志講師(一般教育部・健康科学単位)の企画の下、現在、アメリカ・MLS(メジャーリーグサッカー)に属する強豪チーム、Sporting Kansas Cityでアシスタントアスレティックトレーナーとして活躍されている飯田聡氏を講師にお招きし、ご自身がアメリカで活動するに至るまでの経緯やチームでの活動内容、アメリカのスポーツ医科学のトレンド等についてお話して頂きました。スポーツ医科学に携わる教員や、将来、トレーナーとして活動することを目指している学生など20名以上の参加があり、講演後のディスカッションでは活発な質疑応答が交わされていました。

飯田氏のお話の中に、「選手を中心としてドクターや理学療法士、フィジカルコーチやトレーナーなど関わる全ての人がお互いを尊重しながら協力していけるかが目標達成において非常に重要である」という言葉があり、チーム医療を掲げる本学の教員・学生にとって、その重要性を再認識するとても有益な機会となりました。

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。