北里大学 一般教育部

北里大学一般教育部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 一般教育部長より
  • 組織
  • 沿革
  • 懇和会
  • 一般教育部暦
  • 開講科目

【2018ファカルティリポートNo.11(2018.12.18)】特別講義(法律)が開催されました

トップ キャンパスリポート・ファカルティリポート【2018ファカルティリポートNo.11(2018.12.18)】特別講義(法律)が開催されました

このページは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザで JavaScript機能を無効にされている場合、正しく表示されません。
ご利用になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。

2018年12月18日(火)に一群科目の補講を兼ねた特別講義が開催されました。

神奈川県弁護士会より鍋島泰樹弁護士と川口崇弁護士のお二人を講師として「「医行為」ってなんだろう?〜なぜ「資格」がいるの?〜」と題した特別講義(法律の役割B補講)が行われました。

現役の弁護士の立場から、医療関係を中心とした職業資格について、最近話題となった裁判例(いわゆる「タトゥー裁判」)などの紹介を交えて、なぜ免許などによる制限が必要とされているのか中心にわかりやすく解説していただきました。また、法律専門資格(法曹資格)である弁護士になるためのプロセスについてもお話いただきました。

上記科目履修者以外の傍聴もあり、貴重な機会となりました。


サムネイル01 サムネイル02
サムネイル03

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。