北里大学大学院医療系研究科

北里大学大学院医療系研究科

  • トップ
  • 理念・目的
  • 修士課程
  • 博士課程
  • 学群
  • 入学案内

医療系研究科 臨床心理学コース[修士課程]

トップ 修士課程医療系研究科 臨床心理学コース[修士課程]

北里大学大学院医療系研究科修士課程臨床心理学コースは、2018年4月から、 臨床心理士および公認心理師の両カリキュラムに対応しています。


本コースの特色

   北里大学は,医学や薬学など生命科学に特化したいわゆる理系の総合大学です。多くの学生が,医療やその関連領域の職場に就職します。ここで,学ぶ知識や方法論は,分子遺伝学,分子免疫学,神経科学など先端の生命科学に基づくものです。医学部と医療衛生学部という2つの医療系学部を基礎となる学部とする大学院医療系研究科は,すべての院生に医療カウンセング学,臨床心理学,医療福祉学などの医療と人間科学の学際領域(医療人間科学)の講義を履修することを義務づけるという特色を持っています。治療チームや研究チームの中で,主として人に関わる研究や臨床実践を学ぶ院生たちに,心や社会の問題について学び,考える機会を提供するための履修科目です。この教育システムは,人の心や社会への目差しを失わないバランスの取れた医療人や研究者を養成するために考えられ、その医療人間科学の講義を担当する教員中心に医療人間科学群が構成されています。2012年4月に創設された臨床心理学コースも医療人間科学群の教員が担当しています。北里大学大学院の臨床心理学コースは、医療をはじめ,教育・福祉・産業・司法の関連領域に貢献できる臨床心理士および公認心理師の養成を目指しています。

理念・目的

  医科学専攻修士課程臨床心理学コースは,心理系,医療技術系,薬学系,看護系などを修学した者で,臨床心理士資格取得を目指し,医療・教育・福祉・産業・司法の分野で臨床心理学の専門家として,社会貫献ができる人材を主な対象として創設されました。医療系の大学院の中に設置されるという特色を生かして,医学・医療の学識も身につけた臨床心理士および公認心理師の養成を行うとともに,医療科学や臨床心理学分野での研究能力と幅広く臨床心理学を実践する専門技術を育むことを目的としています。

臨床心理学コースの概要

取得できる学位 : 修士(医科学)又は修士(医療科学)

取得できる資格 :
  臨床心理士資格試験受験資格
  公認心理師国家試験受験資格(学部において「省令で定める科目」を履修し卒業しておくこと)

開設時期 : 2012年4月1日

指定 : 臨床心理士第1種指定大学院 〔(財)日本臨床心理士資格認定協会による指定〕

*2018年4月より、公認心理師カリキュラムに対応しています。


教員の紹介

氏 名 専門分野 主な専門領域
生地   新
教授
発達精神医学 精神分析学、発達精神医学(児童青年精神医学)、社会精神医学
岩滿 優美
教授
医療心理学 医療心理学、健康心理学、サイコオンコロジー
田ヶ谷浩邦
教授
臨床脳神経心理学/睡眠医科学 精神医学、睡眠医学、疫学
田中 克俊
教授
産業精神保健学 産業精神保健学、精神医学、産業医学
深瀬 裕子
講師
臨床脳神経心理学/睡眠医科学 臨床心理学、発達心理学、高齢期心理質的研究法
市倉加奈子
講師
臨床脳神経心理学/睡眠医科学 臨床心理学、医療心理学、緩和医療学
  • 北里大学附属臨床心理相談センター

    本学は附属施設として北里大学附属臨床心理相談センターを設置しています。
    センターは「臨床心理実習」を行う実習施設を兼ねています。


  • 入試情報
    入学試験日程 : 臨床心理学コースの入学試験は、推薦・一般 I期・一般 II 期※の計3回実施予定です。
    日程は医療系研究科医科学専攻修士課程の入学試験日程(推薦・一般 I 期・一般 II 期※)と同一です。
    募  集  人  員 : 推薦・一般 I 期・一般 II 期※とも若干名
    (事前に希望する指導教授の面接が必要です)

臨床心理士・公認心理師の概要

   「臨床心理士」「公認心理師」とは、心理学や臨床心理学にもとづく専門的知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”です。日本には心の問題に取り組む職種として、心理カウンセラー、サイコセラピスト、心理相談員などの名称で呼ばれる人々がいますが、それぞれに明確な資格があるわけではありません。それに対して「臨床心理士」は、文部科学省の認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格し、認定を受けることで取得できる“心理専門職の証”となる資格です。一方、「公認心理師」は2015年に公認心理師法が成立し、2017年に施行され、2018年9月には第1回目の公認心理師国家試験が行われる、心理職で初めての国家資格です。

臨床心理士・公認心理師になるためには?

  臨床心理士になるには、財団法人日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格することが必須要件となります。本コースは臨床心理士第1種指定大学院なので、修了と同時に臨床心理士資格試験の受験資格を取得できます。

  公認心理師になるには、学部において「省令で定める科目」を履修し卒業した後、大学院に進学して「省令で定める科目」を履修する、あるいは省令で定める期間の実務経験を経る必要があります。本コースは公認心理師カリキュラムに2018年4月から対応していますので、学部にて必要な科目を履修し卒業した後、本コースを修了することで公認心理師国家試験の受験資格を取得できます。

修了要件と開設科目

本コースでは、53単位以上の修得が要件となっています。(2018年度入学者以降)

1) 専門科目(主科目及び副科目(主科目以外の授業科目)
ただし、次の必修科目11科目20単位、選択必修科目各群からそれぞれ2単位以上、計10単位以上、合計32単位以上を履修するものとする。
1. 必須科目 11科目20単位
臨床心理学 I
臨床心理学 II
臨床心理面接法 I(心理支援に関する理論と実践)
臨床心理面接法 II
臨床心理査定演習 I(心理的アセスメントに関する理論と実践)
臨床心理査定演習 II
臨床心理基礎実習 I
臨床心理基礎実習 II
産業精神保健学(産業・労働分野に関する理論と支援の展開)
教育分野に関する理論と支援の展開
心の健康教育に関する理論と実践
2. 選択必修科目A群 1科目2単位以上
心理学研究法,心理評価・解析学※1,心理統計学
3. 選択必修科目B群 1科目2単位以上
人格心理学,発達精神医学※2
4. 選択必修科目C群 1科目2単位以上
家族心理学(家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)
犯罪・矯正心理学(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)
5. 選択必修科目D群 1科目2単位以上
臨床精神医学(保健医療分野に関する理論と支援の展開)
医療心理学※2
障害者心理学(福祉分野に関する理論と支援の展開)
6. 選択必修科目E群 1科目2単位以上
投映法(ロールシャッハテスト中心)
心理療法 I (精神分析的心理療法)
心理療法 II (認知行動療法・集団療法など)
2) 共通教育科目(その他の分野)
1. 医学研究倫理学 1科目2単位(必修科目)
2. 特別講義 2単位(自由選択科目)
3) 演習 2科目11単位以上
臨床心理実習 I(心理実践実習) 10単位
臨床心理実習 II 1単位
4) 特別研究 10単位
5) 自由取得科目(修了要件単位に含まれません)
1. 臨床医科学分野
  内科系医科学汎論
  外科系医科学汎論
各4単位
2. 共通教育科目(その他の分野)医療人間科学分野から
  医療倫理学
  医事法学
  医療福祉学
  国際保健学
  医療カウンセリング学
各2単位

※1:専攻分野が(その他の分野)医療人間科学の授業科目
※2:専攻分野が医療人間科学の授業科目




公認心理師受験資格に係る科目の読替について
(対象:2019年3月までの臨床心理学コース修了者)

公認心理師の受験資格の特例措置(いわゆるDルート)に基づき、以下の対象者の方が本学大学院在学中に取得した科目の読み替え対応一覧ができましたのでお知らせいたします。


1.公認心理師科目との読み替えについて

  本学発行の成績証明書等に基づき、単位を取得した科目が公認心理師科目との読み替え基準を満たしているかどうかについては、各自、「公認心理師受験に必要な科目のための読み替え表」で確認してください。

  ※読み替えの確認作業については、「公認心理師受験に必要な科目のための読み替え表」と成績証明書等で、ご自身の責任において行ってください。本学が確認して個別に通知することは行っておりません。「公認心理師受験に必要な科目のための読み替え表」は、指導教授からメールでお送りしています。確認ができない方は、医療系研究科事務室までメールでお問い合わせ願います。


2.成績証明書の請求方法について

  申請の際は、記入済みの「公認心理師受験に必要な科目のための読み替え表」を提出してください。その他必要書類は、本学ホームページ「 証明書の申込方法について 」をご参照の上、ご請求ください。
「修了証明書・科目履修証明書」は、その他の証明書になります。


3.「修了証明書・科目履修証明書」の請求について

  読み替え基準を満たしている方に対しては、特例措置による読み替えを含む「修了証明書・科目履修証明書」を発行します。
  2018年の公認心理師試験受験申込の際に発行しますので、記入済みの「公認心理師受験に必要な科目のための読み替え表」を提出の上、上記のホームページ「証明書の申込方法について」をご確認ください。
  ※和文証明書の、その他の証明書になります。(1通 200円)