北里大学 一般教育部

北里大学一般教育学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 一般教育部長より
  • 組織
  • 沿革
  • 懇和会
  • 一般教育部暦
  • 開講科目

【2018ファカルティリポートNo. 8(2018.11.29)】第25回一般教育部セミナーが開催されました

トップ キャンパスリポート・ファカルティリポート【2018ファカルティリポートNo. 8(2018.11.29)】第25回一般教育部セミナーが開催されました

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

11月19日、相模原キャンパスL1号館において、第25回一般教育部セミナーが行われました。今回は「骨はどのように形づくられるのか?−魚の鱗のパターン形成−」という題で、自然科学教育センター生物学単位の和田浩則先生が御講演されました。

発生とはどのような過程か、発生生物学とはどのような学問なのかをわかりやすく紹介していただいた後、細胞同士のシグナル伝達により細胞の分化が促されて、魚の鱗のパターンが形成されていくしくみについて、多くの顕微鏡写真や図を用いて詳しく解説していただきました。

実験材料にゼブラフィッシュが用いられていたこともあって、今回のセミナーには海洋生命科学部の教員や学生も多数聴講されており、講演後には多くの質疑が交わされ、活発なディスカッションが行われました。


サムネイル01 サムネイル02 サムネイル03
サムネイル05 サムネイル06 サムネイル07 サムネイル08

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。