北里大学 一般教育部 人間科学教育センター

北里大学一般教育学部

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 一般教育部長より
  • 組織
  • 沿革
  • 懇和会
  • 一般教育部暦
  • 開講科目

人間科学教育センター

トップ 組織 人間科学教育センター


センター長より

人間科学教育センター長 野村 廣之
人間科学教育センター長
野村 廣之  

  人間科学教育センターは、人文社会科学単位と健康科学単位という2つの単位から成り立っています。これら2つの単位が担当する科目は、主として人間形成の基礎科目(文化の領域、社会の領域、健康の領域)です。これらの科目は、いわゆる教養教育科目と呼ばれているものであり、一言で言えば社会人としての教養を身につけてもらうための科目群です。

  北里大学の学生である皆さんの多くは、4年または6年間の在学期間中にそれぞれの分野の専門的な知識と技術を身につけ、卒業後は各分野の専門職に就くことを目指していると思います。しかし、有能な専門職業人であるためには、単に専門的な知識・技術を身につけているだけでは、十分とは言えません。専門的な知識・技術だけでなく、社会人としての教養を身につけている必要があります。教養のある専門職業人であればこそ、他者に重んじられ、他者の信頼を得ることができ、専門職業人としての自らの職務をよりよく果たすことができるでしょう。加えて、これからの皆さんの長い人生においては、健康の問題が重要な要素を占めることになるでしょう。社会にとって有益な職業人であるためには、まず健康でなければならないからです。その意味では、健康を維持するための知識もまた社会人としての教養に含めることができるでしょう。そうした様々な豊かな教養を身につけていることが、各人の人間的な魅力をより高め、社会生活・職業生活を円滑に送ることの手助けをしてくれるのです。さらにまた、豊かな教養はこの先の長い人生を送っていく上での重要な拠り所の1つともなるでしょう。

  人間科学教育センターの任務は、人間形成の基礎科目に属する授業を担当することによって、皆さんが文化全般に対し豊かに感じる心を持ち、社会との関わりの中で生きがいを感じ、心も身体も健康に過ごすことができるようにお手伝いすることです。



人間科学教育センターの構成

人文社会科学単位

 人文社会科学単位では、われわれを取り巻く文化的・社会的・言語的環境を学問的考察の対象とするとともに、われわれ自身がよりよく生きていくためにそれらについて深い理解を学生たちに持ってもらうことを教育目標にしています。

健康科学単位

 健康科学は、 学生生活はもとより生涯にわたって心身ともに健康な生活を送るためにはどの様なライフスタイルが望ましいのかを研究する複合領域です。

人文社会科学単位

人間科学教育センター 人文科学単位 芸術の楽しみ講義風景 人間科学教育センター 人文科学単位 教養演習風景

芸術の楽しみ講義風景

教養演習風景

教員紹介(専任教員)

役職 氏名 担当科目
教授 鈴木 牧彦 心理学
教授 石多 正男 芸術の楽しみ、教養演習
教授 野村 廣之 文学の楽しみ、教養演習、大学基礎演習
教授 大石 敏広 哲学の楽しみ、科学を考える、教養演習
教授 小林 亜津子 倫理学、教養演習
准教授 赤澤 とし子 経済のしくみ、教養演習、大学基礎演習
准教授 畠山 禎 歴史と人間、教養演習、大学基礎演習
准教授 猪瀬 貴道 日本国憲法、法律の役割、教養演習、大学基礎演習
講師 三田 順 言語と文化(ドイツ語)、教養演習
講師 前田 崇 個人と社会、教養演習、大学基礎演習

健康科学単位

ライフスポーツ演習B (キャンプコース) ライフスポーツ演習 (スキーコース)


ライフスポーツ演習授業風景


教員紹介(専任教員)

役職 氏名 担当科目
教授 北川 淳 健康の科学、健康とスポーツ演習、ライフスポーツ演習
准教授 安倍 希美 健康の科学、健康とスポーツ演習、ライフスポーツ演習
講師 山北 満哉 健康の科学、健康とスポーツ演習、ライフスポーツ演習
講師 小野 高志 健康の科学、健康とスポーツ演習、ライフスポーツ演習、教養演習
講師 永見 智行 健康の科学、健康とスポーツ演習、ライフスポーツ演習

開講科目

人間形成の基礎科目

教養演習系科目