北里大学大学院医療系研究科 がんプロフェッショナル養成プラン

北里大学大学院医療系研究科

  • トップ
  • 理念・目的
  • 修士課程
  • 博士課程
  • 学群
  • 入学案内

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

トップ がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

文部科学省 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン(平成24年度〜平成28年度)
「高度がん医療開発を先導する専門家の養成」

慶應義塾大学・北里大学・首都大学東京・信州大学・聖マリアンナ医科大学・聖路加国際大学・東海大学・東京歯科大学・山梨大学・国際医療福祉大学が共同で申請した質の高いがん専門医等を養成する特色ある取組が,文部科学省・平成24年度「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に選定されました。概要は次のとおりです。

大学名
(申請担当大学)
慶應義塾大学
申請区分 共同申請
プログラム名称 高度がん医療開発を先導する専門家の養成
補助事業HP 慶應義塾大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プランホームページ
参画大学
研究科等名
〔慶應義塾大学〕 医学研究科・健康マネジメント研究科・薬学研究科
〔北里大学〕 医療系研究科・看護学研究科・薬学研究科
〔首都大学東京〕 人間健康科学研究科
〔信州大学〕 医学系研究科
〔聖マリアンナ医科大学〕 医学研究科
〔聖路加国際大学〕 看護学研究科
〔東海大学〕 医学研究科
〔東京歯科大学〕 歯学研究科
〔山梨大学〕 医学工学総合研究部
〔国際医療福祉大学〕医療福祉学研究科・薬学研究科

取り組みの概要

がん治療の均てん化は達成されつつあるが、未だに約半数の患者の治癒は難しく、標準治療を越えた医療の開発と患者のQOLを高める医療を推進しなければならない。このようにがん医療を高度化するためには、最先端の基礎研究を生み出し、臨床現場に橋渡しし、科学的根拠と高い倫理観に基づいて実行に移すことのできる医療人の養成が必要である。医師、歯科医師、看護師、薬剤師、理学療法士、医学物理士、基礎研究者、治験担当者などがん治療を構築する全ての職種が「先端研究」を合言葉にしたチームを形成しなければならない。私たちは5年間にわたる「南関東圏における先端的がん専門家の育成」共同事業体での活動を通して、種々のがん医療の諸問題を解決してきた。この度、新たなチーム構成のもと、既に熟知している各大学の専門性や特徴を生かし、相補的かつ相乗的に協力することで、質と効率の高い教育ネットワークを構築し、次世代のがん研究治療を担う人材を育成する。


取り組みの詳細

  1. 本プラン共同事業体ホームページ
  2. 各大学が開講する専門医師、コメディカル養成コース
  3. 本プランの組織連携図 
  4. 北里大学で開講するがんプロフェッショナル養成コース募集(大学院)

(各研究科の募集要項のページにリンクしています)

医療系研究科博士課程(専門医師養成コース)

本コースは北里大学大学院医療系研究科 医学専攻博士課程におけるがんのチーム医療の中心となる人材の育成を目的とし、実習ローテートやがん治療実習等を実施し各領域の専門医資格と博士の学位両方を取得することを目指し、以下の3領域で構成する。
1.薬物療法専門医師養成コース(日本臨床腫瘍学会:薬物療法専門医)
2.放射線治療専門医師養成コース(日本放射線腫瘍学会:放射線治療専門医)
3.緩和ケア専門医師養成コース(日本麻酔科学会専門医、ほか)


医療系研究科修士課程(医学物理士養成コース)

※本コースは、医学物理士認定機構の「教育コース」に認定されています。
がん集学療法における放射線治療の役割、治療法を理解し、がん医療に貢献できる人材、また、高精度放射線治療技術に関する知識を有した医学物理士の養成を目的とし、放射線腫瘍学に基づく放射線治療を行うために必要な放射線医学物理学に関連する技術的な知識を習得します。また、連携大学(首都大学東京、慶應義塾大学)と連携しながら、高精度放射線治療技術に関する講義、実習を行います。


看護学研究科修士課程(がん看護専門看護師養成コース)

本コースは、看護生涯教育モデル化における理念のもと、今日の社会的要請に応え、看護の質を高め、問題解決能力を備え、看護の実践・研究・教育の場で活躍する人材養成を目的とし、幅広い医行為(診療の補助)を行う特定能力を有する看護師の養成が可能な新規性のあるカリキュラム編成となっている。また、学術提携をしているUniversity of California, Los Angels 看護学部との国際交流から、最先端のがん医療の教育・研究が推進される。


薬学研究科博士課程(医療薬学履修コース)

北里大学大学院薬学研究科では、研究能力を有するがん専門薬剤師またはがん薬物療法認定薬剤師の養成を目指して、医療薬学履修コース(博士課程、修業年限4年)を設置しています。
この履修コースは薬剤師として活躍している社会人を対象としており、特にがん専門薬剤師またはがん薬物療法認定薬剤師が学位(博士)を取得することで、最先端の知識・技能を修得し、がん医療チームの一員として活躍できるようになります。
社会人向けのため、講義は土曜日に開講し、講義収録・配信システムを活用していますので、自宅でも視聴可能です。さらに、長期履修制度(最長6年)を設定しています。
特別講義として、臨床腫瘍学概論、がん薬物治療学、がん医療学、がん社会学に加えて、薬学履修コースの科目を受講します。また、医療薬学特別演習、医療薬学特別研究を通して、がん領域における研究を行い、博士(医療薬学)の学位を取得します。



事業活動報告

活動実績

○各コース在籍人数

研究科 課程 コース名 在籍人数
H24 H25 H26 H27
医療系 修士 医学物理士養成コース 2名 5名 6名 4名
博士 集学的がん治療スペシャリスト養成コース
(がん薬物療法専門医師養成コース)
1名 2名 1名 2名
集学的がん治療スペシャリスト養成コース
(放射線治療専門医師養成コース)
2名 1名 1名 1名
集学的がん治療スペシャリスト養成コース
(緩和ケア専門医師養成コース)
0名 0名 0名 0名
看護学 修士 がん看護専門看護師養成コース
(38単位履修)
4名 0名 3名
薬学 博士 医療薬学履修コース
(38単位履修)
0名 0名 0名 2名

○資格取得人数(平成19年度〜1期がんプロも含む)

研究科 課程 コース名 取得可能な資格
(認定学会等)
資格取
得者数
医療系 修士 医学物理士養成コース 医学物理士
(医学物理士認定機構)
8名
博士 集学的がん治療スペシャリスト養成コース
(がん薬物療法専門医師養成コース)
がん薬物療法専門医
(日本臨床腫瘍学会)
2名
集学的がん治療スペシャリスト養成コース
(放射線治療専門医師養成コース)
放射線治療専門医
(日本放射線腫瘍学会)
1名
集学的がん治療スペシャリスト養成コース
(緩和ケア専門医師養成コース)
緩和医療専門医
(日本緩和医療学会)他
0名
看護学 修士 がん看護専門看護師養成コース
(38単位履修)
がん看護専門看護師
(日本看護協会)
13名
薬学 博士 医療薬学履修コース がん専門薬剤師
(日本病院薬剤師会)
0名

○主な活動報告

  1. 平成27年度
    7/30(土)インテンシブコース「超音波内視鏡下診断・治療(EUS-FNAを含む)」を実施
    9/30(水)医学物理セミナー開催
    11/14(土)3次元水ファントムによる測定実習セミナー開催
    11/26(木)市民公開講座『早期消化器がんの診断・治療の進歩』開催

  医学物理セミナー
(PDF 1.0MB)

  3次元水ファントムによる測定実習セミナー
(PDF 514KB)

  市民公開講座『早期消化器がんの診断・治療の進歩』
(PDF 519KB)

お問い合せ

北里大学大学院医療系研究科事務室(がんプロ養成基盤推進プラン事務担当)
〒228-8555 神奈川県相模原市南区北里1丁目15番1号
TEL:042-778-9305(直通) FAX:042-778-9178
E-mail:ganpuro?at?kitasato-u.ac.jp (?at?を@で置きかえて下さい)

北里大学教学センター
〒228-8555 神奈川県相模原市南区北里1丁目15番1号
TEL:042-778-9752(直通) FAX:042-778-9761
E-mail:gakuji?at?kitasato-u.ac.jp (?at?を@で置きかえて下さい)


がんプロ養成プラン

ヘルスケア・ソリューション研究

研究フォーラム

入学案内

特別講演オムニバス

特別講演シリーズ

学位申請手続

デジタルパンフレット

イベントカレンダー