北里大学 一般教育部

北里大学一般教育学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 一般教育部長より
  • 組織
  • 沿革
  • 懇和会
  • 一般教育部暦
  • 開講科目

【2018ファカルティリポートNo. 6(2018.08.23)】特別講義「力学系の数値分岐解析入門:コンピュータツールAUTOを用いて」の開催について

トップ キャンパスリポート・ファカルティリポート【2018ファカルティリポートNo. 6(2018.08.23)】特別講義「力学系の数値分岐解析入門:コンピュータツールAUTOを用いて」の開催について

外部から講師を招き、2日間連続の特別講義をおこないます。参加希望者は、8月20日(月)までに一般教育部福田(にメールでご連絡下さい。科学研究費補助金基盤C・研究代表者・福田宏「非斉次ポテンシャルで相互作用する3体問題周期解の数値計算による研究」予算を使った研究者向けの講義ですが、どなたでも参加して頂けます。

特別講義 力学系の数値分岐解析入門:コンピュータツールAUTOを用いて
講師 京都大学大学院情報学研究科教授 矢ヶ崎一幸
日程 8月23日(木):午後13:40-18:30(休憩あり)
8月24日(金):午前09:00-12:10(休憩あり)、午後13:00-17:50(休憩あり)
場所 北里大学 相模原キャンパス L1号館6階62教室
内容 初心者を対象とし、力学系の分野ではよく知られているコンピュータツールAUTOを用いて、力学系の数値分岐解析について入門的な講義を行う。また、不変多様体やホモクリニック軌道の数値計算などAUTOの進んだ使用方法についても触れる。
  1. 力学系理論の概要
  2. AUTOの概要と実習:平衡点と不動点の分岐
  3. AUTO実習:周期軌道の分岐と最適化問題
  4. AUTOで用いられている数値手法
  5. 平衡点の不変多様体とホモクリニック軌道の数値計算法
  6. AUTO実習:境界値問題から平衡点の不変多様体とホモクリニック軌道
  7. AUTO実習:境界値問題から平衡点の不変多様体とホモクリニック軌道
  8. AUTO実習:ハミルトン系における周期軌道の不変多様体
※時間が足りなくなった場合、8は省略する可能性があります。
準備 参加者は教材をインストールしたノートパソコンを持参して下さい。インストール方法はメールでお送りします。インストールが上手くいかない場合は当日11:00に来て頂ければ対応いたします。